FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
なんか、話が急激に大きくなっているような気がする。それって、あれかな、つまり、同人作家はコネが勝負だと、そう言いたい訳かな。実力とか経験とかそういう問題じゃなくて、営業や編集を如何に捕まえるかが勝負。なんなら女の武器もOKって奴なのかな?

う?ん、面白いからいいやってことなんでしょうけど、あまりの展開に唖然としたというのもあるにはあります。
スポンサーサイト



終わり? これで終わりなの? それはつまり、何? 第2期やりますからよろしくって言いたいってことですか? これだけキャラ一杯出して、話を広げておいて、終了ってアリですか? まるでやる気なかったって事ですか?

まぁ半分くらい見た段階で、そんな予感はありましたけどね。
ここへ来て、また収束したキャラを使ってもう一騒動作っています。この辺りはなかなか周到な感じ。実際、これで打ち上げだけというのは、ちと厳しいのでは? と思っていたので、バランス的には悪くない。当然、これまでの内容を踏まえていないと、ここまでが無駄話になってしまうのだけど、その辺りも綺麗に使っているという気がします。構成としては、なかなか秀作。

最終的におソラさんを月に帰せるのか未だに微妙なところではありますが、話を良く広げて、そして良く収束させたなと感心します。それほど目を引くものがないので、地味目ですけど、どうしてどうして頑張ってくれています。
L・Aってこれでいいのか。ちょっと物足りない。きっちり使い捨てにされてしまったように思えます。さんざん引っ張った割には呆気なさ過ぎるような気がします。話も全体的に淡泊な感じで、リリオの変化という表現はあったものの、それ以外は全体的にローテンションな感じ。ローゼンバーグの話も、思っていた以上にありきたりな感じ。あれじゃ、引っ張っていたというより、描くことが無かったと判断するしかない。確かに変では無かったですけどね。

もう、ここへ来て何をするでもないってことなのかもしれないけど、全体的に薄さが目立ちます。やっぱり中だるみしてしまった分の情報が丸々足りないというのが正直なところ。2クールやってあれだけの情報量では、凝った話を構成することはほぼ絶望的でしょう。

勿論凝っているから良いという訳では無いですが、シンプルな構成にするならするで、それだけ惹き付ける何かが必要。その部分の表現も十分とは言えないというのが結論になってしまいそうです。

真下監督が毎回醸し出す雰囲気や、世界観自体は嫌いではないんで、ついつい期待して見てしまうのですが、結局最期まで期待に応えてくれた作品は今のところ無し。今回もまた
安倍首相 突然の辞意表明

結局、害毒だけ垂れ流して、何も成さずに辞めていく訳か。

まぁその程度の奴だと、最初から判ってはいたけどね。最後の最後までアホなことやって終わるという、希に見るお粗末な総理大臣でした。

こういう人が、正しい民主的手続きによって首相になれるという時点で、終わってるなという気がします。
朝青龍問題で「協会批判」元NHK杉山氏の取材証を没収

個人的に相撲という競技は生理的に受け付けないものがあるので、見ることはまず無いし、どうなっても知ったことでもないのだが、これを見る限り、どうやら中身まで腐っていたらしい。横綱の問題の真偽の程は良く判らないので、それについて言うつもりはないが、協会とやらの言い分は、そんなこと問題にならない位酷い。自分達を批判した人間からの取材はお断りとは、恐れ入る。

人には品格だなんだと求めておいて、自分達のやっていることがこれなんだから話にならない。こういう連中が権威を振り回してでかい面をしているというのは本当に気分が悪い。スポーツの協会だのというのは、多かれ少なかれこういう面をもっていて、体育会系の連中がこぞって集まっている。当然ロクなことを考えていないということが、しばしば表面化するのだけど、ここまで露骨な対応をしてくるのは相当なものです。

しかも、さらに情けないのは、そういう扱いを受けた記者のコメント「相撲協会を批判したことは一度もない」ってそういう問題じゃないだろうよ。
「家庭だんらん法」に言い換え指示=「残業代ゼロ法」で舛添厚労相

名称の問題などでは勿論無い。そういう些末なことを指示している暇があるなら、もう少し本質的な部分を考えてもらえないだろうか。エグゼンプションに関しては、基本的には正しいと僕は思っている。けれど、それを実施する為の土台ができあがっていないという状態に思える。状況は、国民背番号制に似ている。基本的にはOKでも実施面に問題ありという奴だ。

具体的に何が問題かと言えば、ほぼ全ての企業が業務の評価を正しく行える状態になっていないと言うことに尽きる。少なくとも僕の知る限り正しい評価をしている企業は見たことがない。

つまり、時間が減るということはそのまんま収入減に繋がり、仕事量が減る訳ではないので、サービス残業になったり、あるいは業務時間内の負荷が上がったりと言うことになりかねない。まさに踏んだり蹴ったり。さぼっていた連中には、その位でちょうど良いということになるかもしれないけれど、これまで真面目にやってきた人からすれば、過負荷な状態になる可能性が高い。そんな状態でだんらんもくそもあったもんじゃない。

エグゼンプションを実行したければ、まずは業務査定の方法を一新しなければならない。人の仕事を時間や数字だけで判断しているようでは、これは害になる可能性が高い。つまり、問題は働く側ではなく、雇う側にある訳なんだが、どうもそういう部分は判ってもらえていないようだ。