FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
25話はネタバレ話。ドキュメンタリー番組風。これを見れば一応の設定は語られています。納得できるかどうかは別問題ですが。しかしまぁ、桃華月憚に納得を求めてもあまり意味がある事とも思えません。これもまた幻想絵巻って見方をするしかないのでしょう。それ以上を考え出すと頭が痛くなりそうなのでやめにしておきます。

ちょっとエロティックな不条理物語アニメという位置付けが一番適切かと。とりあえず西田の絵が動いて、なんとなく面白いネタをやってくれて、一応アクションなんかもちょっと織り交ぜつつ、微妙に辻褄も合っているような気がするって辺りで抑えておきましょう。

最終話は桃香と桃花の誕生話。やっぱり桃花ちゃんは最終話が最鬱。まぁそれはそうだろな。でもマコちゃんが一発で落ちたシーンと、ラストの桃香との出逢いのシーンは、ちょっと、いやかなり綺麗でした。これまで、どうも桃花って苦手だったんですが、あのシーンは綺麗。で、それを踏まえて桃花ちゃんを回想してみるとちょっといじらしく感じるし、基本的に悲劇のヒロインって役回りなんですよね。で、それがラストつまり第一回で…という流れは確かにちょっと美しいかも。

桃香ちゃんの正体は何者か? ってのも一つ大きなファクターだったんですが、あぁいうオチとは気が付きませんでした。どこかに伏線ありましたっけ?

まぁともかく、そういう話なので、見て楽しいと思えるかという部分に全てかかっているという感じがします。お勧めできるとは言いませんが、ともかく綺麗な絵と不思議な雰囲気を味わえるという意味ではなかなかの逸品です。基本路線はやはりヤミ帽と同じなんですけど、一貫性を維持した分作品の雰囲気は練り込まれているという感じがしますね。
スポンサーサイト



酔った女性の下着脱がせ携帯で撮影

少なくとも見知らぬ男の前で泥酔して寝た時点で、何されても文句言うなって言いたい。
つか、公共の場で泥酔すること自体が犯罪的なんだから、犯罪者同士が何をしたところで意に介す必要性を感じない。別に一般人に迷惑をかけている訳でもないしね。

どうせなら、ライブでフルヌードをネットに流すとかしてやれば良かったのに。


飲酒は犯罪です。麻薬と同じです。
ダメ。ゼッタイ。
酒やめますか?それとも人間やめますか?
求人の年齢制限を禁止…改正雇用対策法、10月1日に施行

良く判らんのだけど、無くしましょう、ハイ、無くしましたって出来るようなものじゃないように思えるんですけどね。求人票からはなくなるかも知れないけど、結局は内部的に駄目出しされて不採用ってことになるだけなんじゃない? 採用可能性が最初から無いような面接を受けさせられたりして、かえって状況が悪化するような気がするのは気のせいか?

結局罰則も無いし、高齢者採用枠を確保しなさいとして、チェックもして、罰則ももうけて位やらなければ結局意味がないんじゃないかね。まぁそこまでやる必要があるかどうかは別の問題としてあるわけだけど。

なんか、こういうとりあえずやりました的、場当たり的対応ってのが多くて、それで仕事してますって顔されるのが非常に気分悪いです。まぁできるとこからコツコツとって発想なのかもしれないけど… 奴らに信用ってものが全くないからこういう反応になってしまうんだよな。
おので切りつけ相次ぐ 凶行はアニメの影響?

さて、ここで問題です。これらの事件、悪いのは斧で切りつけたこと? それとも人を殺したこと?

マンガやアニメやゲームの影響が現実の事件に影響を与えていると言われて久しいです。今回もまたその手の話な訳ですが、影響があるのか無いのかと問われた時に、無いと証明するのは不可能ですし、それは嘘でしょう。人間ですから、生活のあらゆる面から影響というものは受けています。特に自分が好きな事柄からなら、当然大きな影響を受けていると考えるのが自然です。

そうだとして、そういうアニメやゲームがあったから、斧で切りつけたんじゃないか? と問われれば、そうかもしれないね。ということになる。

けれど、そういうアニメやゲームがあったから、人を殺したんじゃないか? と問われれば、それがどうした。と言うことになる訳です。

もし、彼らがアニメやゲームを全くしない人間であったとしても、恐らく映画から、ドラマから、小説から、マスコミから、ネットから、彼らが日頃アクセスしている非アニメ、非ゲームの影響を受けて同じ行為に走るでしょう。それは斧で切りつけるという手段ではなかったかも知れませんが、そんなことは大した問題ではありません。

問題は、些細と思われる理由で人を殺そうとまで考えが発展するということ、思った時にそれを実行するとどうなるのかを想定することが出来ないこと、にあるのであって、トリガーがどこにあるかはあまり問題じゃない。

今回の事件でどこに最大の問題があるのか、詳細を知らないので言及はしないけれど、論理的に考えれば情報にあるとは考えられない。もし、彼らが虚構と現実を混同しているのであれば、混同してしまう精神構造に問題があるのであって、それに対処するにあたって、虚構を覆い隠すという手法はあまり賢いとは言えない。というか、そういうキ印を標準と見立てて規制をされたのでは、それ以外のノーマルの人達が大変迷惑します。

「インターネットのような素早い反応ばかりを求めて心の余裕がなくなっている」のは、インターネットがそこにあるのが原因な訳では決してないということを理解する必要があるでしょう。

こういう何らかの作品に類似した事件が起こる度に、騒ぎ立てるってのは、完全な責任転嫁であるし、面倒な問題の本質から目をそらして自分を納得させようとする下劣な行為だでしかありません。大マスコミと呼ばれる連中がこういう記事を平気で書いている内は、こういう猟奇的犯罪が減ることは決してないでしょう。

それにね、悪い影響っていうなら、僕にはむしろグレンラガンみたいに、何も考えないで勢いだけで行動するのが正義なんだ!と声高々にしかも繰り返し喧伝する番組の方がよっぽど害悪度は高いと思うんだよね。中身を理解せずに形式だけ真似るような奴は、媒体が何であっても同じだし、その時点でオツムが異常なので、どうにもならない。だけど、中身が毒性の高いものは、本気で人を洗脳する可能性がある。しかも、それを日曜の朝っぱらから放送している訳だ。もし、問題番組というものが存在するのだとしたら、これ以上の問題番組は他にないと僕には思えるけどね。あれこそ18禁にすべきって気がするよ。
加害妄想と証拠過多。考えてみると毎回なかなかエグイネタなんですよね。原作では、ちょっと軽い感じが出過ぎていてあまり深刻感が無いんですが、アニメは重さが出てます。その辺りも面白さの要因の一つなんですが、毎回毎回凝った表現手段も当然楽しみです。何しろ、いきなり富士山は笑いました。

確かにこれを2クールやるってのは結構シンドイものがあるかもしれないなという気はします。1クールで思いっきりやりたいことをやりまくるというのが一番向いているんじゃないでしょうか。十分楽しめる範疇に収まっています。いや、かなり楽しみました。

インパクトがあるので、無くなってしまうと結構寂しいですが、新房監督の次回作に是非期待したいです。もう少しカラーを変えつつ、あるいは少し間を開けて第2期というのも悪くないかもしれない。かなりダークなので、企画が通るかどうか心配ですが(笑)