FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
折り返したらすぐに厳しい状態に入るのかなと思ったら、それほどペースを変えずに進行しています。勿論ワームは出てきているんで、実践という意味では厳しいんですが、雰囲気的には艦長や副長じゃないですが、どうも真剣味が足りないという感じがします。ま、それが味なんですが。

逆に言えば、それが通用しなくなった時というのが、一番の見所という奴で、それがどのタイミングで来るのかというのが今のところ一番の見所か。そろそろテコ入れが入らないとズルズル感が出てきているので厳しいんじゃないかと。

まぁ次回はロリっ娘回みたいなんで、それはそれでって感じなのかもしれないけどね。
スポンサーサイト



関東大会で締めて、熱血な感じで終わるのかなと思ったら、しかかりフォローがあって、ウミショーらしく終わりました。これはこれで良しかな。元々ポジションが微妙なところを維持している作品だっただけに、綺麗にアニメに纏めたという感じがします。可もなく不可もなくらしくという感じです。

エンディングでその後のダイジェストも出てましたけど、その後もちょっと盛り上がりがあるにはあるんですけど、その先もまだ纏まりきっていないという感じだし、この辺りで締めるというのは無難なタイミングということなんでしょう。

最期までカラーを維持しつつ、作品を描ききったという意味では、難しい作品だっただけに評価してあげないとかなという気がします。それなりに面白さも維持していたし、女の子達の可愛さも描けていたと思います。佳作って感じですね。
まだネタ切れって程原作のネタも使ってないんですが、オリジナルが続きます。しかも、なんとオリジナルキャラまで登場です。ここまで弄ってくるとはなぁ。理事長ってのは、確かに怪しげであるという雰囲気は原作にもあったのですが、思い切って出してきました。

で、何をするのかと思えば執事バトル。う?ん、なるほど。まぁ一回くらいこういう話があってもいいのかもしれない。ヒナギクも参戦しているし、1回戦からどんどんメインのキャラを出してきているところを見ると、それほど大それたトーナメントという訳でも無さそうではあります。

その分テンポが良くなって、バトルということで動きもあるしアニメとして良い感じに仕上がっています。ハヤテって結構アニメにしづらい部分があるのかもしれないという気がします。なんで、オリジナルでアニメ向きなエピソードを突っ込むというのは悪くないかもしれません。

ま、ドタバタコメディとしてはそこそこな出来だと思います。
神様仏様ポンテ様。これまで何度こう思ったでしょうか。そして今日もまたポンテの一発で引き分けを免れました。試合自体は一進一退という感じで、幾つか決定的なチャンスを作ったものの決めきれずズルズル行きそうなところを踏みとどまりました。

今日の勝ち点3は大きい。終盤ですから、勝ち点を取りこぼすのは、優勝を目標とするチームにとって致命的になりかねません。そういう意味で、結果を出せたというのは大きい。

達也、小野という攻撃の2枚を欠いて、相馬もベンチに入れないという状態で、打開策が取れないという厳しい状態。岡野は頑張っていたと思いますが、そんな中から一発を決められたというのは評価したいけれど、ここのところ連続して綱渡りであるというのもまた事実。

ともかくサイドがほとんど活きていないというのは、ここ数試合ずーっと言えること。山田も平川も動きとしては褒められたものではないです。中位から下位のチームを相手にする時はせめてもう少し楽に勝ってくれないものだろうか。相手だって必死に来ているのだからというのは判ります。けれど、こう毎回毎回薄氷を踏むような状態だと、いつまで経っても疲労困憊を脱出出来ないでしょう。
アイザックとミリアがメインの回はやっぱり愉快です。ここまで徹底したキャラってなかなか居なかったように思えます。しかも、周りは至極真っ当な訳で、そのギャップがなんとも言えず魅力です。

それだからなのか、転換点にはなっているものの、話は進んでいません。サブタイの通りに周囲の意志決定に対して何かしらの方向性を与えてくれるそんな役割なのかもしれません。前回がかなり重たい回だっただけに、バランスという意味でも彼等は良く機能していると思えます。

ということで、恐らく次回から少し話が進んでくるんじゃないかなという気がします。随分と長い期間にわたった事件という事になっていますが、これが一体どういう結末に落ち着くのか、楽しみではあります。ちょっとキャラが多すぎて処理に困っているんじゃないかなという感じもありますが、その辺も含めて上手く纏めて欲しいです。

結局やってることってのはキスダムと同じようなもの。ただ、まじめくさって格好付けて2クールもやらなかっただけこちらの方が遙かに好感が持てます。才人とルイズの関係というのは、既に前作で構築が完了している訳で、それを使って、周辺の説明をメインに、ルイズの変化というのを若干追っかけるという構成。ゼロ魔としては、もう少し遊びの要素が欲しかったというのは正直なところだけど、まぁまぁってところかな。

ラストに関しては、かなりインチキ臭いという気がしますが、それもゼロ魔なら許されるって感じがします。当然同じ事をシリアスでやったら、腐れな訳で、キスダムもクレイモアのそれで失敗してる。

で、なんだかんだ言いつつも二人の関係は基本的には変わらず、だけどちょっとだけ進展したという無難な落し処。このシリーズが許されるなら、第三期も十分やれるだけの余力を残したという感じがします。今度もしやるならもう少しエロとギャグを中心に修正して欲しいですけどね。