FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
恋愛ものですかね。とりあえず、性格異常者や、行動原理不明なキャラが居ないというだけでもホッとします。半ハーレム状態ではあるんですが、全員幼馴染みという条件が付いているので、比較的素直に受け入れやすい設定になっています。それでも、誕生日に集まるのがあの面子ってのはちょっと微妙という気もしますが。

一人で戻ってきた都合というのが、ミソっぽくて、一応単純な話ではないよという臭いはさせています。逆に言うとそれ以外は、至極真っ当なんで、話の展開が見えないという状態です。まぁ、エピソードなんてどうとでも作れるんでしょうから、その点は心配することもないでしょう。

話がどの辺りから動いてくるかが気になるんですが、設定的に素直なので、それほど初期設定に時間をかけずに動きがあるかもしれません。早いタイミングで展開してくれば、テンポが上がって盛り上がれるんじゃないでしょうか。あとは、この手の話には欠かせない女の子達の魅力をどの程度出していけるかでしょうね。
スポンサーサイト



明日から放送のハズなのですが…

ひで?、こじかは今期一番の期待作だったのに orz
がっかりだよテレ玉。つか、作品の趣旨を全く理解しないで、表面だけで判断しているってのが見え見え。まぁ視聴者もそういう連中が多いってことなんだろうけど…
いや例えそうでも、散々アニメで枠埋めてるんだから、仁義位はしっかり守れよ。
たかが地方放送局じゃねぇか、お前らそんなに偉いのかよって言いたくなりますね。

住んでいると感じますけど、埼玉県人って文化レベル低いんですよね。いやマジで。

どこでフォローしようかなぁ… 困った。最悪レンタルとかかなぁ。
こちらも魔法使いバトル。いや、バトルというよりもミッションクリア型って感じか。形式的にはシンプルな形に思えます。恐らくはこの形式を守りつつプラスαを咬ませてって感じに何るんじゃないかという気がします。こういう方が判りやすくて良いかもしれません。関西弁のヒロインがちょっと魅力的に薄いかなぁという気がしますが、竹ロール美佳子はなかなかよさそう。見習いのおねーちゃんも悪くない。

当面の間は、依頼を片付けるという方向なんでしょうけど、その間にキャラやその関係をどの位駆かがポイントになるように思います。ある程度のところでペースを上げないと填ってしまうと思うのでその辺りには気をつけて欲しいなと思います。

キャラが魅力的になってくれば、楽しくなってくると思うので、期待したいです。
これからする私のお願いにはいかイエスでお返事してください。

使える、このネタは使える。当分の間は遊べそうだ。涼しい顔して悲惨な仕事に強制的に送るってのはなかなか笑える。で、エリスって名前の女の子はやっぱり魔女の血筋ってことなんでしょうかね。1話を見た限りでは、基本的にはバトルもの。テンポは悪くないし、ギャグ的な要素も入っているので見ていて楽しいです。

話自体は、どこかで聞いたような見たような話をチャンポンにしているように感じます。まぁもう少し見ていけば、オリジナルな要素も出てくるのかもしれませんが。

ま、ともかく楽しめるというのは重要なことです。ちょっと期待できるかもしれません。
PCを新調しました。結構久しぶりです。メーカー製なりショップ製なりの購入も一応は検討したのですが、結局は自作ってことになりました。簡単に構成などご紹介しましょう。

M/B: GIGABYTE GA-P35-DS3R rev2.0
CPU: Intel Core 2 Duo E6750
MEM: CFD W2U800CQ-1GLZJ
HDD: Seagate ST3500630AS × 2(Raid0)
Video: Leadtek WinFast PX8600 GT TDH 256MB Lost Planet Edition
DVD: I・O DATA DVR-SN18GLV
Case: Antec P180 Ver.1.1
Power: ENERMAX LIBERTY ELT620AWT
OS: Microsoft Windows Vista Ultimate x64

一番先に決まったのは、実はケース(笑) 次に組む時はP180にしようと何年か前から考えていて、数年を経てもなお魅力を失わないというこのケースは本当に凄いです。でも、オウルテックのOWL-603AT系のケースなんか更に長寿ですから、ケースというのはある程度完成型なのかもしれません。そんな中でもP180は発売当時も現在も斬新と思える仕組みを色々と採用してくれているというのが光ります。実際組んでみると、かなり細かいところまで良くできているケースで、特にサイドパネルの加工精度はなかなかのものです。これほど開けやすく閉めやすいサイドパネルというのは珍しいんじゃないかなと言う気がします。

ケースは決まったのですが迷ったのは電源です。本当は同じENERMAXのINFINITIにしようかと思ったんですが、さすがにちょっと過剰に過ぎるかなと思って、けれど変に妥協すると後悔しそうでって感じで揺れて、INFINITIのおかげで安くなったLIBERTYにすることにしました。

Videoも随分悩んで、現時点だとAMDもnVidiaもラインナップが微妙で、年末から来年にかけて新しい製品も出るらしいということで、そこまで待とうかとも考えたんですが、結局Videoをまともに使うのはゲームで、当面やりたいゲームも無いということで、安めのカードにしておいて、やりたいゲームが出た段階で、買い直そうという割り切りました。そう考えれば、nVidiaで行くなら7000シリーズにすると言う手もあったのですが、一応X10サポートは入れておこうということで、8600。ただしGTSにはしないでGTってことにしました。ロスプラは特にやりたいという訳でも無かったんですけど、差額が500円程度だったんで、それなら一応買っておくかって感じ。

マザーは当初インテルにするつもりで、注文する直前まで行ったのですが、マニュアルを見てみたら、オーディオのデジタルアウトが光しか無いという事に気付きました。家はPCからの出力は同軸で受けていて、受け側に光の口が空いていない状態なので、どうしようかと悩んでいると、GIGABYTEの評判がやたら良いということに気付きました。ネットワークが蟹というのが気に入らなかったんですが、8111に関してはこちらも意外に悪くないという記述が幾つか見つかったので、試してみるかということにしました。一応今のところマザーとしては問題ありません。蟹もまぁそこそこ。ただ、ジャンボフレームが7kまでしか無いってのには、ちょっとがっかり。

DVDは当初パイオニアにするつもりだったんですが、全体的に予算オーバー気味だったんで、少し安めにするというのと、付属ソフトがPowerDVDじゃなくて、WinDVDの方がいいだろうということでI・Oに変更。なんでWinDVDの方がいいかというと、VideoにPowerDVDが付いているからダブってしまうと思っていたんですが、PowerDVDが付属になるのはGTSからでした。ちょっと失敗。しかも白ベゼルを注文してから、P180は中が黒いと気がついて、2度失敗。まぁ致命的ではないですけど。

メモリは一応バルクの1.5倍位を出してパッケージ品にしました。どの程度違うかは微妙なんですけど、以前メモリのトラブルで散々悩まされたんで。ところが、手持ちのマシンに付けようと思って事前にバルクメモリを購入していたんですが、古いマシンだったんで、DDR2じゃなくてDDRだったというトンマな事をして、それで余っていたメモリも乗せてます。よって、容量は4G。けれど、信頼性は結局バルクと同じというこれまた微妙なことをしてます。

マシンを置き換えるのではなくて、追加と言う形にしたので、OSも新規。今から買うならVistaだろうということで、Vistaにしました。エディションはHome Premiumでも用は足りたのですけど、折角なんでUltimateにしました。32bitと64bitは散々迷ったのですけど、どうせやるなら思い切ったことをしてみようということでx64にしました。

組んでみると、まず気をつけないとなのは、このケースと電源とマザーの組み合わせだと、4Pinの電源ケーブルの長さが足りないということ。これはどうやっても足りません。延長ケーブルが必須。RAIDはICH9RのRAIDにしたんですが、これのHDD認識が意外にかかる。GIGAのRAIDは試していないのですが、ひょっとしたら、そちらの方が起動は速いかも知れません。僕はずっとビデオはATI派でnVidiaを使うのはGeForceになってから初めてです。細かいところはまだ判りませんが、とりあえずユーティリティの出来はATIの方が上だなという気がします。特にマルチ周りの設定は判りにくい。ちなみにLeadtekのWinFoxなるユーティリティはVistax64ではインストールも出来ないのでがっかり。

Vistaは過剰な演出が個人的には好きです(笑) これが嫌いという人もいるんだろうな。でも僕は好き。使い勝手の部分は微妙に異なるという感じで、どうしても困ると言う程でもない。でもXPと2000の時もそうだったように、しばらくするとVistaじゃないとと思うようになるんでしょう。話題のファイル検索の速度が確かに速いというのは感動しました。x64にしたせいもあって、一部動かない常用ツールがありました。一番困っているのはファイラーで、これに関しては使い勝手が変わると結構困るので、何か代わりが無いかと探しています。それ以外では大きなものは無くて、大抵のものは動いてしまっています。思っていた以上にトラブルは無いなという印象。

まだ完全にセットアップも完了した訳では無いので、これから何らか出てくるかもしれないんですが、今のところ順調です。綺麗に環境が整うまでどの位かかるのか。今のところはOSも変わってさわっていても楽しめるという感じになっています。
減らせぬ首長退職金 事務組合一律算定 公約実現できず

首長の退職金を少なくしたというなら、当面は自己返却すればよろしい。まぁ、現役の首長が責任を被るというのは、完全に正しいとは思わないけれど、そういう財政状態の自治体の首長に自ら希望してなった以上、退職金が減るというのは仕方がないことかも知れない。

で、問題はそういう意志が無い連中をどうするかだし、それ以上に事務組合なる意味も目的も不明な訳の分からない組織に税金が流れているという事実があることでしょう。こんな組織即刻強制解散させるのが望ましい。ましてや、こいつらの言うなりに退職金が規定されているなんてとんでもない話だ。大体算定式で算出しているだけなら、今時中古のパソコンでだって出来る程度の作業だ。そんな馬鹿な業務に給与を支払っているという時点で話にならない。しかも融通が効かないなんて、全く存在意義を認めることが出来ない。

役所も人員整理をしているんだと言う話も最近はちらほら耳にしますが、まだまだ大甘で削れる部分はたっぷり残っているということが、この件だけ見ても明らかになったという感じですね。
プロ二輪レーサー阿部典史さん事故死 川崎で4トン車と衝突

なんと! これはびっくりです。

トラックがUターンしたため、後方を走っていた阿部さんの大型スクーターがトラック右側面の前方部に衝突したとみられる。同署で詳しい原因を調べているが、事故現場は片側二車線の直線道路でUターンは禁止だった。


トラックの傍若無人ぶりというのは、本当に目に余ります。自分達はガタイが大きく乗用車のようにはいかないんだということを判っていないんじゃないかというようなことを平気でやる奴をしばしば見かけます。

ぶっちゃけ、簡単に大型免許を渡しすぎでしょう。普通免許も簡単すぎると思っていますが、大型は、普通とは比較にならない位危険な凶器を運用する訳ですから、徹底的に厳しくし、更新や講習などを定期的に行わせて、危ない連中からは免許を取り上げるという運用が正しいでしょう。

様々な違反に対する罰則も甘すぎます。普通車の10倍以上の罰を与えるくらいは当然でしょう。過積載などの取り締まりも甘すぎます。無謀運転は爆破してでも止めるべきだと思います。

有名人が被害にあったのでニュースになりましたが、こういう大型の無謀運転が原因の事故は毎日起きていると思います。警察はくだらない取り締まりに精を出す前に、こういう連中を撲滅することにもっと尽力していただきたいものです。
親に関する最もありがちな2つの誤解

なるほど、言っていることは多分正しいのでしょう。もし、自分の妻や子供が陵辱され、惨殺され、死体は遺棄されて魚か鳥の餌になり、犯人は逮捕されたけれども未成年ということで実質的に無罪となり、更正施設に送られたものの10年かそこらで出てきて、その後は大手を振って大通りを歩いている。という状況を想像しても、何の疑いもなくそれを享受できるという条件付きならですが。

結局、ここで書かれていることの正しさというのは、家族関係にクローズしたものでしかなく、社会と子供との関係を無視しているように見えます。上記のような不条理なことが起きる最大の理由は、トンデモな少年法にあるのは明白で、結局子供の言動に対して誰も責任を負わないで良いという状態を作り出しています。だから、被害者になった人はやられ損、不幸だったねとか、残念だったねとか、大変だったねとかにしかならない。

これを改善するには、未成年自身にきっちりと責任を負ってもらうか、彼らの代わりに責任を負うものを設定するかしかない。現在の法律運用の方針からすれば、判断能力の無い未成年に責任を負わせるというのは非常に難しい。となると、後者と言う選択になる訳だが、じゃあ誰が適任なのか。

本来であれば社会が負うべきだと僕は考えています。それは、気持ち的にそうしましょうとかそんな曖昧なレベルでは駄目で、システムとしてきっちりと担保させる必要があります。そうしなければ、結局行く付くところは最終的に親ということになってしまうでしょう。親に責任を押しつけるのは厳しい。だから、社会全体のそのリスクを負うべきだと言う考え方。当然ですが、責任を回避した分親が得ていた権利は失うのは当然のこと。それはつまり、家族制度を破壊するということであり、それによって親は完全に子供に対する責任から解放されるということになります。

けれど、エントリーの主張はそういう訳では無いように思えます。家族制度の存在というのは、前提されているように思える。となれば、もったいなかろうがなんだろうが親権者に子供の言動の責任を負ってもらうのは当然だろうと考えます。子供がどう思っていようがそんなことは全く関係ありません。親が負っている責任というのは、対子供だけのものでは無いからで、むしろ対子供に対する責任などというのは書かれている通り大したことではありません。

親が責任というのを対子供という風に勘違いしているという主張はその通りだと思います。主旨としてはそういう内容だと思うんですが、エントリーが元ネタに対してしていることも、全く同じ捻れを持っているんじゃないかなと思って、あえて突っ込んでみることにしました。
第一話としては、非常に情報量が多くてなかなかの出来。女子高生の学園ものと、メカメカしい物体や宇宙船とが全く繋がってこないんですが、そこの部分がまた興味深いです。とりあえず、伏線的なものは一杯張られていて、どうやって進めていくのかが今から楽しみという感じです。

少なくともこれまで見た中では新番組で一番期待できそうな感じ。元々ストーリーものが今期は少ないように感じていたので、それでなくても貴重な存在になりそうです。まだ話の方は全く見ていない初期設定の途中という状態です。これから徐々にどういう方向に進むのかが見てくるのだろうと思います。

とりあえずは期待できそうかなという感じです。
ロリっ娘大暴走話。4人になって、周りのキャラの話とかも振っているってのもあるんですが、主役のはずの桜野が目立たなくなってしまいました。目立たないというか、ほとんど存在しているだけって感じ。当然、園宮の同様。

そりゃねぇだろってならないギリギリのところのシンプルさで行っています。成功すればそのシンプルさが爽快さやテンポの良さに繋がります。いや微妙奈ところという感じです。ただ、それだけにキャラも単純になってしまい、話のメインのキャラ以外が完全に背景になってしまうという現象になっています。

シンプルさとトレードオフにどうしてもなってしまうのですけど、もう少しバランスが取れれば良いかなと思います。
やっぱりあの外人コンビは変。でも、その微妙なズレっぷりはかなり好みだったりします。今回もまたソノソノは可愛い限りなんですが、千波美ちゃんと光太郎の関係、これについては恐らく相当時間をかけて描いてきたということなんだと思うんですが、それでもやっぱり唐突という感じがしないでもない。千波美ちゃんは、相当引っ込み思案だし、光太郎は完璧な朴念仁だしってことで、どうも感情表現がうまくいっていないような気がします。

この二人関係を物語的にどこまで引っ張るのかそれがよく判らないのですが、それ以外の要素も徐々に出てきているので、まだ方向性がよく判らないんですが、だんだんと材料は揃ってきている感じがして、その割には話の方が進んでいないという状況なんで、まだ何とも言えないです。今後徐々に展開が見えてくると思いますので、あと何話かが見所かもしれません。
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑