FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
何ともやる気のない作画だ。しかも話は逃げた蛇を追っかけるだけの話だし、なんで部屋に居た蛇がミニパトに居るのか、署に居た奴がガレージに居るのかさっぱり判らない。うーん、まぁエピソード的にはらしいと言えなくもないけど…あからさまにクオリティが低いなぁ。

こりゃあ今回もハズレかもしれないな。もう何本か見て駄目ならカットかな。
スポンサーサイト



とりあえず、バラバラだったキャラが少しずつ接点を持ち始めました。そこは素直に喜ばしい。ま、それがないと作品として成立しませんが。ともかく変な連中の集合体なんで、会話が成立しないというのでデフォルト。作為的に演劇に向く性質の連中が集まっている気がするけど、そこはそれ言わないことがお約束と言うことにしておきましょう。

いかにもとってつけたようなという感じがあからさまな気がしますが、もうこの際そういう細かい(?)部分は全部考えない事にして、純粋にどうなるのかを待つことにしましょう。それがこの手のアニメの唯一無二の楽しみ方何じゃないかという気がしてきました。
訳判んねぇって感じで展開しています。なんというか、凄く抽象的というか表層的というか、そういう感じのシーンがどんどん繋がっているという感じがします。まぁ一応の説明は入っているんですけど、これもまた表面的な感じが凄くします。キャラの数が多いですから、これで一回りさせるだけで、結構縄数が必要になるんじゃないかという気がします。その後話を展開させるだけの時間が取れるのか、単話の密度がこれだと正直きついんじゃないかという気がします。

まぁ現状のペースをいつまで維持するのかというのも判らないので、今の段階で判断するのは少し早いという気もするにはします。もう少し、話の方で興味を見いだせるような伏線が出てくると飽きずに見ていられるんですが。

ともかく、もう少し様子見って感じでしょうか。
単なる恋愛も乗って事にはならないんだろうけど、そういう要素がちょっと強めに出てきています。そういう面ではシャナというのはキャラとしてちと幼稚で、しかも、前回吉田さん相手に同じようなことをしてきているだから、ここでまた同じ事をやらなくても良いんじゃないかと言う気がします。

能登はヘカテーなんでしょうけど、今のところはそういう気配をまるで感じさせないし、それはそれで何らかの意味があるのかもしれないけれど、そこまでに行き塚までが相当怠くなりそうです。物語の主軸が見えてはいるんだけど、それを進展させる前段階を埋めるネタがないという感じがします。

前作も怠さという意味ではかなりの物で、話の展開が下手だと言う印象がありましたが、今回も全く同じような感じです。キャラの書き方が中途半端というか、設定上どうしても中途半端にならざるを得ないような部分もあるし、難しい問題なのかもしれない。話が展開しないから停滞する。話の底が浅いってのが決定的な欠点であるというのは、もうこの作品の特徴と言うしか無いのかもしれません。
ロリっ娘登場。けど、なんつーか、作られた子供って感じがして、リアルな感じがあまりしない。まぁ見た目は可愛いのでそれで良いと言えばいいのかもしれない。お子様セットネタは可愛かった。

そろそろ話の確信に近づくのかなと思ったら、まだまだ引っ張る臭いです。この辺りは微妙。今回はロリっ娘が話を引っかき回したからそれなりにメリハリがあったけど、これからどの程度ネタを用意できるのか一抹の不安があります。

幼馴染みグループの再会から始まるってパターンだと、もう少しドロドロするもんだと思ったんですが、今のところ健全な感じで進んでいます。最後までこのペースで行くって訳にもいかないだろうから、どこかで方向を転換していくんだろうと思うんですが、どのタイミングでどういう方向に振るのか、あんまり引っ張り過ぎちゃうと厳しくなって来ちゃうと思います。
可笑しい。展開の仕方が上手いです。何でもないような部分に上手く料理してます。なんか菌が可愛く見えてくるほど(笑) 殺伐とした感じになるのかなという雰囲気もあったんですが、そんな感じは微塵もありませんでした。まぁカラーに合わないわな。

トントンと良い感じで話が展開しているので、飽きずに見ていられます。合間合間にポイントになるシーンが置かれていてそれも効いてます。そつなくこなしてるなぁという感じ。話もいい加減に作られている訳じゃなくて、ちゃんと段取りを踏んで進んでるから、唐突な感じもしない。いや、これはなかなかなもんなんじゃないでしょうか。

これからどんな展開になるのか予想もつきませんけど、今のところは良い感じだと思います。
ご愁傷さま二ノ宮くんってより、ご愁傷さま二ノ宮くんがご愁傷さまって感じ。まぁ純粋なドタバタというのは良いんだけど、この手の作品であの作画はいただけない。しかも、ドタバタ度ももう一つという感じ。

真由の魅力が弱いよな。特殊体質はともかくとしても、あの天然ボケは行き過ぎというか、既に引くレベル。ドジっ娘じゃ片付かないでしょ既に。その分麗華ちゃんの不幸っぷりは可愛らしいといえばそうなんですけど、やっぱバランスが悪いよね。

そもそも話の方向がよく判らないってのが痛い。特訓と言いつつ何をしているのか意味不明だし。不条理ギャグと考えてしまうとちょっと弱いという中途半端さが悲しい。もう少し何かアクセントが必要だと思います。