FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
こういう話って言うのは、男にはよく判らないけど、興味津々って感じですね。ただ、確かに子供の頃ってのは、クラスで唯一何かをするというのは、結構勇気のいる事だったような気はします。ましてや大人しめの女の子となればという部分は良くできていたと思います。

メインは宇佐の話ですけど、結構色々な伏線が張られていて、次回以降に続くという感じになっていました。今回を見ていないと繋がらないって回も出てくるんじゃないかな。内容的にはほぼ原作通りで、やや肉付けをしたという程度。気持ち怠さも感じたものの、上手く収めたなって気がします。宝院ネタとかで繋いでいたけど、悪くない。

黒ちゃんの表現が難しいですね。コミックスではまだ黒ちゃんはネタ出しされていない訳で、そのままだと彼女だけ浮いてしまう。アニメでどこまで描けるのかが気になるところ。連載でどこまで進んでいるのかよく判りませんけど、黒ちゃんまで描き出すと話数が足りるのかもちょっと微妙な気がする。シリーズ構成の難しいところですが、上手いことまとめて欲しいです。

しかし、相変わらず過剰な修正が入ってます(笑) そこまでしなくてもレベルを今回も維持です。ま、それについては、もう仕方ないということなんですが、とりあえずDVD1巻は予約しました。スタッフには、是非頑張っていただきたいです。
スポンサーサイト



気がつくと最終回。そういえばこれって、1クールでした。

一応収束しましたね。気持ちの言い終わり方であったことは確かです。ただ、纏まっているかと言われると、投げっぱなしの部分もあるように感じるし、その扱いはないだろってキャラも居るには居る。

結局アイザックとミリアが、バラバラになった話を繋ぐ糸になっているので、もう少し彼らを明確に軸にしてやった方が良かったんじゃないかなという気がします。かなり後半まで話が見えないという状態が続いてしまったので、勿体ないという気がします。

不死者という道具を使っていて、これにどう収拾付けるのかと思っていたんですが、結局は気の持ちようという結論のようです。まぁ、確かにそうすればアリアリなんですが、何かしらの結論が欲しかったかなぁという気はします。ただこういう話も悪くはないですが。

何事も前向きに考えられる人間が一番強いってのは確かにある意味真理かもしれません(笑)
ん?、進んでるような、進んでないような、微妙な感じ。まぁ3人が一緒に行動したというだけでも、結構な進展と言えなくもないんですけど、でもそれだけなのという気もする。ともかく現実と虚像の境界が曖昧なので、作品の全体像が捕らえづらく、しかも、話の本筋が未だ全く見えてこないので、見ていてストレスが溜まるというのはあります。

画面的にも物語的にも動きが少ないので、見ていて楽しいという訳でもないし、内面というか、もうトラウマの世界を中心に描いているので、それでキャラを理解できているのかというのもどうも曖昧。

もう少しなにか手懸かりが欲しいです。指針になるものがまるで無いので、どうにも座りが悪い。あえてそういう作りにしているという可能性も大いにあるんですが、それすらもはっきりしない。まぁ好みの問題という部分も多分にあるような気もするんですが、どうにも切りの中を歩いているかのようで、なんとも複雑な感じがします。