FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
武道アニメなのにそこはかとなく、というかめっきり黒い感じがするのがなかなか面白い。みやみやも真っ黒だったし。けど、ダンくんもただ者じゃないってとこを見せてくれてます。実はみやみやと名コンビかもしれない。男性キャラが相対的に弱くなってしまっていますから、少し頑張って欲しいですね。

しかし、面白いのは良いんだけど、もっのすごーくスローペース。テンポは良いんで、あまり怠さは無いんだけど、話の展開は凄く遅い。この調子で行って、どこまで出来るんだろうか。つか、まだ5人目が出てきてないし。その辺が心配ではあります。

ただ、タマちゃんも含めて徐々に関係性が出てきたというのは、見ていて安心できます。その辺の構成はそつがないという感じ。恐らく練習試合が終わった後は、5人目の話が来るんだろうし、5人揃ったからには公式戦って方向なのかな? 恐らく決定的な結果を出すというところまでは時間が足りないという気がするので、その手前という感じがする。となると、キャラの描き込み勝負って事になるんじゃないでしょうか。

最初はちょっと軽めかなと言う気がしましたが、ここへ来て徐々に良くなってきたように思えます。5人居るので、バランスを取るのが難しいと思いますが、是非成功させて欲しいです。
スポンサーサイト



今回もまたのんびりというか何もない話でります。なんというか、小市民的快楽を推奨しているんじゃないかと思われる節があって、そこはかとなく気分が悪いです。詰まるところ日常や現状の肯定と言う要素が、色濃く入っているわけで、どうにもその部分が鼻につきます。

単に日常を描いただけというと、らき☆すたがありますが、あれ以上に何もないというのが痛い。よけいに現状肯定という要素が目に付きます。日常を描いただけと銘打っているみなみけですら、微妙なリアルとのギャップがあるし、そこがポイントになっているのですが、スケッチブックはそういう部分が薄すぎて意味をなすというところに届いていません。しかも、エピソードとしても弱いので、どーしろと? って感じになります。

いわゆる癒し系というのを表面だけなぞったような、そんな感触が凄くあります。ま、ARIAが駄目な人なんだから、それ以上にストーリーもキャラもキャラデザも緩いスケッチブックに馴染めるわけ無いわな。切り時かもなぁ。

ゴミ屋敷と喫煙者

もし特定の喫煙者があんたのそばに四六時中ついて回り、あんたに煙を吹きかけているならそら同じ事だろう。けど、そうじゃない。にも関わらず、喫煙者をゴミ屋敷と同じに見なすって頭がおかしいんじゃないの? よくその程度で大学教授を名乗れるな。喫煙反対を主張するにしても、程度が低すぎる。信州大学のレベルも知れたもんだ。

それが通るなら、「あんたの吐く息や体臭は臭くて迷惑だから死んでくれよ」も通るんじゃねーの。つか、それ以前にあんたの存在そのものが迷惑だから死んでくれよもアリかもな。あんたの好きな娯楽だって、いや、世の中の全ての娯楽にしても、環境負荷はゼロじゃない。それを迷惑に思っている人だっているかもしれない。だから止めろって言われたらどう感じるよ。自分は人様に迷惑をかけずに生きている神様かなんかだとでも思ってるのか?

健康は正義、健康は正しい。だから健康を阻害する奴は無条件に悪であり、打倒するべき対象である。という発想がそこに垣間見えます。どこのブッシュだよって感じだ。これってテロリストの発想。酷く陳腐で、下劣。独善的かつ一方的な決めつけで、他の価値観を悪と見なすってことをなんのためらいもなく出来るって凄まじいね。健康馬鹿もいい加減にしておけよ。

そんなに健康でいたけりゃ、常日頃から酸素マスクでもかぶったらどうよ。いっそのこと宇宙服でも着たらいいんじゃねーの? そうすれば、タバコの煙だけじゃなくて、排気ガスやらなんやらのその他有毒物質も吸い込まなくて済んで健康でいられるんじゃないかね。
FC2テーマ:健康 | カテゴリー:ゴミ
トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top↑
苦情の「ごみ」550トン、行政代執行で撤去開始 札幌

これって非常に難しい問題ですよね。他人からはゴミにしか見えなくても、当人にとって価値があるという判断は当然あり得る訳で、それを勝手に撤去するというのはどうかということになる。けど、それで迷惑している人が居るのは事実なんだろうし、撤去する場合の費用も結局税金が使われると思うと、腹ただしいものがあります。

管理責任って方向に持って行くのが考えられると思います。つまり、それが自分の土地であろうと、自分のものであろうと、周囲に迷惑がかからない程度に管理をする責任があるだろって話。異臭なんかは勿論ですけど、美観という観点でもそれはある。その場合線引きが難しくて、話題になった楳図かずお氏の自宅なんかも、そういう例で、どこからが美観を損なうのかというのは難しい問題。

例えば近代アートで飾られた庭が丸見えの家があって、それって大抵の人には趣味の悪い、下手したら気味が悪い家にしか見えないんじゃないだろうか。そう考え出すと難しい。けれど、山の中の一軒家ならともかく、市街地で暮らす以上、自分の好みだけで判断するのは厳しいと判断する以外にはやっぱり無いんだろうか。しかし、それも度量が狭いという気がしないでもないし、あまりにも無味乾燥になってしまうというのも、味気ないという気がする。

この辺りの問題はなかなか結論が出しにくいけれど、異臭や危険が伴うとなればこれは別物。ただ、現状では強制拘束は出来ても、強制実行は難しい代理執行したとしても、その費用を当人が払えないということになれば、実質は踏み倒しということになる。本来であれば、体を切り売りしてでも取り立てるって位の厳しさが欲しいところなんだけど、そうはなっていないので、結局はやったもん勝ち状態になってしまっている。せめて、これだけでもなんとかならないものだろうか。というか、ここまでなる前に手を付けなければ駄目ってことなんだろうな。
道庁職員、また給与削減 知事、財政悪化で公約破棄

公約違反であることは事実なんだろうけど、公約違反だと騒ぎ立てるような連中が如何に現状を理解していないかが良く理解できる記事です。知事だって、何も公約を破りたくて破っている訳ではないでしょう。そういう状態だから仕方なくやっているはずです。にも関わらず、騒ぎ立てる連中は、その時点で解雇扱いにしているのが一番でしょう。なんの役にも立たない屑であることは確定。そうとう高い確率で害にしかならないでしょう。

しかし、9%のカットって少なすぎはしまいか? 5割くらい切ってやるのが一番だと思うのだけどね。そうすれば、余計な連中も整理できるでしょう。あ、その前に退職金制度を改正して、支給しないように変更するのを忘れないようにしないとね。

まったく病原体退治は大変だよ。
問題は3Kではなく

仰る通り。さすが経験者と言われるだけあって指摘が的確だと思います。まさしく、SEの耐えるべきは、非技術的な部分に集約されると言っても過言では無いと思います。それは、彼らが技術系SEとは別の行動原理で動いているという事に起因するでしょう。逆に言えば、大手SIerが求めているのは、そういうスキルと言うことになるんでしょう。

何を以て虐めなのか、その辺りのさじ加減が良く判らないのだけど、判断基準がまるで異なっているということになれば、相互理解を得ることは難しいのでしょう。そういう歴史がつもった結果現状というものがあるのかもしれません。確かに僕個人も、そのような慣習は嫌いで、基幹系の仕事は避けてきました。けれど、実際にはそれほど苦もなく、その世界にはまれる人間というのも存在しています。

そうでなければ、あれだけの規模の組織を維持できないでしょう。案外僕らが思っているよりも多くの割合の人達が、朱に交われば赤を実践できているように思えます。というか、その逆に技術等でやっていける人間の割合はごく一部でしかないでしょう。勿論だから現状を継続するのは問題無いと言う気はありません。恐らくそれが原因で品質が落ちているのは間違いないでしょう。どこか妙な作りになっているシステムが乱立しているのは、まさにそこに原因があると思うからです。

本来元請けSIerの役目というのは、グランドデザインや顧客との接点という部分だと思うのですが、結局顧客の方を向きすぎているという偏向に問題があるんだとは思います。結局、自ら何かを作りだそうという理念が無い、あるいは持てないというのが実情なんでしょう。けれど、それは大手企業の相当の割合の人間が同じように相当するし、そういう人間でも、一応なんとか形にすることが出来るというのもまたそれなりの技術であり、それが組織力と解釈されています。実際、ある程度の規模のシステムを発注する側に立った時に、少数の才能に支えられている事が判る企業には、仕事を出しづらいというのは、理解できることです。

結局問題は業界体質というよりも、社会体質と言った方が良いんじゃないかという気がするんですよね。実際IT業界以上に酷い業界もあると聞きます。社会の何割の人間が、自らの意志を持って方向性を指しているか、また指せるのか。自らの足で立っているのか、また立てるのか。そう考えると自然と上から下へという構造が出来上がってくるのもやむなしってことなんだろうなぁという気がします。実際、元請けSIerの立場に自分が立った時に、彼らと違う対応が取れるのかというと、結構厳しいんじゃないかという気がします。

そういう意味で、触らぬ神に祟りなしというか、その世界は自分には向かない。と理解する方が正しい選択なんじゃないかという気がします。
トイレ侵入の盗撮男、女性に大けが負わせる 滋賀

逃走を阻止しようと腕にしがみついた主婦を引きずりながら階段を下りて逃げた際、骨盤を折る重傷を負わせた疑い


へぇこれで傷害になるんだ、ちょっと不思議な感じ。傷害の基準ってなんなんでしょうね。ぶっちゃけ判らなくなったわ。悪を叩く為ならなんでもありって、考えてみれば恐ろしい風潮のような気がするんだが、それとは違うんだろうか。