FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
一話見逃したら、全然話が変わっていて驚きました。けど、キャラの方は相変わらず変人の集まり。ただし、馴れ合い度は格段に上がっています。とりあえず、ヒトデ少女の話を片付けようという展開になっているらしく、そっちの話。

どんなことでも、熱意をもって継続すれば報われるってことなんでしょうか。まぁ間違っているとは言いませんがね。お姉ちゃんが来て報われると思ったら、視界から完全に消えてるってのはどうなんだろ、そういうのってアリなんだろうか。ちょっち微妙。

まぁ恐らく結果はどうあれ、決着がついて、彼女的には満足した上で恩返しにって展開なんでしょうか。今のところ特に怪しげな設定とか見えてこないんですが、意外に素直に展開するのかな?
スポンサーサイト



徐々に周りを固めてきてるなぁという感じがします。菌が見えるという状況の面白さが飽きられない内に設定を出し切ってしまえると、かなり展開がぐっと楽になるでしょう。じっくりと物語りの下地を作れるので、それなりの盛り上がりも期待できるかもしれません。この辺りアイディアの勝利って感じですね。

キャラが徐々に増えてきて居るんですが、それぞれがなかなか魅力的に描かれています。型にはまっていないというのが良いですね。だから、それぞれがどんなキャラなのか興味が湧いてきます。

ともかく、現状まででは何も起こってないのに、これだけ楽しめるというのはある意味凄いんじゃないと思います。もう何話かは引っ張れそうです。一応それなりに伏線も張られてきてるし、悪くない状態で来ていると思います。
ここまで教師と生徒の関係がセンシティブというのは、リアルじゃないんですが、逆に言うと、それが九重凜のキャラというのを良く表しています。家庭事情が特別な状態というのもその通りだし、黒ちゃんが言った原因も一つでしょう。それにプラスして、なんでそうなっているのかという部分が本当の意味での、状況設定という以外のキャラ性になるんだと思います。

まぁそういう意味では凜ちゃんはよく判るんですが、青木先生の方はちょっとワタワタし過ぎな気がします。ま、それも青木らしいと言えなくもないですが、凜ちゃん達に対する表現に比べるとちょっとチープな感じがします。これは、原作からしてそうなので、アニメは忠実に表現しています。

しかし、レイジくんの問題って決着付けられるのだろうか。つか、どこまでアニメ化できるのだろうか。良くできているだけに、逆にその辺りが心配になってきてしまいました。
最も重要だったのはあらすじであったという恐ろしい展開。つか、前回まで周辺が秘密を知っているという素振りすら見せないどころか、知ってたらもう少し違う対応を取るんじゃねって描き方しておいて、ここへきて取って付けたように白々しい台詞を付けて誤魔化すんじゃねーよって言いたい。それで済んだら本編なんていらねーじゃんかよ。

と、まぁ本筋についてはかなり適当さが目立ったんですが、今回の本編は、本筋とは全く関係のないロリっ娘の話。展開としては、ベタベタのベタで、目新しさの欠片も、何の工夫も、表現の深さも、全く無いという状態でした。この話を認められるかは、純粋にロリっ娘を可愛いと思えるかしかないんですが、個人的には、まぁそこそこ。ただし、当然ながらそれ以上でもそれ以下でも無い。ロリっ娘以外のキャラは目立った活躍もなかったし、客観的に見ればこれで良いのか激しく疑問という感じでした。

一応次回は少し本筋も進みそうな予告だったので、一安心はしました。そろそろ、ネタ出しが無いと正直きついと思いますよ。
今回も本編と全く関係ないダイエットネタが楽しかった。一瞬今回はそういう話なのかなって思っちゃいました。ここで、更に本職のちょっと危険なメイドキャラを追加して、ようやく初期設定完了って事でしょうか。話の途中まではもう少し凝った裏があるのかなとも思いましたが、そんなことはなかったようです。

話自体は、よく展開して良いテンポで進んだので、楽しく見られました。これまででも一番の出来だったんじゃないでしょうか。ちょっと、エロ分が足りなかったという気もしますが、まぁそれは良しとしましょう。やっぱり麗華お嬢様は、過去のいきさつもあって、見ていて可愛らしいです。どうしても彼女を中心にして話が回ってしまう感じがして、あれ? 主役はだれだっけ? って感じになります。しかも、麗華お嬢様にもサキュバス属性がついてますから、益々その差が開くばかりです。この差をどう埋めていくのかが興味深いところです。

出来るのかちょっと心配ではありますが。
いやぁ進まねぇなぁ。やっと、一エピソードが終わったって感じだけど、正直、ここまで1話でやって欲しいって位な感じがします。とにかく抽象的なシーンのしかも繰り返しばかりなんで、僕には情報が取れない。なんか心証操作されているような感触はあるものの、具体的になにかが得られているという感じがしないです。これはもう丁寧という枠を超えているように僕には思えてしまうんだけど、どうだろ。

3人組の過去の事件と、お化けというか化け物というか、そういう世界との関連性がどう構築されるのかというのが、とりあえず見所なんですけど、それを前提に話を組み立てていくのか、それが結論として出てくるのかで、大分展開が変わりそうです。前者なら、そこから何が来るかは未定なんだけど、後者だとすると、かなりショートスパンな話を展開しなくてはならなくなります。すると、そこへの行き着くまでの説得力とか、過程が当然重要になってくるでしょう。このテンポが続くとなると、相当中身の濃い何かが来ないと厳しくなると思うんですが、どうしていくんでしょうか。

まだ4話。されど、もう4話。ま、まだ先はありますけど少し先を期待させるような展開がそろそろ欲しいところです。