FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
もう、相手がどこであっても自分のペースに持ち込める時間帯はほんの僅かというチームになってきてしまいました。川崎は弱いチームでは勿論ないですが、それでも、中村、マギヌンを欠いている訳で、総合力としては落ちていると見るべき。川崎はACLも戦っているし、ナビスコだって決勝まで行ってる。だから、疲労度だって極端に違うとは言えない。その相手に対して、この試合運びというのは、もう相手が強いとか弱いとか、それ以前にそういうスタンスのチームになっていると考えるしかないでしょう。

で、結果攻撃がほとんど組み立てられず、個人のスーパープレイが出ない限り負けはしなくても、勝てないチームというのになっています。これで本当にいいのか? ACLの決勝があるというのが大きくて、だからオジェックの采配もキレを欠いているという気がします。消耗との勝負というか、選手のフィジカルを信用できていないという状態に見えます。これじゃ、積極的な交代は出来ないでしょう。先発を入れ替えるというのが一つの手だと思うのですが、そこまで思い切れないということなんでしょうか。ディフェンスのチームになっていますから、一つ歯車が狂うとボロボロになるという可能性もあるだけに、選手層の厚さなんか関係無く、入れ替えにはリスクを伴う考えているのかもしれません。

正直言って、つまらんチームになったものだという気がします。これがリーグチャンピオン、下手すればアジアチャンピオンになるかもしれないというチームなんでしょうか。だとすれば、サッカーなんてつまらないスポーツってことなんでしょうね。
スポンサーサイト



既にこれがハヤテなのかどうか認識が微妙言う感じもするくらい、設定が拡大解釈されているような気もしますが、勢いとノリはなかなかです。結局執事バトルの相手はパクりもんしか居ないってことで、今回もまた頑張るなぁという相手。あそこまで操れるなら、もう少し上手いやり方があるんじゃないかとかそういう突っ込みは無粋なので無しとしておきましょう。

で、まぁ今回はいいとして次回がこれまた微妙な感じ。ナギの同人誌なんて売れるんだろうか。つか、売れちゃ駄目だろって気もするんだが。漫画賞受賞経験者のハヤテと、万年次元越えのナギではまともにいったら勝負にならないと思うんだけど、そんな設定忘れ去ってしまうのかもしれないなぁ。

まぁその辺りは、この手の漫画の宿命としても、気になるのはパロディが露骨になってきてるなぁというところか。そういうのは、そこはかとなく的な程度が良いと思うのだけど、どうもモロってのが増えてきているような気がします。結局、この作品の面白さって何って感じになってしまうと、本末転倒って事になりかねないので、その辺さじ加減をもう少し調整した方が良いんじゃないかな、かな。

というところでしょうか。
とりあえず宝玉が集まるまではって感じは引き続きなんですが、これまた順調すぎるんじゃないのってくらい順調に集まっています。この順調さがあるからこそ、一応待っていられるという感じなんですが、今回は一応それなりの伏線も出てきました。エリスの夢の中に圧倒的な秘密が隠されているというのは、なかなか面白いとは思うんですが、それが一体どんなたぐいのものなのか、余り過激な内容には出来ないんじゃないかという部分がちょっと心配になります。

アンゼロットに関してもちょっと怪しげな部分があるというのは、大分前から描かれていたことで、それぞれの思惑がどう絡んでくるのかで、これからの展開は大きく変わっていくことでしょう。あまり単調なものにしてしまうと、折角隠していたとしても出てきた瞬間に終わってしまうと言うことになりかねないので、そこまでをしっかりとした構成を組んで欲しいなと思います。
博士と無口少女の正体は判りましたが、なんで彼女達が、わざわざやってきて、しかも居残っているのかが不明です。特にアイーシャに関しては、他に代わりが居ない貴重な存在ですから、最前線に送り出すということに、相当な意義が必要なはず。しかも、一条との訓練の記憶が無いというのも気になるところではあります。

しかし、あの事実をもって、アイーシャがワームの元になったと表現するのはどうなんだろうという気がする。しかも、緋月の「さすが」という言葉の意味もわからない。結局アイーシャの正体は先送りということになってしまったらしい。

で、ついに桜野の裏設定が登場ということになりそうです。これまで主人公らしいことを何一つしてこなかった桜野音羽も遂に日の目を見る時が来そうです。どうやら弟絡みということは判って居るんですが、その弟くんの情報もまるで出ていないので、予測はさっぱりつきません。この辺りで、あぁ! ってなると構成としては綺麗なんですけど、無意味に和数を稼いできた割には肝心な情報は何も入っていないという状態なので、ま、実質上国家らが勝負ってことになるのかもしれません。
まだ懲りずにB級恋愛ものを続けています。恋愛ものが悪い訳ではないのですが。そういう視点から見ると、相当お粗末です。そもそもこれだけ進展しないというのは酷い話で、一体いつまでダラダラと続けるんだろうという感じです。一応今回で一段落なのかと思ったら、次回もつづくって感じの予告だったし、この物語を灼眼のシャナでやる必要があるのかと考えると、相当疑問です。

今回は、マージョリーの助言で一応進展はしたものの、その助言を引き出すまでが流石に長すぎました。シャナにしても、完全に普通の女の子、しかも中学生か下手すれば小学生程度の恋愛感情にしか見えなくて、設定も何も完全に意味無しにしています。吉田がもう少し違ったリアクションを見せてくれればもう少し面白くなるかもしれないのですが、シャナと同じレベルになってしまっているので、どうにもこうにもって感じです。悠二は悠二で、超鈍感を続けているし、意志もはっきりしない。これじゃ誤解といえば誤解ではありますけど、あまりにも中身がなさ過ぎるという気がします。

つかね、もうそろそろなんか灼眼のシャナに合った展開にしましょうよ。そうしないと、全然意味無いじゃない。