FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
風子ちゃんって生き霊だったのか。見逃した一話にそのネタが入ってたんだな。なんか妙だなとは思ったんだけど、これでやっと話が繋がりました。しかし、やけに自己主張の強い生き霊ではある。いや、普通の人には見えていないんだから、そんな訳でもないのか。

で、見える人と見えない人の差は一体何なのかってところが気になるところではあるんだが、まぁそういう部分を考えても無意味なのかもしれない。いやしかし、生き霊なら生き霊らしいところをもう少し見せて欲しいものです。

もうこのパターンは、彼女が目覚めるか、死ぬかの二択な訳なんですけど、どうなんだろ、個々まで引っ張るなら目覚めるパターンもあり得る気がするが、逆に実在感バリバリなところを見ると、死亡パターンもあるかもしれない。

けど、何れにしても本筋とは違う話というような気がするんだけど、これだけ話数をかけているということは、これも本筋の一つってことなんだろうな。彼女の問題が片付いた後にどうやって元の路線に戻るのか、それが楽しみだったりします。いや、堂々と何もなかったかのように戻るって可能性もありますけど。
スポンサーサイト



まだ面白いな。無理矢理菌にこじつけているって感じもしてきたけど、話の展開とか、キャラの出し方、描き方、テンポとどれも高い水準を維持しているって感じがします。それだけじゃなくて、一応話の方も少し展開する気配を見せだしたし、押さえるところは押さえているんじゃないかという気もします。

しかし、食中毒だ、インフルエンザだってなんか凄まじいな。鳥と豚って組み合わせも、かな?り無理無理な感じはあったけど、ギリギリかな。新登場の能登も含めて、まともそうで微妙にまともじゃないって感じのキャラが揃ってます。その微妙さが結構ツボなんで、巧いことバランスととって進めていって欲しいです。

さて、そろそろもう1段階楽しくなるのかもしれないな。
相変わらず、本編とは全く関係が無い、かつ気合いの入りまくった爆笑アバンでした。

もう、狙いすぎで話は訳が判らなくなっていますが、そのハッチャケ度はなかなか楽しかったです。結局真由ネタで行こうとすると、こういう方向しか無いって事なんだな。一応なんか裏がありそうな感じも出てきましたけど、もう少しはこの路線で行きそうです。

で、唐突に登場した京都弁の兄妹は一体何なのか。ま、どうせ大した話じゃないんだろう。きっと。それはそれでOKだって思えるところが、この作品の凄いところなんだろうな。きっと。ともかくパワー感は感じるので、今後も是非パワーを落とさず頑張って欲しいところです。
ついに、お気楽モードから脱出でしょうか。けれど、一気に鬱に突入ってのも芸がないな。実際ここまでの間にほとんど伏線張られてなかったし。まぁお婆ちゃんの件は前回訪問時からかなり怪しげではありましたが、今の段階でもまだよく見えてないって状態です。幾つかポイントになりそうなものはあるんだけど、それらの繋がりが全く見えてこないので、何ともしがたい。というか、あまりにも情報量が少なくて、これからどうにでも出来てしまう状態。しかしまぁ、田舎の話とはいえ、政治家による汚職とか、先生が抑えられているとか、金目当ての若妻とか、その娘とか、ベタ過ぎるんじゃないの? ってい感じの設定が多いな。

で、ここへ来て勘違い事件が発動って感じなんですけど、またこれが周囲の事件と剥離した感じがあって厳しい。これが変に思えない程度には、状況説明されてると良い感じになると思うんですけどね。同様に先生についてもここへ来てあれだけ描く以上、何かあるんだと思うんですが、これがまた唐突だなぁと感じざるをえない状態。

佐菜の記憶が曖昧なのも、そろそろネタだ死していいんじゃね? って気がします。ネタを引っ張って引っ張って最後に一気にとかやろうとすると、たいてい失敗しますよ情報は適切なタイミングに適量出すのが一番です。
「モンスターペアレンツ」案外身近に… キャリア・マムがネット調査

モンスターの存在を認めたとして、そしてそれを悪であると認めたとして、じゃあどうすればいいのか? 親を教育する? そんな簡単に直るような連中なんでしょうか? 駄目と言われたことだけはやらなくなるというだけなんじゃ? 子供の頃から教育方針を変える? それは有効かもしれないけど、どんな風に変えるの? 鳴り物入りだったゆとりは失敗でしたと認めたばかりじゃないの?

結局、家族という制度に過ちがあるんだから、そんな程度で問題が解決することは無い。そんな気がするのですけどね。
なぜ「ゆとり教育」は失敗したのか? ?せっかちな創造性の追求【前編】

まだ話が終わっていないようなので、この後どのようにてんかいされるのか、興味深いところです。ただ、一つ言えるのは、「ゆとり」があったところで、それを上手く使わなければ、何にもならないということ。ゆとりがなければ何も出来ないということ。この二つは実際にあるだろうと思います。

で、何かをきちんと学ぶ為には、前提となる知識が必要になる。これは真にその通り。だからといって網羅的に学ばせるのが良いかというと、そうでない場合も多々ある。ましてやそれにやっきになるということになれば、それこそ本末転倒ってことになってしまうだろう。

それと、人間というのは、自分のやりたいと思っている事の為に必要なことは、比較的率先して、そして熱心に学ぶという傾向があるという部分は無視できないでしょう。何の為にやっているのか判らないまま学ぶ歴史と、自分が学びたい教育学を理解する為に学ぶ歴史は少なくとも同じ効率では吸収されないだろうと思えます。

「ゆとり」って悪の象徴みたいに目の敵にされていますけど、それって、インターネットは危険とか、メールは危ないってのと同じ発想。ゆとりそのものは無価値であり、善でも悪でもないインフラのようなものでしかない。ようは、そのゆとりの中で何をするかというところに全てがかかっている。それを、既存の価値観でしか動けない教師や、そもそも自分の価値観すら持っていないような親達に運用を任せたところで、効果的に使えるわけがない。すると、マニュアル化とか馬鹿なこと言い出す奴等が出てきて、そんなものを使えば、それぞれの子供にマッチしたものになるはずもない。結局、方向が若干変わったというだけで、ある種の方針というのを強制されているという部分は何ら変わらないのだから、独自性も糞もへったくれもない訳です。

根本的な部分から変更しない限り、上辺を幾らすげ替えても、良い結果を生むことはない。これは教育であっても例外ではないということでしょうね。むしろ不慣れな部分や未経験な部分が全面に出てしまって、以前より悪くなったように感じた。それがゆとり教育の結果なんじゃないでしょうか。
FC2テーマ:教育 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
或る病院の一生

いやぁ、しみるなぁって感じ。本当なのかどうか検証出来る立場にはないけど、十分あり得るんじゃないかという真実味があります。けど、確かに無くなって貰っては困る施設というのは事実でしょう。滅ぶままにしてしまうのは困ります。

つまり、問題となっているのは一部の患者な訳で、それが集まってしまうということでこうなっている訳でしょう。だったら、それ専門の病院としてしまえばいい。で、それをどの程度必要とするかを検討して、必要な分の金は出して貰えばいい。

その分、それ以外の病院はその手の患者を基本的に引き受けないという方針にすればいい。両天秤をかけようとするから、どっちつかずになるような気がします。専門性の高い小規模病院が受けているというなら、問題の患者をそちらに移せばいいんじゃないかという発想が出来ればいいんじゃないだろうか。

勿論実施段階では色々と問題もあるんでしょうけど、基本路線はそれでいいんじゃないのかな。つかね、もうそこまでして生きるということを他人が助けてやらなければならない理由って本当にあるんだろうかという気もする。まぁこれはまだ老人からみれば若者といえなくもない年齢の人間には判らないことなのかもしれない。けれど、当人は死にたいと言ってるのに、家族が…ってパターンも結構多い気がする。そういう選択をするのは自由だけど、それに応じた対価ってものを要求できるようになれば、また話が違ってくるんじゃないかという気がします。

ベットが無くなったら、議員宿舎とか、公務員宿舎とか、霞ヶ関とか永田町とか皇居辺りに送ってやればいいんじゃないかな。たっぷり余計な面積があるみたいだから、相当な人数を受け入れ可能だと思いますよ。相当な数の暇役人がいますから、必要なだけこちらに回しても全く問題無いでしょう、専門知識が不要な介護を全て奴等にやらせれば介護士や看護師も楽になるはずです。家族も使っちゃって良いですよ。これまで散々甘い汁を吸ってきたはずですからね。ここらで僅かながら返して貰いましょう。力仕事とか汚れ仕事とか全部奴等にやらせましょう。24時間365日の体制でこき使ってください。それぞ公僕の姿でしょう。ついでに賃金はグッドウィル基準にしてもいいんじゃないかな。寝床はインターネットカフェとかで十分でしょうし。
執事の爺さん、犬の代わりかいっっ!

って感じで、基本的には天才小学生ベッキー(仮)の話。それだけで終わらず、かなり無理矢理な感じがするテコ入れ、各種ギャグ付き。でも、一応前振りのネタもちゃんと配置されていて、一応やることはやっているという部分は好印象。つか、そう考えるとてんこ盛り。

ロリっ娘の心情は良く出ていたし、理解できるし、小学生としては当然ではあるんだけど、安っぽい感じはどうしてもする。今のところ基本路線として、「人は分かり合えるんだ」的な方向なんで、それは致し方ないかもしれない。

つか、この調子で行くとドラゴンちゃん達は連合ってパターンになりそうな気配だね。すると、そこからどうなるのかというのが気になる。軍人のねーちゃんを相手にするって言っても、戦力差が圧倒的だというのを、ギオ戦で見せてしまったから、なんか仕掛けが必要だろう。最終的には、全人類対ドラゴンちゃん連合という図式になるのかもしれない。でも、その路線で行くとやっぱり最終的にも「人は分かり合える」路線になっちゃうのかもしれないな。