FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
1話見逃したかなと思うくらい急展開な感じです。つか、話が繋がっていないような気もしないでもないんだが、気のせいか? でも、それも大張チックだと言われればその通りな感じもする。

で、しかも学生さん達がいきなり最前線ってのも凄いな。それで、気がつくと敵に占領されていたって、確かにファンタジーだからメカ的な要素が無くて、通信にタイムラグがあるのは想定されるとは言え、設定的にちょっと微妙って気がしてしまいます。

ハヤウェイとプリーシアの関係にしてもやっぱり唐突で、まぁプリーシアの性格がああだからというのは判るんだけど、それにしてもな感じがあるし、ハヤウェイ側の反応もにしてもいきなりそれかい的な印象が否めません。まぁ戦時下という特殊な状況というのもあって、反応が普通じゃないというのがあるのかもしれないんですが、その割には、前回までお気楽学園ものになっていたのが、引っ掛かります。

けど、結局個々までは前振りと考えた方が素直なのかもしれない。あと何話かはフォローのかいがあると思いますけど、そこで前提条件が揃って、いよいよ本筋にはいると言うことであれば、それはそれで判らないでもないかもしれない。そうなるかどうかは、正直微妙なところという気もしますが。
スポンサーサイト



前回の引きはどうなったの? ってのは、忘れてあげましょう。まぁストーリーものとして成立しているかは正直微妙なところではありますし。で、今回も結局は宝玉集めの回だった訳ですが、これまた至極順調に成功しています。で、いよいよ後1つということで、ここからが本番? つまり、これまではずーっと前振りだったってことですかね。

だとするなら、もう少し宝玉の秘密という部分を明かして欲しかった感じがします。恐らくエリスに対して何らかの影響を与える事になって居るんだと思うんですが、その部分があまりにも曖昧過ぎるという気がします。だからこれまでの話の位置付けがはっきりしてこない。これだけ時間を使った割には勿体ないなという気がします。

やっぱり構成のバランスが良くないと感じます。エピソードがブツ切れになってしまっていて、全体の統一する背骨の部分が弱い。キャラを無理に前面に出そうとするからなのか、この手の作品は多いです。キャラにしても、柊とエリス以外は活きているのかどうなのかも微妙な状態になってきているし、何かもう少し工夫が欲しいかなという気がします。
どう考えても名人の弟くんは怪しいんですが、まだ目的が良く判りません。最初はしおんが目的なのかと思っていたんですが、どうもアニキに対してもなにか含むところがありそうです。なぜ、女流に拘るのかという部分がまるで見えていないところなんですが、話は真面目に作られていそうなんで、辻褄は合わせてくるんじゃないかと思います。それだけにどういう方向になるのかが楽しみです。

将棋に関しては、ほとんど技術とかじゃなくて、精神論になってしまっていて、実際プロレベルの世界では、それはあながち嘘ではないんでしょうけど、見ている側としては、そればかりだとちょっと厳しいかなぁと感じるようになってしまうかもしれない。とは言え、表現は難しいんだろうけど。

今のところ全体として小康状態になっていますけど、これがいつ動きすのか、それまでにどの程度のネタ出しができるのか、ミステリー系はバランスが難しいだけに、この時期は重要になってくるかもしれません。
マリアさんとデートさせたかったって話なんだろうけど、まぁハヤテですからまともなデートにはならないって流れですね。ナギが最近すっかり目立たなくなってしまっていますけど、それは考えてみれば原作でも似たようなものかもしれないなぁ(笑) しかし、最新デートスポットがなんで、原宿と浅草なんだろうか? さすがにちょっと、いやかなりずれているような気がするんだが気のせいか。

雪路達をアクセントにしようと思ったんだろうけど、逆に五月蠅くなってしまったように思えますね。どうせなら、もう少し真面目にデートさせてあげてその上で噛み合わない感じを出した方が面白かったような。壊す方向に行くならもっと徹底的に壊して酷い目に遭った方が良かったかもしれない。そうじゃないと最後のオチが弱いよな。

って、オチてないのはいつものことって作者も認めてますけど(笑)
前回のあの話から、いきなりマージョリーの過去話。で、能登はどうなったよ能登は。なんか話があっちこっちに飛びまくっていて、しかも、今のところはそれらに関連性が見つからないので、唐突としか思えない。思いつきで話作ってないかって感じがしてしまいます。

フレイムヘイズと人間の違いみたいなものは、前回シャナと悠二でやったような気がするんだが、それとは違った結論になるんだろうか。何れにしても悠二は人間ではないので、人間がフレイムヘイズにおつきあいするというのは、かなり無理がある。その辺が説明されれば良いのだと思うけど、昔話のお相手は変わっているとは言え、フレイムヘイズというのはどうなんだろ。

ま、このマージョリーの過去話、どういうところに落ち着くのか、期待してみたいと思います。
ワームって強いのか弱いのか良く判らない。で、バイパーのファンネル擬きにあれだけの火力が乗るなら、その技術を応用すれば、ソニックダイバーはもっと強靱になるとおもうのだけど、違うだろうか。それに以前戦闘したのと同型だっていうなら、もう少し戦い方を最初から工夫した方が良かったんじゃないかという気もする。

しかし、あのビームの雨を器用に避けるよなぁ。凄い技だって気がする。しかも、未だに緊張感はあまりないってところがなんか凄い。結構ヤバい状況もあったような気もするんだけど、全く意に介していないかのような様相で居られるというのは、かなり大物って感じがしますね。

このままのペースでやりきってしまいそうな予感がちょっとするな。