FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
なんだ、結局この作品のメインキャラには普通の人間は居ないってことなのか? まぁ麗華お嬢様に変な属性が付いた時点で怪しいとは思っていたんだが… いや、そのくらいの方がいっそ良いのかもしれないな。

で、修学旅行なんだけど、それぞれの思惑が交錯しててなかなか楽しかった。実はそんな中で二ノ宮だけはほとんど主体性ってのが無くて、それは今回始まったことな訳でもないんですけど、完全にキャラとして沈んでしまっています。基本的にハーレム系のアニメなんでその辺突っ込んでも仕方ないんでしょうけど、それにしても、もう少し巧い書き方をしてくれると話がグッと締まるのにのになぁと感じます。

どうも、みんながみんな過去に因縁を持っているようで、誰かが思い出してしまえばそれで終了って感じもするんですが、それは無いってのもお約束かもしれない。とりあえず、麗華お嬢様の空回り暴走が見られればそれでよしとしときますが。
スポンサーサイト



引っ張りますねぇ。つか、あれだけの手紙を出したのって火事の後って事な訳? それとも前? 前なら記憶は残ってそうだよね。なら、おじさんに拘るのはミスリードを狙ってるってことかい? あんま変な小手先の技使わない方が良いと思うけどね。

それと双子の話は当面余計にしか思えないんだけど、なんとかならんもんだろか。いや、菜々香の悩みも実は大したことじゃないってオチなら、それもアリかもしれないんだけど、だとしたら引っ張らないでとっととネタ出しする。引っ張るくらいの大ネタを仕込んでいるなら、双子ネタとバランスが取れないので、そっちはさらっと流す。

どうもバランスがチグハグになっているような気がするんですよね。みんなが悩みを抱えている的な状態にしたかったからなのかもしれないけど、無理に設定を作る必要もないと思うんですけどね。
「意味のないことは許せない」の罠

読み物としても楽しめるのですけど、そんな中でもこれはって思う部分があります。

その伝でいくと人が何を面白がるのかって本当はなかなか分からないってことですよね。経験値を上げて、なおかつ「私」自身の面白さや好奇心を掘り起こしていかなければいけない。


面白いって感覚が重要なんだってのは、とっかかりとしては正しいし重要だと思います。けど、この掘り起こしって作業がそれと同じくらい必要だろうなと感じます。これは自分の好奇心でも他人の好奇心でも同様かなと思います。

結局なんで面白いと思うのか判らないけど面白いってものも幾つかあります。その内の幾つかは後から考えて、何となく理由付けが出来たけど、未だに良く判らないもの、全く判らないものもあります。最終的には好みですから、そんなものに理屈なんて必要ないって言えばその通りなのかもしれないんですけど、現状の自分を理解するという意味では、結構好みって重要な要素なんじゃないかなって思ったりしています。

仮にその解析が完了しなかったとしても、また間違っていたとしても、その過程で得られるものも結構多いものです。魅力とはどんな要素があるのかということを、真面目に考える機会って、黙っているとあまり無いもので、きっかけとしても悪くないんじゃないかなという風に思えます。
「品質」という概念の価値が相対的に下がっている

品質と価値観の関係性の話。言ってることは、ごもっともと頷く点が多いです。ただ、品質の価値観が高いのが単純にリーチ率にだけで獲得されていると考えるのはどうだろうという気がします。

ここで言う品質というのは、なんというか、工業製品的な意味での品質なんでしょうけど、それが下がることによって、表現の幅が狭くなってしまうという可能性は秘めています。つまり、プライベートビデオのような記録系のコンテンツを経験共有者同士で再体験するという用途などなら、品質は必要とされないでしょうが、そうでない場合、品質の高さが絶対的に必要になる場合はあるでしょう。

だからといって、無闇に高品質であることが価値が高いとは出来ない。無駄に高品質というのは勿論あります。そういう意味では、品質と価値は本来それほど強い結びつきは無いのかもしれません。実際古い録音のSPを今でも最高だと感じている人も居るでしょう。けど、そういう人が居るから、品質は無視してもいいということにはならない。演奏自体は多少落ちても最新の録音じゃないと得られないものもあるというのも事実だからです。

つまり、何が言いたいかというと、現在は確かに品質と価値観が過度に関連しているというのはあるかもしれない。これは、メイン商品が物質的な品物であったことの名残なんじゃないかという気がします。商品としてコンテンツの重要性が上がるに従って、品質の価値が落ちてくるというのは、これは致し方ないことでしょう。けれど、品質はやっぱりないがしろにすることは出来ないってことです。何事もバランスってものが必要なんじゃないでしょうか。

なので、市場の中で、品質の価値というものが機能するかどうかは、資本主義が続く限りは消費者次第ってことなんでしょうが、個人的な希望としてはある程度は残ってもらいたいよなぁと思っています。
クリスマス限定“究極ティッシュ”2個3000円 王子ネピア発売

そりゃあ、少なくとも鼻に使うのがメインでは無いだろうな…
何故かモバイル環境からのBlog管理が今日から出来なくなりました。

管理画面がしばらく前に新しくなって、それが対応していない状態なんですが、これまでは旧画面も使えていたのなんとかなっていたのが、急に使えなくなりました。

この状態が続くようだと、外部からの更新が出来なくなるので致命的です。引越しも考えないとかもしれませんね。
う?ん、ジンくん、それじゃ流石に安すぎるだろ。浮き沈みが激しいというか、簡単すぎなんじゃね? 特に家族ネタは初回から散々引っ張ってきたネタなんだからさぁ、もう少しなんとかしようよ。

で、シャトルのピンチは良いんだけどさ、結局中に残ってるのって、ドラゴン2匹と、人間1人な訳じゃんか、トアは拘束されていたかもしれないけど、ウィドゥが本気だせば、なんてことなーんじゃねーの? つか、トアの拘束を解いて、カズキを乗せてしまえばそれで万事解決って気がするんだが違うかね? 敵に落とされるにしても、大気圏で燃え尽きるにしても、そのまま見物ってことはねーだろ。

もし、変身に何か条件があるって言うなら、事前にネタ出ししといてくれないと、ピンチに見えないんだけど…。ちょっと設定というか、シナリオが甘すぎるって部分が多すぎるよ。お粗末な感じが拭えませんねぇ。
今回もまた瑛理子ちゃんのパワー炸裂回でした。本当にキャラが濃いので、他の普通の女の子達が沈んでしまいます。今のところまだ彼女の表面にしか描写が及んでいませんが、いつ内面に話が至るのか楽しみで仕方ありません。正直まだ一輝では役者不足の感じがするんですが、今のところはそっち方向に話が進んで見えるよなぁ。でも、何か株を上げる要素が無いと釣り合わない気がします。

ラストの摩央姐ちゃんのシーンはちょっと気にはなるけど、光一のところはガチだろうからなぁ。となるとやっぱ問題は瑛理子ちゃんのところなんだけど、明日夏ちゃんもあの反応は無いだろって気がしました。けど、やっぱり一輝とはマッチしている。瑛理子ちゃんはそういう子と付き合っちゃいけませんって突っ込みたくなってしまいました。

能登のポジションが浮いていて、一応出てますってだけの役なのか、他にもなにか役が振られているのかちょっと気になります。でも、ここから追い上げは辛いかもなぁ。