FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ここへ来て萩乃とマリの話に戻りました。やっとかという内容の話になっています。これまでずーっと寮生の話をしてきたんですが、この話と繋がりが無いです。今後の展開でということなんだと思いますが、展開とするとちょっと露骨かなぁという気がします。

そもそも萩乃とマリの出会いというのが、偶然としか描かれていなかったように思うんだが、この流れから行くとそれは出来すぎという気がする。というか、元々萩乃はなぜあそこに居たのかというのが、まだ良く判らない。全体としては悪くはないんだけど、所々にそういう綻びのようなものが見えるのが気になります。

戦艦が後何隻残っているのか判らないのですが、このまま戦闘ということになれば、流石に厳しいだろうという気がします。だとすれば、そうならないようにする為にどうするかという流れかなと思うんですが、それぞれの目的がはっきりしてこないので、展開として進展しているのか、していないのかが良く判らなくなってます。

徐々にネタが出てきてるのは確かなんですが、もう少ししっかりと方向性が見えた方が食いつきやすいように感じます。特に萩乃に関して、そうしないとはっきり見えてこない部分が多くなり過ぎてしまうんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト



これで結論がはっきり出ました。今のやり方は完全に駄目だってことです。恐らく結果に拘ったんだと思いますが、それが、内容も結果も出せない駄目チームを作り出したということです。中盤が構成出来ない。ちょっと攻め込まれるとすぐに下がりすぎる。攻撃のバリエーションがほとんど無い。押し込む力も無い。と、良いところ無しという状態です。

選手起用も謎で、引き分けではまずいという状況で、右に細貝を使う。細貝は確かに前回良い動きをしていましたが、とは言えディフェンシブな選手。こういう選手起用をしている時点で勝つ気がまるで感じられないというのが判ります。で、挙げ句前半の内に先取点を取られるという最悪のパターン。

達也が入って少し良い状態になってきました。4バックが良いのはかなり前から判っていたことで、あの無様な6バックや7バックを改善する為に、もっと積極的な手を早く打つべきでした。今日は小野を使ってくるだろうなと思っていたんですが、結局コンサバな選手起用。それに選手達も答えて情けない試合をしたというのが結果でしょう。

とにかく、全く勝てない、点が取れないから、遂に連敗街道に入って、余裕があったはずの勝ち点を全部はき出して、J2降格が確定している最下位のチームにすら負けて優勝をさらわれるという惨めな結果になりました。これで、心おきなく今までのシステムや考え方をぶっ壊して作り直せるでしょう。ACLの優勝は恐らく偶然でしょう。それ以外の結果がこれでは、全く誇れません。今のままでは二度と出来ないと思います。

内容が悪く、悪い癖もついて、結果も伴わなかったという、最悪のシーズンで終わりました。天皇杯も無様にJ2相手に負けたことだし、年末年始返上で、キツイ合宿でもして、鍛え直し、ゼロからやり直した方がた方がいいんじゃないでしょうか。
オカルトと精神疾患と科学と哲学が入り交じっているので、何通りもの解釈が存在できてしまって、話が掴みにくい。そこを狙っているんだとは思うんだけど、それにしても情報が少ない。今回はかなりの盛り上がりを見せたものの、そのほとんどは煽りって感じがしないでもない。というか、どれが重要な情報なのかが選別できないので、どうにもむず痒い感じがします。

しかも、メイン3人の心情が判ったとしても、それがどうしたの部分が、未だにほとんど描かれていないので、展開についてもほとんど先が見えない。それがもどかしさを通り越して気持ち悪さを出しています。それも狙っているのかもしれないけど、個人的には下品かなと感じてしまいます。

もう少し、主題を明確にして欲しい。何か話を掴む為の手懸かりが欲しい。それを出さないことで気味の悪さを演出するというのは、ちょっとなぁと感じます。まぁでも、恐怖系のものって結局そういう傾向が強いのかもしれない。ネタを明かしちゃうと怖さがなくなっちゃいますもんね。
えらい綺麗に纏まってます。そりゃあ当たり前のことで、設定がアリアリですから、纏まらない方がおかしい。そのまま感動でした。ってしてしまえば終わりですが、真面目に考えると?マークが10個位は平気で並びます。まぁそういうものなのかもしれないな。お伽話の一種だとでも思えば納得できるかもしれない。桃や竹から人が生まれる訳がねーだろって突っ込んでも、意味がないのと同じです。風子ちゃんはそれなりに可愛かったしな。

次からは能登の回らしい。さて、どんな話になるんだろう。お伽話となれば、想定をする方が愚かなんで、何も考えないってのが一番でしょうね。
つまり媚薬は本物ってことか。そりゃあ凄えかもしれない。長谷川さんに効かなかったように見えたのは、酒のせい? それとも、純粋に彼女の意志なのか? しかし、3日も苦労してやっと手に入れたのに、あに仕掛けは流石に無いだろう。つか、美白にしては怪しすぎるよな絶対。能登も良い味出しています。ミスって言われているだけあって何着ても決まってます。

しかし、長谷川さん、見た目通りドSだ。「生肉好きぃ?」ってのは凄い。目が行ってるし、ひゃぁ?ひゃひゃひゃと笑われれば、オンナの形をした爆弾と言われても仕方ないかもしれない。しかも記憶が無いし。

菌にも馬鹿扱いされている三馬鹿トリオと、貞操が怪しくなってしまった葉月ちゃんという引きがなかなか楽しかったです。で、一応お祭り騒ぎも終わって、次回くらいからは少し真っ当な路線に戻るのかもしれないな。