FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
いやぁ前回までは一体なんだったんだって言うくらい纏まった回でした。毎回これくらいやってくれると楽しみになるんですけどね。色々なものが動き出しました。元々ISDA自体が相当怪しげな組織ではありましたけど、ここへ来て完全に思惑はバラバラで、崩壊寸前まで来ました。ギオとウィドーは追い込まれ、キタジマせんせもヤバい感じ。

トアの目的も一応判った訳だし、ノザキは怪しいってのも判った。話の展開としては大分面白くなってきましたが、結局ドラゴンとレゾナンスの関係というのが何なのかという部分は伏せられています。美味しいところは後回しってことなんですけど、だからまだ話自体はフォーカスが甘い感じが残っています。どうせならもう1段階突っ込んでしまえば、新展開って方向で詰めていけたのになぁって思います。

ただ、ISDAが分解するに従って、徐々に反対側に勢力が傾くという流れが面白い。ただ、勢力図がはっきりしないので、まだ完全に流動的。よってジンの存在意義が確立しなくて宙ぶらりん。それを長く続けるのはあまりよろしくないでしょう。そろそろ、当面の目的をはっきりさせた方が良い時期に来てると思います。

一応今回でネタ振りは出来たと思います。次回以降どう展開するかですね。是非盛り上げて欲しいモノです。
スポンサーサイト



一方的なボランティア?

そうですよね。そんなのボランティアとは到底言えないですよね。即刻テレビを送るなんて行為は止めて貰いましょう。お金がもったいないです。一体募金をなんだと思っているんでしょうか。普通のテレビとしてしか使わないんだったら、普通のテレビで十分です。善意で集められたはずの募金がそんなことに使われているなんてとんでもないことです。こんな事に使われるなら、募金なんてしない方がいいでしょう。

人間というのは、浅ましいもので、助けて貰った時にはありがたがりますが、それが続くと当たり前だと感じて、それ以上のものを平然と求めてきます。弱者が弱者であることを楯にして、勘違いし出すわけです。これもそういう例。

デジタルテレビを寄付される。それだけでも十分にありがたいことで、設置してもらえるに超したことはないにせよ、出来ない以上は自分達で手配すればいい。電気屋に頼んだって、本体を買うよりは安く済むでしょう。判らないなら判る人に頼む。そういう人が身の回りに居ないならプロに頼む。まさかそんな程度のことも指示されないと判らないと? そういう人達が責任者になっているのだとしたら、そちらの方が問題です。で、言うに事書いて、設置をしていかないから慈善事業じゃ無いと来た。なんて傲慢なんでしょう。

しかも、当の障害者や、施設の関係者が言ってるのじゃなくて、無関係の人間が無責任に発言しているというのがまたムカつきます。こういう偽善者面した奴が居るから、障害者への対応というのがどんどん厳しくなるんじゃないでしょうか。実際、設置まで手配したら、その分の金額負担で、何台かのテレビが他の施設に回らなくなるかもしれません。それでもいいというのか。大体、そんなにやるべきだと主張するなら、そういう自分が全国回ってやればいいんじゃないのかね。
「差し押さえみろ!」授業料納付を拒む茨城の親たち

学生を退学にした上で、ケツの毛までむしってやったらいいんじゃない。差し押さえられるものは全部差し押さえて、寒空にほっぽり出してやればいい。何人か凍死でもすれば、心を入れ替える奴も何割かは出てくるんじゃないですかね。もしくは家族揃って刑務所で強制労働ってコースを選択させてやっても良いかもな。

まぁ可哀想なのは、馬鹿親の元に生まれてしまった子供ですけど、仕方ないね。家族制度の犠牲になってくださいとしか言えません。恨むなら腐った家族制度とそれを支持している大多数の人達を恨んでくださいね。
FC2テーマ:家族 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
ケータイ小説に「不快な違和感」

ん?、これまでも「良い」ものが売れてきた訳でも、「悪い」ものが売れなかった訳でもないからね。売れているかどうかと、その質との関係性はそれ程強くないです。それが資本主義ってものの本質ですからね。だから、何が売れているかを問題にするのは、質を問う上ではナンセンス。一番売れているものが一番良いものであると言う保証は原則的に絶対に得られない。これは、元記事のような質に対する価値観を維持する限り真理です。そうじゃないとするには、多数決こそが絶対正義を認める以外にはないでしょう。ま、実際最近そういう風潮が強いんで、文化が危機的状況に追い込まれている訳なんですが。

そうは言っても、大衆の底上げがされればその上のレベルも上がるというのはあるので、そういう意識は必要なんですけど、コストを考えるとどうなんだろうという諦めの方が最近強いです。いやいや、啓蒙は大事ですよね…。
渡辺行革相、サッカーくじ廃止求める 文科相は拒否

「結論までの時間が長過ぎる。累積欠損金が解消できるなら独法である必要性の問題も出てくる」


すげぇ…、まさしく正論だ。正しい判断が出来て、それが言える政治家が自民党に存在していたととは、驚愕に値します。天然記念物レベルの珍しさ、いやいやUMAレベルと言っても良いでしょう。

願わくば、口だけで終わらないことを祈りたいです。
イヤホンの悲劇…電車進入に気付かず接触、院生が死亡 JR東中野駅

悲劇? 悲劇っつーか喜劇なんじゃねーのこれ。田舎の農道でもあるいまいし、駅のホームという場所なんだから電車が来るってことは判ってるはず。どちらから、どの方向に、どの位の大きさのものが、どこにくるか。全部判っていたはず。しかも夕方の6時過ぎの東中野駅なんだから、頻繁に来るのも当然。イヤホン云々の問題じゃねーっつの。

にじゅうごちゃいのぼくちゃんにはちょっとむじゅかちいでちゅか?

むしろそんな馬鹿を不運にも引っかけてしまった運転手や、乗客、周囲の人間の方からすると、たしかに悲劇って言えるかもしれないね。
いや、それ推理って言わないから、つか、台風の中、氷の柱を何十メートルも本当に上れるのかよ。角度は何度だよ。と、相変わらず推理モノとしては穴だらけという以前に成立すらしていないほど素敵な探偵っぷりです。

しかも、今回はおねーさん達のアクションもありませんでした。俺にどうしろっていうんだよ。

どうせ、超常現象的な犯行と解決方法で行くのなら、そういう作品として作った方が、まだ見られるものになるように思うんですけどね。