FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
まだ話が繋がってこない。あのカウンセラーに何かが見えたということは、徐々に現実に影響を及ぼし始めているのかもしれないという気はするんですけど、それが何を意味するのかが良く判らない。過去の幾つかの事件と、幽世がどう関係しているのかも見えてこない。

この段階でもまだ話がバラバラってのは、凄いんだか、酷いんだか、正直判断に困るところがあります。キャラクター的には非常に素直で、リアルには描けていると思うんですけど、そこから先に踏み込むことが出来ない状態になっています。つか、ここへ来て初めて都ちゃんとの会話が成立したってのも、ちょっと驚きます。彼女は物語の鍵になるキャラだと思うのですけど、これまで全くと言っていいほど話に絡んできていませんでした。

けどまぁ、これで状況が少し変わってきたかもしれません。もう少し全体の見通しが良い方がいいんじゃないかなという気がします。これだけ引っ張った以上、期待を裏切らない何かが存在してくれていることを期待したいと思います。
スポンサーサイト



ここへ来て打つモード発動。ま、一応戦争をしているんだし、一回くらいこういうネタは必要だよね。でも、結局彼女たちの悩みって、お兄ちゃんとか、お父さんとか、弟とか、そういう私的な領域に留まってしまっているってのが、ちょっと引っ掛かる。それが話を小さくしてしまっている要因。

今回の話もそう引っ張ることもなく克服できるでしょう。だって話数無いし。もう少し早い段階で出すべきネタだったような気がします。このタイミングで出すのはちょっとタマとして小粒な気がする。音羽達にしても、DNAが偶然似ていただけって設定だと、引っ張れないし、深刻にもなれない。

ビックバイパーとの因縁ももう少しあるのかなと思っていたんですけど、それもあっさりクリアされて、お友達モードに入ってしまったらしい。なんか、予定調和が過ぎるんじゃないかという気がする。それならそれで、もう少し遊んでくれていれば、そういうものなんだという理解で見るんだけど、一応怪しげなフェイントだけはかけるんで、全部肩すかしだと、流石になぁって感じがする。

ま、何れにしても決着は付けなければならないでしょう。もう、ラストの派手な戦闘に期待するしかなんだけど… どうだろう。
普通の女の子が好きというハヤテの言葉の為に普通探訪に出るナギ。そこで会うのが、ハムスター美佳子。確かにそれは普通を学ぶにはぴったりの相手。けど、その理屈で行くなら、師匠のハムスターにナギは勝てないってことになるんじゃないだろうか… ん?、ま、この際細かいことは抜きにしましょう。で、諸々やる訳なんだが、流石に歩きなれてないとは言いながらも、あれでマメが出来るほどなんだろうかとか思ったりもしたんだけど、これも細かいことなんだろうか。

ハヤテがかげながら見ているというネタは原作にもあったやつ。けど、気がつかなかったな。このネタをここでやってしまうと言うことは、ハムスター弟は出てこないってことなんだろうか。

流石にオチがなさ過ぎと思ったのか、唐突に伊澄さん大ピンチネタは、やや受け。っていうか、SPの方達が付けていたはずじゃ無かったけか? って最後まで細かい部分を突っ込みたくなる話でした。
えらくド派手な戦闘を繰り広げています。まぁ最終的にはロボ退治をしなければならない訳ですから、ある程度は必要だと思いますけど、既に人間の戦闘を凌駕しています。魔法って本当に便利ですねって感じか。

幾つか重要なネタがまかれました。が、しかし想定の範囲内というか、目新しいモノは無いというかな感じではあります。未だに二人の関係構築を続けていて、確かにそれは話的にも重要なのかもしれないんですけど、ちょっとかったるくなってきたというのが実際のところ。一応戦争をしているんじゃなかったっけって突っ込みたくなってしまいます。

どうも構成がアンバランスになっているような気がします。もう少し全体像が見えてこないとエピソードについて行けなくなってしまいそうです。いきなり話が展開するんで、びっくり箱的な要素は強いんですけど、それでももう少し素直な感じの部分が必要かなという気がします。