FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
前回結構深刻な話になって、いよいよ真面目モードに入るのか? と思わせておきながら、結局お気楽学園ものに戻ってしまいました。しかも、プリーシアったら、あれはもう、なんというかツンデレというより、優柔不断なんじゃないかな、かな。

で、ハヤウェイも、お前ワザとだろって位の鈍感さを継続しています。ん?、そろそろこのパターン飽きてきたな。周りのキャラがあまり活きてないってのも結構大きい。数は居るんだけど、ほとんど役に立ってない。

何かそろそろ工夫が居るんじゃないですかね。そうじゃないと厳しいと思うんだけどな。
スポンサーサイト



いやぁ可笑しかった。ギャグマンガとしてはなかなか絶品な回でした。こういうテンポの良さは前からありましたけど、今回は極まってましたね。キャラのばらけ方が適当なんで、こういう話を作ると悪くない。それぞれの特徴を良く出して、微妙に不条理な感じが笑いを誘いました。

しかし、鈍感なんだけどお節介っていうのが最近のこの手の作品の男キャラのトレンドなんだろうか。女の子達は彩り豊かな割に男達は代わり映えがしないような気がする。まぁ仕方ないかもしれないけどな萌えアニメなんだから。

けどまぁそんな幼女な感じの能登にも、当然のことのように秘密がありそうです。一体どんな展開をするんでしょうねぇ。芸人の精神を忘れないようにしつつも、巧いこと展開して欲しいものです。
確かに、あの状態の船で、なんせ1人でコントロール可能で、内部から爆破されても、数日で航行可能なレベルまで自己修復できるようなレベルの船が、簡単に暴走なんてするのは、異常と言えば異常。だから、何かしらの秘密があるんだろうとは思っていたんですが、結局陰謀系ってことのようですね。

で、マリちゃんの方はやっぱり浮き沈みが激しいって印象になっちゃいました。この流れ自体は事前なんですけど、1話でこうも態度が変わると、そっちの方が気になっちゃいます。記憶が無い以上、拘りたくても拘れないという状況もあるのかもしれないし、両親が自分を守ってくれたのかもしれないと解釈することで、納得したり、そういうのもあったのかもしれないけど、もう少しじっくりとやって欲しいネタではありました。

全体的に状況を転換する回で、材料は揃いつつあるという感じ。結論の方向がまだ見えてないという状態で、シバリエルにしても何を目的にしているのかは見えていない。マリの物語全体に対するポジションが定位していないというのが気になるところで、それによって萩乃の選択が変わるような気がする。オノミルは幻影かと思ったけど、実行力をもっているとなると、単なる幻ではすまされない。この辺もシバリエルの思惑と関係が持ってくると見て良いんでしょうね。

やっぱり前半がスローにし過ぎたという感じがします。ここから勢いで押し切るという方向なのかもしれませんけど、僕としては、ある程度ネタが出てきた段階からのキャラクターの動きってものをもう少し出して欲しかったなぁという気がします。それって単なる好みの問題なんですかね。