FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
おっとぉ、みかんって宣言しましたよ(笑) なかなか根性座ってますねぇ。まぁ、締めようがない展開ですけどね。でも、今回の話にしても、二人の会話をメインにして、展開しているのに、飽きずに見ていられるって部分に、良質さが感じられます。所々に挿入される他キャラのネタが良いアクセントになってます。

スージーと荻上は、絶対にキャラ違うでしょ。だって荻上は弄られ系だけど、スージーは弄り系だもんね。しかし、あそこまで女性達を虜にする同人誌の中身って一体どんなだったのか、興味湧きまくりです。

ん?、で、あと一回なんだけど、これはもう予告通り大したことは出来なさそうだね。笹原の進路すら決まるかどうか怪しい。つか、春日部さんとか出るんだろうか。ラストだからちらっとはでるのかもな。とりとめないのがらしいってのも、なかなか凄まじい。それで納得させる雰囲気を作り出したというところが凄かったってことでしょうか。

しかし、スージーって新旧のネタを取りそろえてるな(笑)
スポンサーサイト
う?ん、摩央姉ちゃんはやっぱフェイクじゃんと思った瞬間に、家庭の事情系のネタがあったの持ってこられたよ(笑) これは一本取られたって感じです。ただ、それでも、ここで摩央姉ちゃんと光一がくっついっちゃこれまでの流れが台無しじゃんってのは変わらない。なんで、やっぱりフェイクだろうな。恐らく、引っ越しとかそういうパターンのように思うけど、だとしたら摩央姉ちゃんは一度海外に出ている経験を持っている訳で、むしろ二人を応援する側に回るような気がする。距離や時間は超えられるっていう前向きなパターンかな。

これまでポジションが微妙に浮いていた明日香ちゃんがアプローチを開始するって事で、やっぱりむしろ瑛理子ちゃんの側の方が流動的な要素が大きい。今回も良い味だしていたし、ちょっと素直になった瑛理子ちゃんも可愛かったけど、決定打が無い状態。むしろ失恋も実験するってところまで引っ張ってしまった方がらしいかもしれない。

散々映画のネタを引っ張ってる訳だけど、撮影まで行くんだろうか。本命はこう展開すると星野さんさろうな。対抗に瑛理子ちゃんか。穴で摩央姉ちゃんって感じかな。あまりひねくれた事はしそうもないし、そんな時間もないから、星野さんが無難なところでしょう。その場合当然光一とくっつくのは彼女ってことで、綺麗に纏まります。

けど、3組やるにはちょっと短すぎたかな。2組にしておけばもう少し突っ込んで丁寧に書けたかもしれません。ちょっともったいなかったかな。シナリオや構成は癖がなくて悪くなかったんで、残念な感じがします。しかしまぁ、ちょっとダレ気味だったのが、さすがにラストということで、緊張感も出てきたし、楽しませてくれそうです。
[キミキス 11話レビュー]の続きを読む
福田内閣の支持率急落、原因はいずれも官僚にあり


その1は、徹底した責任の追及をすること。法的責任を厳しく問い、それを問えない部分には道義的責任を追及すること。当時の関係者は被害者と納税者に謝罪をし、自発的に何らかの具体的な形で償うこと。この問題に関係した人たちが、天下りして平然と過ごしていることは許されない。

その2は、二度とこのような問題を起こさないために、官僚制度の抜本的改革を行うこと。特に、天下りによって、官庁の民間に対するチェック機能が麻痺している現状を打破しなければならない。


ごもっとも、完全に正しい。けれど、多分不可能だろうね。だって、これをやるってことは、役人の大半を公的な業務から完全に切り離し、かつ、公務員の採用基準を全面的に見直して、同じような人間が入ってこられないようにするしかない。その位奴等の性根は腐ってる。先っぽの何人かを処分したところで、何にも変わらない。もし、やろうとするなら、手始めに、社保庁、防衛省、厚労省の役人をとりあえず8割くらい叩き切る位しないと駄目でしょうね。つか、解体だわな。問答無用で。勿論職員の全財産没収は当然。2親等くらいまでの家族も含めて没収だろうね。当事者は人権剥奪が相応しいんだけど、まぁそれは今の腐れた法律じゃ難しいだろうから、命だけは助けてやるよって感じか。それくらいじゃないと責任を追求したことにならない。禿げた頭下げて済む程度なら、幾らでも下げるわな。

絶対できないと思うけど、もしやったら、次の選挙は自民党に投票に行きますよ(笑)
行き過ぎた「個人主義」が終わり新しい「大衆」が生まれている!

一人十色なんて聞こえの良い言葉を使っているけれど、結局これって何を意味しているかというと、大衆はより馬鹿になったと言ってる訳です。何でもあるものは何でもない。つまり主体性が欠如しているってことで、それはすなわち、やや語弊があるものの馬鹿ってことです。

企業が最も効率的に収益を上げるには、消費者が馬鹿な方が良いわけです。どんな下手くそな詐欺師でも相手が馬鹿なら詐欺が成功する。そういう理屈。ずーっとそれを目指していて、ついに達成したという宣言をしているわけです。

逆にもっとも始末が悪いのが個人主義で、それぞれバラバラな主体性を持たれると、それこそ、マスマーケティングなんて成立しなくなる。だからそうなると困ってしまうわけです。消費者に売る側が個々に合わせないといけなくなります。行き過ぎたたとか書いてるけど、過去そんな状態になったことは一度もない。孤独感を感じたのは、行き過ぎたからじゃなくて、結局個人が主体になれなかったから。主体性を獲得したから個人になるのに、その順序を逆にしてしまったもんで、何にもなれないフワフワ浮いているような状態の連中が孤独になってるわけです。


以前は、主体性が何かに依存して形成されていました。信念のようなもの。常識とか通念とか、そういうものに多く依存していたわけです。この場合、売る側は依存しているものの価値観に沿ったものを提供してやりさえすれば良かった。だから、その価値観を見極めるというのが重要だったし、逆を言えばそれを見誤ると売れない。

そしてついに主体が消滅した訳です。そうなると、やり方だけでなんでも動き出す。そのやり方を見つけ出すだけ。僕が思うに、良いを喚起させてやるって辺りが重要なんじゃないだろうか。この良いを喚起するってのが重要で、既にある何らかの価値観に沿った良いではなくて、売る側で適当に価値観を定位させて提供する必要があるってことです。一番典型的なのが、偉い先生が認めたとかって奴ね。イメージ戦略だけで売れてしまうなんても、この傾向の現れ。

内容は健康とか家族とかエコとかそんな辺りが良いでしょう。馬鹿は本能や優越感を刺激してやると良く反応します。難しくしてはいけなくて、買うだけで半自動的にそうなります的なものの方が良い。宗教のツボみたいな奴だわな。自分では価値判断をしないから、実際の効果はあまり問題にはなりません。つまり内容は問われないってことです。

まぁ真面目に考えればもう少しきちんとしたものを見いだせるのかもしれない。結局、個や集団の消費者は存在していないのだから、そんなものを想定するこれまでのマーケティングなんて意味が無くなってきたってことでしょう。鼠を踊らせる笛を吹く、あるいは蛾を群がらせる明かりを付ける。そういう方法が重要になってきたってことですね。
年金問題:記録漏れ対策に298億円計上…政府方針

えっと、計上するのは結構ですが、この財源は当然社保庁の職員や元職員、あるいは政治屋の報酬カットや財産が当てられるってことですよね? まさか、税金を使うなんてことはないですよね? あそこまでお粗末なことをしておいて、そのツケをまたまた∞またまた国民に回すなんて、そんなことはしないですよね?

つか、なんでまだ社保庁の職員に人権が認められているの?
とっととこの世から消えて無くなれよ。
強姦致傷事件で無罪の男性、愛知県と国提訴 岐阜地裁

損害賠償請求というのは、どうやって計算したんだ? って額の請求が少なくないんだけど、今回はに関しては偉く控えめだなって気がする。正直、倍くらいは請求できると思うね。とっとと、国と県と司法と酒なんて飲んでた癖に被害者面してる図々しい腐れ女で頭割りして欲しい。冤罪に関してだけは、特例として扱ってそれが確定した場合は、それに関わった連中に無条件に報いをくれてやる仕組みが必要だろう。

そうじゃないと、人に冤罪をなすりつけるというリスクが低過ぎる。それじゃなくても、警察の捜査の信憑性は昨今は全くと言って良い程信頼できない。当然のごとくトンデモ裁判官を大量飼育しているような裁判も信頼できない。ついでに言うと立法している連中も信頼出来ないという三重苦で、この国の法律システムは、ほぼ完全に崩壊していると言えるのに、それを悪用するのがローリスクというので話にもならない。合法ヤクザが非合法ヤクザよりも質が悪くなってから、もう随分経つ気がします。

せめて、間違いが発覚した時くらいは、権限に応じた責任というものをとってもらうという仕組み程度は機能させて欲しい。それも出来ないとなると、社会との関係を断絶するという選択をしたヒッキーが最終的には勝利者なんてことになりかねません。
FC2テーマ:裁判 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
私的録音録画小委員会のパブコメ無視に対する反応まとめ

凄い。なんか熱血してますね。確かに仰ることはごもっともという感じが個人的にはします。恐らくネットユーザーの結構の割合がここにまとめられている意見に賛成なんじゃないでしょうか。ここまで来て中身について云々することはしませんが、一つだけ言えるのは、

権利者と文化庁はネットユーザーを完全に敵に回した

ってことでしょうね。本当に愚かな奴等です。