FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ある意味一番やばい時期の話。この後どう処理するのかちょっと楽しみ。話数が無いだけに処理によっては作品全体のイメージが変わってしまいます。それだけに上手く処理しないといけない部分です。ただ、ところどころに綺麗な前振りがされているし、表現も上品で的確なんで、この段階としては良い出来だと思います。

原作に追いついてきてしまったところで、何らかの結論を出さなければならないってことで、ここからがアニメスタッフの腕の見せ所でしょう。白ちゃんのネタとか、美々ちゃんのネタとか見たかったなって気がしますけど、その辺は時間がなさそうです。まぁ仕方ないかな。

基本的に凜ちゃんの心の不安定さと、言動との結びつけと、それに対する周囲の大人の対応、さらにそれに反応する凜ちゃんというのを、行ったり来たりするのが基本的な流れで、結末ってのはなかなか付けづらいものがある作品です。けど、それは最初から判っていた事なはずで、是非その辺は上手く処理して欲しいです。
スポンサーサイト
過去の因縁パターンですか。なんかそういうのが多いなぁ。しかも唐突にそういう設定が出てくる。まぁこの際この作品に整合性を求めても仕方ないかもしれませんが。能登にしても、変人ってのは判りますけど、いきなりトラウマがありますとかってもってこられても、ちょっとなぁという気がする。無理無理な感じですね。なんか、そういうのが無いとキャラとして駄目だ的な風潮があるようなので、取って付けたってことなんでしょう。

で、感動のお別れをした風子も何気に出てきてるし… もう何でもアリだなこれ。
それぞれの単体。つまり、萩乃の心情表現、マリの心情表現、寮生達との関係、異星人の言動、そういうものは、ボリューム不足の感があるものの、悪くない。悪くないんだけど、それぞれの関係性があまりにも弱い。だから全体に纏めてしまうと、繋がりが悪くて、構成が良く読み取れない。

例えば、萩乃は最初は単なる罪悪感から艦隊を離れたとしか思えないんだけど、自艦の仲間も大量に失っている訳で、その価値観が良く判らない。マリに会うまで何故あの学校に居たのかも判らない。マリに対する当初の奇異な行動もはっきりしない。最終的に味方を裏切る訳だけど、それもマリに対する愛故にってこと? そこまでの感情が育まれたという感じがしない。

マリにしても、萩乃に興味を持ったのは記憶にかすかに助けられた記憶があったからってこと? それにしても、両親を殺した異星人ですって言われて、そう簡単に受け入れられるのかって部分が釈然としない。それは萩乃との関係性描写が弱いから。寮生達にしても、恐らくは萩野の決断に一定の方向性を与えたって事にしたいんだろうけど、マリはともかく萩乃と寮生達の関係性ってのはあまり描かれてない。

どうしても横軸の弱さが目立ってしまいます。だから話の展開の必然性が見えない。それぞれ個々に見れば悪くないだけに勿体ないなぁという気がします。どうせなら、マリとの関係性だけに絞り込んだ方が良かったかもしれない。そして、マリの変化が萩乃を受け入れる要因になるという流れの方が自然だったかな。

けど、もうこの状態で纏めるしかない訳で、しかもかなりの時間を戦闘に割かなければならない訳です。結構厳しそうだなぁ。演出は綺麗なんで、それなりに見られる形にはしてくれるとは思いますけど、もう少しって感じかもしれません。