FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
所詮ワームのやる事って言ってしまえばそれまでなんだけど、仮に音羽を手に入れるというのが目的だったとしても、あそこまで圧倒的優位な状況から、一発逆転を許すようなギャンブルをする必要性は全くないでしょう。そもそもなんで音羽を欲しがるのかが判らない。ワームと相性が良いというのは判るけど、それがないと困るというような理由が見あたらない。どうせ描くならその辺りまでしっかりとやって欲しい。

結局、出来レースっつーか、勝つ為にそういう設定しました見たいにしか見えないんですよね。それじゃ何の為にここまで戦ってきたのか(あんま戦ってないけど)判らないでしょ。今回の作戦の前にワームが総進行をかけてきた理由もさっぱりですわ。

結局女の子達を見せることがメインで、戦争とか戦闘なんて適当に作りましたって感じがしてしまいます。でも、作品コンセプトとしてそれじゃ駄目だと思うんですよね。そう言う部分は相応以上にシビアに描かないと。結局2クールもやった割には中身が薄くて、話もいい加減だったなって感じがしてしまいました。
スポンサーサイト



まぁ、少なくとも、これはハヤテじゃないなってことは判ります。元々執事バトル系は吹っ飛んでいましたが、今回は輪をかけて飛んでました。まぁ確かに勢いはありましたね。ほぼ全編バトルアニメになっていたから、それはそうなんでしょう。それをどう受け止めるかは微妙なところなんですが、まぁ実験としてはそれなりって感じでしょうか。

どうしても、アニメはキャラクターの特徴的なものが強調されすぎているなぁという気がします。そこまで極端にしなくてもって表現がしばしば見られます。原作は淡々とという感じで進んでいるので、どうしても派手さが足りないってことなのかもしれませんが、それにしても行き過ぎって感じることがありますね。今回もそういう部分がありました。

で、装いも新たにする次回からは、いきなり原作ネタってことで、少し戻すのかもしれません。まぁまだ出してない原作ネタも結構残っていることだし、たまにはハヤテらしい話を見たいなって感じがしますね。
多分、種まきはしているんだろうなぁという気はします。かなり丁寧に状況を描いていて、徐々にそれが変化していく様というのが見えています。ただ、どれがそうなのかという部分が捉えられない。非常に微妙なものになっているんじゃないかと思います。

二つの世界というのがあって、それが交わる。3人のキャラクターがそれを媒介している。ただ、それが何故起こったのかとか、そう言う部分はさっぱり判りません。更に、昔の誘拐事件がしきりに出てきているってことは、それとの関係も最終的には出てくるんでしょうが、それも現段階では全くかすりもしない。

軸は幾つか見えているんだけど、それが交わろうとする気配が無い。だから、話が淡泊に見えます。で、手懸かりも見えないので、作品のどこを見ればいいのかが判らない。なんか、空気を掴もうとしているかのような感じ。空気は無では無いけど、適切な手段で無ければ掴むことは出来ない。それを知らない人間には無いのと同じ。ってことで、どう解釈したものか正直困っています。

もう少しすれば見通しが立つのかなぁ。
結局戦争とかなんとかってのは、全部おまけって結論になりそうです。ハヤウェイとプリーシアの二人がくっつけばそれで終了って流れですね。まぁプリーシアは王族ってことで、ツンデレを極めているって設定なんですけど、それにしてもちょっと無理があるかもなぁと思える展開も幾つかありました。

結局、ツンデレ娘話を作ると、どうしてもデレになるまでの過程を描かなければならなくなって、同じようなネタになってしまったり、同じような状態を行ったり来たりになってしまったりというのが宿命になります。当然それが面白いのは最初だけで、時期に飽きてしまうというのも同時に宿命なんですが、今回もまたそれを打開することは出来なかったようです。

折角色々と設定があったにも関わらず、ほとんど使えませんでした。キャラの数も居た割には生きてません。エロ&ギャグの路線はそれなりではありましたけど、もう少し何かが欲しかったところです。

一応ラストは何か仕込んで居るみたいですけど、1話だしねぇ、それほど大ネタってことは出来ないでしょう。結局全体的になおざりって感じになってしまいました。