FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ほぼ完全に想定通りの展開で終了。まぁ後一話じゃこんな感じしかやりようがないわな。結局、秘密を打ち明けあって傷を舐め合うという展開でした。完全に失敗作と言えるでしょう。がっかりです。

efと比較してみると判りやすいです。みやこの例だと比較してしまえば菜々香よりずっとトラウマは軽い。菜々香の場合出生にも問題があるし、火付けの犯人は父親、実の父は既に死亡ですから、それはそれはという状況。けれど、そういう感じがまるで出ていない。その理由は簡単で、ネタを暴露してから、天照になってしまって、全く彼女に対する表現がされていない。佐菜視点になっている訳です。で、次に出てきた時には自殺してる。

対して、みやこの場合、描き込みの主体は彼女自身だったわけで、その対象となる広野についてもきっちりと表現されています。病的に見える行動もだから整合性が得られる。しかも安易に死という選択をしなかったが故に引き込まれるという部分もある。

もし、どうしても今回のような展開にもっていくなら、事前に佐菜視点で物語りをもっときっちり展開しないといけない。佐菜の過去なんてとっとと視聴者には明かしてしまって、物語の生活の中で彼がどう感じ、どう変化してきたのかという部分を見せるべき。

かつ、菜々香が死を選択するなら、その鍵を佐菜が握らないといけない。菜々香は記憶が無くなっていたという設定だからというのがあるのかもしれませんが、佐菜に対する関係性が中途半端。だから菜々香が勝手に行動をしたという風にしか見えない。勿論それに値するような過去を抱えているのかもしれませんが、そんなことは見ている側からしたら他人事でしかない。佐菜にも菜々香にも感情移入がしきれてないから、どうしても客観視してしまう。すると、死が菜々香の必死の選択であったとしても、こちらからは他の選択肢も見えてしまうし、佐菜によって救われたという感覚も薄くなる。だから感動が無い。

更に言うなら、双子、金朋、ロリっ娘は全く生きてない。つか、彼らは物語上、無意味で必要ですらない。彼らの存在を定位させるなら、やっぱり佐菜の心情に突っ込まないといけない。そこが薄いつかほとんど無いから、奴らは一体なんなんだか全く理解できない。うーん、最初はもう少しまともな話になるかなって思っていたんですけど、残念です。物語、構成、シナリオ、演出、キャラと全部まとめて赤点です。

最後に、些末な点を、
・ミサンガは10年なんて言わず数年も付けていたら真っ黒です(経験者談)
・10年後ってことは20代も後半。それで姉弟でお手々握ってたら、噂もあながち…
・先生歳取りませんね。嫁に来ませんか?
スポンサーサイト



霊感商法:「息子には特別な能力」…「神世界」教主の両親

笑える。既に商品体系かされて、一回ナンボになっている時点で、俺なら帰る。もしくは成功報酬だろうね。それ以外で金を出すってことは、あたればみっけもので騙されても文句なしって意味だと僕には思えます。

やっぱ、これに騙された奴ってアホだわ。
小栗旬「オレは許せない」 「KY」現象に批判噴出

空気って一言で言うけど、かなりの幅を持って使われていると思います。底辺を見れば、許せないというのも判るけれど、読んでもらわないと困るという場合だってあるでしょう。それらを一緒にして、善し悪しを紋切りに語ってしまうのは危険な気がします。

で、引用の中に「共通前提が壊れた不安から起こる現象で、極端になりがち、結果民意が低下している」とある。はて? 言ってることが良く判らん。共通前提に則っていた状態が民意が高いと言えるのかね。僕にはそうは思えない。高いどころか無いんじゃないだろうか。それが崩壊したというのが事実なら、喜ぶべき事で、そこから個人の自立にいたる過程に今あって、そのための混乱であるなら、それはプラスに解釈するべき何じゃないだろうか。勿論、その結果として結局訳の分からない仮想権威に依存することになったというのは避けたい訳で、だから個人であっても責任の追求をきっちりとするべきで、過度な保護は状態を悪化させることになる訳です。つまり、そんな空気は認めないと、断固とした態度で望むべきでしょう。

何れにしても、なんらかに寄りかかっているものは、厳密な意味でも民意とは言えないと僕は思うわけで、民意が低下しているという表現は間違っていると思います。最初から無いものが変化しても低下という表現は使われません。宮台はどうも頓珍漢というか、本質を捉え損なっている事が多い気がします。

で、元ネタになっている俳優の発言ですが、内容そのものは立派なものです。善悪の基準はちゃんと持っている。と言っているわけですから、素晴らしい。ただし、その基準で判断し、言動に移す場合、これまでと同じ責任でそれが行使できると思われては困ります。空気でも前提でも権威でも良いんですが、そういうものに判断を譲り渡すと言う行為は、自分の責任を回避するという効果が見込めました。だから、大抵の人は無責任で居られたわけです。けれど、そこから自由になって、自分の判断で何かを行うという場合、それは当然、その結果に対して自ら責任を追う必要があります。そこまで判って言っているなら、素晴らしいなと思います。
FC2テーマ:社会 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
東芝の新HD DVDレコーダ「RD-A301」の録画速報

「GOMPlayer」という多コーデック内蔵のフリーソフトで再生が確認できた。


ほほぉ、一応PC上で再生出来るソフトが存在するというのは大きいです。画質と言う部分も重要ですが、結局自分自身じゃないと再生も出来ないというのじゃ、それって意味あるの? って感じになってしまいますから。

H.264の扱いは難しくて、どう考えても画質は落ちる方向に振れることが想定できて、かといって、ダビングの段階でエンコードというのじゃ怠くてやってられない。保存を前提としないのであれば、TSで撮って消してしまえばいいんでしょうが、迷った場合も含めて保存を視野に入れようと思うと、最初からH.264で録画したくなります。ただ、301の場合、HDD容量を考えても、TSを多用するのは危険かもしれません。

画質に関しては言及がないので、自分で見て確かめてくれってことなんだと思いますけど、実際にはPCで見たのとテレビで見たのとでは印象が変わるからなぁ。それは店舗で見た時も同じかもしれない。新しい技術ってのは、確かに画期的なんだけど、その分判断が難しいですね。
すっかり1クールだと思いこんでいたんですが、2クールということで、そうなると、どんな展開でもできそうです。というか、大抵の場合、ここまでで成立しているペアってのはヤバいという流れになります。で、その例に今回も漏れることなく、ここまで良い感じだったにも関わらずヤバげな空気が流れ始めました、。

そもそも、最初に占いを強調していたってのが怪しげで、ラッキーアイテムをゲットした一輝と明日夏ちゃんに対して、スルーしてしまった光一と結美ちゃんこの対比がなかなか意味深でした。

優美ちゃんはどうやら居なくなってしまうというのが迫っているようなので、それをどう乗り越えるかが鍵なんですが、ひょっとすると、そのままって流れなのかもしれない。当然その場合、光一と摩央姐さんという取り合わせが考えられます。甲斐君が浮きますが、能登か? いや、それはなぁ… 明日夏ちゃんや瑛理子ちゃんというのも考えにくい。すると、彼もアメリカに修行とかそういう流れか。

で、瑛理子ちゃんはなんか良い感じになってきてはいるものの、どう考えても一輝とは噛み合っていない様な気がする。するとやっぱり失恋も実験するって流れかもしれない。もしくは柊か。能登がどうなるのか判らないけど、現状のポジションを維持するなら、柊という線もあるかもしれない。

ともかく、まるまる1クールあるとなればどうとでも出来るでしょう。一旦駄目になりそうにしておいて、元鞘ってこともあり得ます。ただ、ペースが極端に上がるとも思えないので、淡々と進むでしょうから、それ程ごちゃごちゃという訳では無いんじゃないかと思います。一波乱、二波乱程度かな。素直な流れはそのままにって感じなんじゃないでしょうか。

しかし、女の子が泣いているのに「深い意味は無い」ってことはないだろう光一君。