FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
状況はどんどん進行して行ってるなという感じがします。けど、ペルソナの存在自体を謎にしているからどうにも歯切れが悪い。最初から当人にも意識できる形で出てきているし、それに関する事件が複数起こっていて、人死にまで出ているって認識もしたということで、そろそろネタ出ししてくれるんじゃないかと期待しています。

ひょっとすると、1クールでネタ出しで折り返しとかそういう構成の可能性もあるかな。このペースを考えるとそれもあり得そう。とりあえず、二つの陣営があって、双方ともそれなりの組織力を持っていそうだというのは判りました。後はペルソナに関するルールが出てくれば、徐々に話が見えてくるかもしれません。

何れにしてもそれらが出揃ってやっと初期設定が完了ということになるはずなんで、出来る限り早い段階で出てくることを希望したいです。
相変わらず情報だけが出てきて、それらが繋がってません。他の番組とスタート時期が違うので錯覚してしまうのですが、まだ12話なんだな。これは後半にはいるまでこのペースって感じでしょうね。

断片的にしているので、情報量の割には謎が謎のままで残っています。が、それは同時に話が全然見えてこないという副産物を生んでいます。やり方が極端なので、緊張感は維持しているものの、見ていて結構苦痛に感じることが多い。

ほとんど色気が無かった状態から都が少し絡んできたというのが、見ている側からすると唯一の救いなんですが、それにしても、やっぱり初期設定に十数話というのは、複雑な話だったとしても長いですね。
やっぱり原作1話で30分の話を作るのはどう考えても無理があるな。しかも毒気が抜かれてるから、インパクトが落ちてるし、ネタとして意味が通じてないところもあるし。かなり厳しい。結果、本来描きたかった部分が相対的に弱くなってしまっているって感じました。それにやっぱりこの時期にこの話を持ってくるのはタイミング悪いって気がする。

次回は、ナギの漫画の話らしいけど予告を見るだけでも相当苦しそうだ。原作のネタってもう残ってなかったんでしたっけ? 素直に2本構成とかにした方が良いと思うんですけどね。
西村監督は、やっぱりキャラクターの細やかな心情表現が上手いですね。少なくとも今のところは、特に変わった事件がある訳でもないし、愛子ちゃんまで眞一郎寄りとなると、下手すると単なるハーレムものになってしまうんですけど、丁寧なキャラ描写が話を一段深めてくれています。

比呂美ちゃんの心情を明らかにしていく過程が、眞一郎視点で程良い遅さで進行しています。これ普通にやられれば絶対怠いんですが、細かい部分の表現が効いているので、飽きずに見ていられます。とはいえ、比呂美ちゃんがああいう性格と境遇ですから、どうしても動きが少なくなってしまうところを、乃絵が良いアクセントになってくれています。逆に乃絵のある種の奇行をあまり強めにしてしまうと、どっかの変人集合アニメみたいになってしまう。そうならないところで止めています。その辺のシナリオバランスが上手いです。

人間ってのは、それ程単純には出来ていなくて、ちょっとした事でも結構複雑な心情変化を見せます。それが表現できればキャラに深みが出るのは当然なんですが、作品に反映させるってのは言うほど簡単な事じゃない。だからどうしてもシチュエーションに頼る方向に走りがちになるんですけど、エピソードが目的の為に置かれているってのが見えてしまうことが多い。そうなると一気に興醒めしてしまう訳です。それを、純粋にキャラ描写から入って行って、それを成功させる事が出来れば、特に大きなエピソードを持ってこなくても作品は成立します。けど難しい。

キャラが成立しているから、その心情を汲みやすい。だから今回の立ち聞き事件でも、その思いの元や受け止め方が非常に理解しやすいです。これぞキャラ描写って感じですね。何話見ててもキャラが何考えてるのかさっぱり判らない作品もありますが、僅か数話でここまでキャラを立てて、感情移入させてしまうというのは流石です。
さすが元ネタゲーム。前回までの話と完全に断絶しています。それは風子編からことみ編に行った時もそうでしたからいまさら驚くこともないかもしれませんが。一応本筋に戻ったという感じはしました。

顧問争奪戦って事になっていますが、仮に顧問が獲得できても、部員が名前貸しばかりでは演劇なんて成立しないってことが忘れ去られてます。つか、部長ですら演劇の経験はほとんどないとかって設定じゃなかったでしたっけ? きっと最終的には名前貸しって言葉を忘れ去るってのがお約束ってことなのかもしれません。

言っても仕方ないと思いつつ言うと、本気で演劇部を復活させたいなら、少なくとも脚本とか演出プロットとかを作成するのが先で、それをもって勧誘なり顧問捜しなりしないと、成立するものもしないんじゃないかって気がします。この辺り、演劇部を復活させるというのが口実になっているんじゃないかってのが見えてどうもいやらしい。

元々話の構成に整合性をあまり求めていない作品なんで、深く考えずに感じることが必要なんでしょうね。
予想通り前回の話はまるっと意味無しにされました。ひょっとすると、近衛史菜関連の話も全部意味無しになるのかもしれません。で、今回の話の6割は何が起こってるのかさっぱり判りません。マルコシアスが付いていけないものが見ている側に付いていける訳ありません。

15話にしてこれが始まりって、お前一体どこのエヴァンゲリオンだって言いたくなります。結局、その程度の話しか用意されていないってことですね。1クールでやるべき話です。これは前作も同様。だから無駄話が多くなって、怠い。

トンデモ設定が隠されてるから話は見えない。整合性もあったもんじゃない。話として成立しているかすら怪しい。まぁそれがシャナだって言ってしまえばそうかもしれませんが。
良い感じに順調に進行してます。話的に無理があまりないし、変に引っ張ってる感じもしない。大がかりな設定の割には自然に推移しているんじゃないでしょうか。ともかくまだアヤカシってのがなんなんだかが不明って部分だけだけが気になるところで、それはもう少し後にネタ出しでも良い。悠の現状認識レベルが徐々に上がっていってますから、折を見てって事でもなんとかなるかもしれない一応これで一段落なので、次の話を展開する時にもう少し進展してくれることを期待しましょう。

で、ロリ系清水愛登場。全般的にキャラデザインは好み。パムは可愛く描けていたと思います。強いと見せかけといて、実はエイムは手抜き。アヤカシと一口に言っても能力差があまりにもありすぎるのが気になる。その辺の仕組みは早めに出した方がスッキリすると思います。そうしないと、苦戦が単なるポーズになってしまいます。戦闘がどうしても多くなってくると思うので、条件の提示はやっぱり必要でしょう。

まだ、話は見えてきていません。もう一つ位エピソードを挟んで本筋って辺りかな。
うわ、なんかベッタベタだ。しかも中身はサービス回って以外にほとんど無い。はまじの正体が出たくらい? しかも、それ自体には意味無いし。つか、前回あの終わり方して、何も無しでいきなり海ってのはどうよ。君たち何しに橋まで行ったのさ。こういう引き延ばし方はちょっと引く。

結局、はやみが登場したラストだけが重要なんだけど、それですら次回にちゃんとフォローされるのかかなり怪しい。ゆいと弘瀬の関係が未だに掴めないんだけど、どういうこと?

なんかもっとシリアスな話だったと思ったんだけど、所詮元ネタエロゲーって奴なのか。気がつくとハーレムモード入ってますけど。まぁキャラクターを見回した段階でそうなることは必然だったのかもしれない。
FC2テーマ:H2O | カテゴリー:アニメ
トラックバック:6 | コメント:0 | Page Top↑
はてなブックマーク 匿名至上主義者には、実効的かつ受け入れ可能な対案がなく、かつ、妥協の余地がない。

ネットの匿名性に執着する方々からそのような提案を聞くことはまずありません。


どこまで調べてそう言ってるんだろ。僕が読んだ限りでは、多くの、しかも十分な対案が出ていたと思うけどね。結局、実名じゃなきゃ駄目だって前提があるから、トレーサビリティとか言っても、ハァ? としか思わないんだろうね。これで弁護士が勤まるってんだから、法律や裁判ってのが如何に信用できないか良く判ります。

匿名での発言ってのは飲酒状態と同じ。って僕も相当暴論だけど、こいつには負けるわ。兆歩くらい譲って、仮にこれを認めたとしても、現行の法律では、酔っぱらいだからって公道歩いちゃ行けないってことにはなってない。だったら、匿名で昨日のテレビは面白かったって書くのだって問題無いんじゃない? 人命に関わるような酒気帯び運転に相当するようなネット活動ってどんなだよ。是非教えて欲しいものです。

それ以前に比喩として成立してません。匿名を無くせってのは、酒気帯び運転を無くせじゃなくて社名を書いた業務用の車以外を無くせに近い。あるいは、車には誰にでも見えるように実名を記述しておきなさいか。実名を公開してまで発言することに意味を見いだせ無ければ発言するなって言ってるのとほぼ同義。ナンバープレートで何の問題もなく運用出来ているってのがハンドル名と同じ意味だってことに気付かない。あり得ません。

ひょっとして、自分達の悪事が匿名で暴露されるのを恐れてるとかなんじゃないかって位の妙な反応です。マイノリティ云々とか言ってますけど、それを「俺達のようなエリート」に置き換えて、誹謗中傷を防止するじゃなくて、既得権益を守るに読み替えると、凄く言いたいことが伝わってきます。

結論ありきなんだろうな。だから相手の意見をまともに聞く気が無いってことがこのエントリーで証明されました。いやはや。もう、相手にしたくないんだけど、こういうのに限って声だけ大きくて、しかも既得権益を守る側には重宝されるから、専門家とか言われて担ぎ出されるんだよなぁ。本当に迷惑な奴だよ。

さらにおまけ(はてブのコメントから)

現実社会では、多くの女性は、実名を晒しながら社会経済活動を行っているわけですが、女性従業員の安全のためには企業はハンドル名での雇用契約等を認める必要があるでしょうか。


アホだこいつ orz
企業がその情報を公開してるかよ。そう簡単にはしねーだろ。しつこいくらいそういうことはするなって言われてますがね。企業に実名を知らせるのは、ISPに実名を知らせているのと同じだろ。しかも、全ての人が企業に就職している訳でもない。そう言う人達には社会での活動を認めないとでも言うつもりだろうか。

脊髄反射にしてもレベルが低すぎだわ。
【法廷から】晩年汚す3度の痴漢

裁判官「病気でしょ?」
被告「自制心が弱かった」

裁判官「こんなに繰り返すのはどこかおかしいんでしょ。今、この法廷にいる人たちは、あなたよりはるかに若い。その人に諭されて、どういう気持ちがしますか?」


相変わらず酷い物言いです。幾ら相手が犯罪を犯したとは言え、裁判官という立場の人間が、裁判中に言う台詞とは思えません。あんた一体何様? 裁判官は偉いんだとか勘違いしてやいませんか? こんな考えの奴が公平な判断なんて絶対に無理だと思えます。

つか、「はい、病気です。病気だから無罪ですよね?」
って言ってやればいいのに。つか、裁判官の方が明らかに病気だよ。

地裁とは言え、こういう奴等が沢山居るんだろうな。恐ろしい話だよ本当に。
この台詞だけで、十分クビにする理由になると思うね。いや、それ以前にこれこそ犯罪なんじゃないか、しかも痴漢なんかよりも余程重要なんじゃないでしょうか。きっと、こういうことを三回以上繰り返してと思うよこいつ。
FC2テーマ:裁判 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:3 | Page Top↑
ドイツ1部、ボーフムから小野に正式オファー 1月末の獲得目指し

あちゃ、夏まで保留かなぁと思っていただけに痛いかも。で、そうなるとボランチは誰? 啓太と阿部の2人にお任せ? それも厳しいよなぁ。阿部を上げたなら、後は誰? 堀之内? 内舘? それとも細貝とか近藤辺りを使うのか?

長谷部、ネネが抜けて、どこでもこなしてくれる小野も居なくなるとなると、やっぱり後がちょっと不安。けどまぁこれくらいないとサブ組にはチャンスが無いんだろうけど… やっぱターンオーバーにはしないんだろうか。

怪我があったとはいえ、あまりにも使って貰えないとなると、力がある選手は当然移籍を考えてしまうよな。コンサバが駄目とは言わないけど、クラブ運営としてはその辺も考慮して貰わないと厳しいと思うんだけどね。
「東京だから」という病

これも原則は以前のバカのコラムと同じ。つまり、親切にしてババを引くのは自分だから。親切にしてやってもし、それが間違っていたらヒステリックに責任を追及してくる奴が居るだろうことは容易に想像できる。親切にされるのは当然で、親切を受ける以上高いサービスレベルを要求するって概念があるからそうなる。触らぬ神に祟りなしって奴だ。

更にこれが暴力事件なんかになれば、ことは更に深刻になる。見知らぬ女子高生が殴られて、正義を奮い立たせ何するんだなんて言って、刺し殺されでもしたら目も当てられない。それも当然あるけど、最悪、彼に何言うのよなんて女の方に言われかねない。そりゃあ救われないわな。

前後の事情が判らなければ、どういうことなのかの判断は不能であるというのが大前提。都市部というのは、地方ほどには人間関係が単純化出来ない。だから想定も不可能。自分が判っていないことに助言は出来ない。それは良いか悪いかという話じゃない。好きか嫌いかはあるかもしれない。嫌いだというなら地方に住めばいい。なに、それ程遠くなくても、新幹線で1時間も行けば大分違うだろう。

ちなみに、違う方向の電車に乗ってしまったこと自体はJRの不親切にも問題があるけれど、東京で乗って府中までそれに気付かないというのは、自分の責任。東京駅のこのホームを使うことはほとんど無いから判らないんだけど、どういうルートなんだ? 同じホームから中央線が出てるのか? それならせめて新宿辺りで気付けよ。それともまさか武蔵野線直通に乗ったとか? 浦和や所沢通ってるのに終点まで気付かなかったって奴? 爆睡してただけだろそれ。責任転嫁もほどほどにな。
[嫌なら田舎にすめばいいんじゃね]の続きを読む
ネットの健全な発展へ政策の方向性を検討、総務省が懇談会を設置

インターネットの「健全」な発展。
健全。
健全って何ですか?
不健全って何ですか?
まずは、その定義をはっきりさせてくださいよ。
その上で、本当に健全な発展が必要なのかを決定しましょうよ。

駄目だ総務省。いや、判ってたけど。
警察庁、取調べ監督部門を創設へ 無罪事件などで

笑える。犯罪のエキスパートで、警察の内部情報にも詳しいのに、これで本当に問題が解決できると思ってるの? 「警察の捜査に対する国民の信頼が揺らぎかねない」って、もう揺らぎまくってますよ。崩壊していると言っても良いくらい。こんなの所詮内部規定でしかない。隠蔽しようと思えば幾らでも出来るし、証拠の捏造だって幾らでも出来る。内部の部門の連中が適切ですと言ったところで、信頼性ゼロだろどう考えても。

長時間の取り調べを原則的に回避し、午後10時から翌日午前5時までの取り調べや1日8時間を超える場合には、事前に所属長の承認を求める


って、何? 所属長の承認がアリさえすれば、それもアリってこと? あり得ないでしょ。取り調べの全行程の録画、録音の義務付け。これは当然。容疑者に求められた場合の弁護士の立ち会い。これを拒んでいる以上、信用してくださいって言っても無理だわな。それってあんた達がやる論理でしょ、やましいことがないなら見せなさいとかって奴。人には要求するくせに、自分達は応じないって段階で駄目だろ。

実は「優秀者は表彰し、昇任や処遇に反映させる」ってのが目的なんじゃねーの? 優秀かどうかなんて、検証のしようもねーしな。要は利益供与権が増えたってだけなんじゃね? だってそうとしか見えないだろ。これを見て再度、警察は我々の敵だということを確信できました。
しかし、アキラちゃん最後のシーンの作画は気合いはってましたねぇ。とても同じ作品とは思えないレベルでしたよ。常にこのレベルで行ってくれれば、見ていて楽しいんですけどね(笑)
※ と、思ったらここの作画は西田女史だったらしい。流石だ。

いや、もうどんな設定が出てきても驚きませんよ。えぇ。ただ、トアが瀕死という設定はなるほどとは思った。どう考えても、あの中で圧倒的に力を持っているはずで、本気になれば瞬殺できるはずなのに、なんで人間の影に隠れているの? ってのが謎だったんですが、そういうことですか。これで基本的にはお姫様モードに入れるって寸法です。で、いざとなったら最後の力を振り絞ってとか、そういう超技もアリになった訳だ。これは美味しい。

で、マキナ暴走。ん?ウィドーとかギオはなんで暴走しない? 単にパートナーというだけでは駄目ってことですか? だとすると、逆に言えばパートナーが居ても暴走するって可能性もあるとか?

で、ジルアードの姉ちゃんもドラゴン関係者らしい。一体どうなっているのかその辺はまだ良く判らない。オリジナルドラゴンの寿命が著しく限定されているというなら、地球産ドラゴンはなんでそうなっていないのか。そこまでドラゴンの生態をコントロール可能なら、トアもなんとかなるんじゃないのか。いや、その前にタナトスと勝負してなんとかなるようなものなのか。

今のところ、なんだかんだで辻褄は合わせてきてるなって感じはするんですが、どうも後出しなのでイメージはよろしくない。けど、ちゃんと設定されているというなら、その辺も何らかの解説はしてくれるんでしょう。ここからは色んなネタが一気にでてくるんでしょうから、色々と期待したいです。
話としては悪くないんだけど、作画がちょっとなぁ。あんなの摩央姐ちゃんじゃないやい。ダイエットが失敗したみたいになってるじゃんか。折角の優美ちゃんの水着姿も台無し。普通ならどうしても駄目ってレベルじゃないんだけど、この手の話は作画命でしょう。一気に醒めてしまいますよ。それが残念。ここまではそれなりの作画だったように思えるんだけど。最近携帯で見ていたりしたから気がつかなかっただけ?

これは前から思っていたことなんだけど、作品的にもキャラの心情変化ってのを追っていく必要があって、それなりに出来ていたとは思うんですが、摩央姐さんだけはちょっとという感じがする。光一に対する気持ちってのをもう少しはっきりと描いてくれないとちょっと気持ち悪い。まぁそれを描いてしまうとネタバレにもなるし、高校生の恋愛感情なんてそんなはっきりしたものじゃないって言われればそうかもしれないけど、それにしても妙な印象を受けます。その分他のキャラは判りやすくって、優美ちゃんや明日夏ちゃんは、真っ向勝負。その中で瑛理子ちゃんの不器用さがやっぱり可愛らしい。

けど、散々邪魔されてきた優美ちゃんも遂に念願成就。これはポイント高しですね。話数的にまだ少し残っているから、思わせぶりな感じをもう少し続けるのかもしれない。次回は瑛理子ちゃん回みたいだから、そっちを先に展開させておくんだろうな。遂に明日夏ちゃんに実験のことがバレるみたいだから荒れるかもしれない(笑)

これから佳境だと思うんで、作画の方はOne Please. (c)Ana Coppola
折角初の艶っぽい話のはずなのに、雰囲気ねぇなぁ。ガラハドの相手はリタとばかり思っていたんですけど、まぁ今回はティナメインってことなのかもしれない。けど、最後の最後までティナの勘違いってオチだと思ってましたよ。つか、今でもそう思っていて、多分そういう話が後から来るなって気がします。

とは言え、こうやって後ろまで引っ張ろうって構成なんだから、もう少しティナの心情を上手く表現して欲しかった。勘違いするにしたってもう少し上手くやって欲しい。

敵を追ってばかりじゃ話は続かない。かといって、一期と違って急がなければならない理由もない。だからこういう話を挟む時間が取れる、別の言い方をすればこういう話が無いと話が進まない。エピソードを通じて最終的に何が描きたいのか。ティナの変化ってのが一番判りやすい辺りなんだけど、それについては今のところもう一つという感じがします。もし、本当にそういう方向であるなら、ティナくらいはもう少し丁寧に描き込みましょうよ。
のっけから能登登場。けど、微妙にドジ臭い。とりあえず、新展開をするんだろうなぁというのは判った。敵だか味方だか判らないキャラを出すというのは定番。今回はキャラ紹介って感じで終わってしまいましたけど、次回からは少し物語に幅が出来るかもしれない。というか、そうしないと話が作れないといった方が正確かも。

だた、もう16話だし、マユキが覚醒するのに必要な条件も良く判らないので、あんまり悠長にはしていられないと思える。んだけど、きっとのんびり行くんだろうなぁ。で、突如覚醒いや、本格的な覚醒はしないまま終わるのかもしれない。

まだ小学生って設定だしな。当面の問題が解決できればそれで良しって方向なのかもしれない。
Jobsは腹を切って死ぬべきである

Appleのやり方というのは、資本主義的には全く持って正しい。つまり、俺達を儲けさせてくれれば、お前らに相応に良い商品を安い価格で提供してやるという約束をし、それを幾度か実現するというやり方。

このやり方は、我々から自由を奪います。PCで見れば、PCよりMacintoshの方が自由度が低いのは指摘されている通りで、だからこそAppleはMSのような苦労とは無縁で居られた。そして、結果としてMSの1歩前を常に行っているような感覚を与えてきた。適用範囲が違うのだから、本来なら比較にならないんですけどね。Apple信者にはいつも、そのソフトがPCで動いたら検討するよって言ってきました。

けど、大衆は自由なんか望んでいない訳です。むしろ束縛され隷属されることを望んでいる。だから、みんながiPodだってことになれば、だーっとそっちへ行くし、その結果ITMSがどうとかDRMがどうとかそういうことは考えない。PCの世界以上に、携帯プレイヤーの世界で成功したのもより大衆的な要素が強いから。PCはまだ技術の世界に片足を突っ込んでいた。だから一部の人間しか取り込めなかった。けれど携帯プレイヤーはそんなことはない。

実際現在はともかく、以前はそこまで圧倒的にiPodが飛び抜けて良いとはどうしても思えない。なのに結果一人勝ちなのは、製品の質で選択されている訳じゃないという証。SONYを初めとする日本企業の製品がApple以上に不自由だったというのも手助けしているけど、主要因はそれじゃないだろうと思える。更に言うなら、iPhoneも同様でしょう。

まぁつまり、何が言いたいかというと、資本主義社会では自由なんて大した価値が無いってことです。困らない程度ならむしろ不自由の方が大衆というのは喜びます。畜群であることが大衆の本質ですから。だから適度な縛りをかけつつ、その恩恵を還元してると思わせて、裏でしっかりピンハネするってのが最も賢いやり方。これまでは、力でねじ伏せる的な手法が多かったけど、それだと反感を買ってしまう。

けれど、同じようなことをやっても見えないところでやりさえすれば気にしないというのが大衆。結果として同様に縛られることを気にしないどころか、布施をしてまで縛ってくださいとすがりつくようにまで調教される訳です。まさに宗教って感じですね。大衆を如何にコントロールするかが資本主義におけるゲームの一番のキモですから、その点に関してJobsは天才的なセンスを持っているというのは事実かもしれません。で、資本主義は文化の敵ですから、Jobsは文化の敵であるというのはあながち間違っていないかもしれません。
【主張】社会保障カード 課題対応の説明も丁寧に

国が個人の情報を本人の了解なしに使うことがないよう、法的整備を含めた規制策の検討も必要だ


それじゃ無意味。ある程度の抑止力はあってもやる奴はやる。法を守ろうと思っている奴は最初から違法なことはしない。必要なのは、法的整備ではなくて、絶対に出来ないという仕組み。ログなどの開示も有効。誰がいつどんな内容にどうアクセスしたか、リアルタイムにネットに公開すればいい。認証は複数の生体認証にすれば当人は逃げようが無い。

というか、基本的に人間が情報にアクセスするなんて最小限で済む仕組みにすればいい。今までのやり方を根本的に変えることを考えない限りセキュリティなんて守れるはずがない。今の役所ってのは至る所に人手がかかっている。あえてそうしているとしか思えない。その発想でシステムを構築するから、のぞき見なんてものが出来たりする。

国の基幹システムなんだから、きちんとセキュアな仕組みを構築するのは当然のこと。これまでの仕組みはロクなものがないから、過去公的なシステム構築を多くやってきた企業は外した方が良い。現場の意見もあまり聞く必要は無い。新システムに役人の方が合わせるのが当然。合わせられない奴は必要ない。
世論争奪「ガソリン国会」 自・民、非難ヒートアップ

民主政治の醜さがモロに出ているって感じます。自民党の言い分も、民主党の言い分も本音とは到底思えないようなチープな内容。もし本気なら、逆に政治家としての資質を疑います。

「ガソリン代か道路か」そんなしょうもない目先の話を争点にするから、いつも全体像を見誤るような気がする。税制ってのはそういう問題じゃない。今回の暫定税率が異常なのは、ガソリン代が高いからでも、道路が不要だからでもない。制度自体が歪んでいるという部分が一番問題のはず。だから無くすのが無条件に正しい。

その上で、道路が必要ならその分は後から考えるべき。ガソリン代が高いなら他から金を回せばいい。それをやりくりするのが、政治家と官僚の仕事だ。あんたらの手抜きを促進する為に歪んだ制度を守るなんて方法には到底賛成できない。

そういう部分が判ってないから、一般財源化すればいいだろなんてアホ丸出しの発想も出てくる。使い道を変えればいいってもんじゃない。というか、使い道を変えるなら、当然リセットして最初からというのが、人に金をせがむ順序だろう。

地方の政治屋になると更に醜い。地方崩壊というが、こういう奴等を堂々と当選させているような地方など崩壊させた方が良い。国が減税したのなら、その分地方税を上乗せすればいい。それはしたくない。つまり、弱い自分達は守ってもらうのが当たり前だという発想。弱者が一番得をする社会が当たり前だという発想。そういう地方は崩壊するのが当然だろう。出せば出すだけ無駄に使われて終わりというのが目に見えてる。ある程度は援助も仕方ないだろうという部分はあるだろう。けれど、それを当たり前、当然の権利だと思ってもらっては困る。

政治屋が目先しか見ない、少なくともそういう主張しかしない。その背景には、当然ながらそうしないと当選できないという事実があるんでしょう。近代民主制の限界が完全に露呈しています。近代民主制は本質的に質が向上することはあり得ない仕組み。貯金を切り崩して生き延びるしかなくて、如何に節約するかが課題なんだけど、もうその精神すら忘れ去られてます。財政と同じで、真っ赤っか。そういう時世には最悪の制度だなというのが、今回の議論を見ているだけでも良く判ります。
FC2テーマ:議会 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
明日のお弁当は手ごね体側でいいですか?あっ、答えは聞いてませんよ!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
本当に商売の話のみだったな。世界観を理解する意味でも、こういう話は必要なのかもしれないけど、いかんせん地味な感じは否めません。でも、そこを面白くしているのが、小清水の名演。今回は効いてます。

ホロ自体も思っていた以上に表情豊かで愛らしい感じです。とりあえず、女性は彼女一人なんですが、それで十分。というか、余計なキャラを出すくらいなら、ホロを描いてくれていた方が楽しいだろと思えます。

ともかく長生きしているんで、いろんな知識を持っているというのは十分出せています。そろそろ次のステップが欲しいところ。今回はこれまでよりもちょっと色恋系のネタが多く出ていたんで、次はそっち方面に振るのかもしれません。

この設定と、これだけのエピソードでも十分魅力ある話が描ける。それは当然と言えば当然でキャラクターってのはそれだけ奥深さがあるんですけど、昨今それを忘れている作品が多い。これを見ていると、そういうことを再認識させてくれます。
かなりサービスカット満載なんだけど、こちらも作画がなぁ…。折角なのに煮え切らないって感じです。で、ドタバタコメディなのに、どうもテンポが悪いというか、動きが悪いというか、そういう感じがしてしまって良さが生かし切れていないように思えます。それは勿体ない。

キャラがまだ今ひとつ確立していないので、それぞれが何を考えているのかどうも掴み切れないでいます。ハチャメチャなのが基本だから、それほど大きな違和感がある訳ではないんですが、それでもやっぱりのめり込みの度合いが変わります。

やっぱりいきなりキャラを一気に増やしてしまったので、どうしても薄くなってしまってますね。森羅をメインにするのであれば、もう少し彼女を描いてから展開した方が良かったかなという気がします。それとテンポアップ、テンションアップも欲しいです。
作画半崩壊。ギリギリって感じ。
勝負事だから、勝とうと思い出すと悪意にもぶつかるってのはお約束。これまで結構お気楽路線で行ってたけど、どうしてもこういう話は来ますね。どうやって乗り越えるのか判らないけど、事がばれた時のみやみやブラックが怖そう。

紀梨乃の話の後だから、紀梨乃で纏めてくるのかもしれない。微妙に存在感薄かったけど、やっぱ部長だもの格好良いところも見せないとね。

しかし、弁当と間違えてサターンって… つか、今時サターンかよ。せめてドリキャスくらいにしとこうよ。いやいや、弁当箱と間違えてX箱持って来ちゃったって方が洒落が効いていたんじゃ無かろうか。
ねんきん特別便再送に1億7千万円…与党も批判

まぁ奴等のやることですから、適当に決まってるじゃないですか。こうすれば良いんですよ。この問題が完全に片付くまで、一切の賃金は停止。全ての費用は職員の自腹。退職は原則認めない。死ぬまで働け。まぁ生活保護相当の金額程度は特別に与えてやっても良いかもな。1週間で死なれても困るから。あ、その前に財産は全額差し押さえしておかないとね。

そういう条件なら、5年かかろうが、10年かかろうが良いと思いますよ。あ、支給が遅れた場合は当然金利を付けて払ってくださいね。我々が年金を遅れて払った時にあんたらが取っていた金利に罰則を付けて倍くらいの利率がいいんじゃないですかね。10年送れたら10年分。時効を撤廃するのも当然です。

そこまでやれば、賢い彼らのことだから、3月までに解決するんじゃないかね? それならそれで良し。そうでないならないで、奴等が消えてくれれば社会の清掃になるでしょう。全くノーリスクでメリットだけを得られるという最高のやり方です。
社説:政官接触 まず政治家が変わらないと

ごもっとも。けど、それを言うなら選んだ側が変わらないとってことにもなる。この国の主権者は誰でしたっけ? そういう政治家を毎回毎回当選させているのは誰でしたっけ? これまで構築してきた癒着ベタベタの利益誘導型行政を喜んで維持してきたのは誰でしたっけ?

僕じゃないことだけは確かです。よかった、こんな政治制度にコミットしてなくて。少なくとも荷担だけはしていないですからね。
FC2テーマ:大衆 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:1 | Page Top↑
「あまりに急」「検閲では」――携帯フィルタリングに事業者から不満続出

携帯電話を渡して自由なネットアクセスを許可しておいて、子供が心配も無いもんだろってのがまず正直なところ。そりゃああんた親として手抜きが過ぎるんじゃねーのって気がする。それは前提。

で、色んな会社が色んなことを言ってるんだけど、結局家は危険じゃないという主張でしかない。その割には努力はしているが事故はあるって発言もあって、微妙に説得力がない。規制そのものがよろしくないという論調なら、筋は通っているけど、家は例外にしてくださいって来られると、え?って思ってしまう。キャリアにしたって、やりたくもないことをやらされている訳で、そこに膨大な金額を突っ込まなくちゃならなくなる。それでもお上からやれって言われてやってるのに、これ以上はって心情も理解はできる。

まぁキャリアとコンテンツってのは持ちつ持たれつの部分があるんだから、そこまで言うならキャリアと交渉すればいいんじゃないのかね。なんなら、追加費用は自分達で出します位言えばいいんじゃねーの? 更に言うなら、それ以前に、まかりなりにも事故が起こっているという自分達のサイトに登録するのに、相手が未成年であるということを判った上で、保護者の許可とか取り付けてないという仕組みにも問題があるんじゃないの?

原則で言えば、一切の規制には反対という立場なんで、保護の名の下での刀狩りは認めないって方向。なんだけど、どうも、この記事を読んでいると彼らを応援する気が起こらない。更に、対未成年ってことになると、権限が制限されることはある意味当然という気もしてしまう。実際問題どうしても必要って機能とは思えないし、それでも利用したいなら、自分から保護者に交渉すればいいのだから。
アバンは悪くなかった。けど、あれって1期も原作も見てない人に理解できるの?

やはり予想通り義体側の表現になると、違うって感じがする。で、今回もまた原作から微妙に変えてるんだけど、その意味が判らない。原作では、突入をトリエラが主張して、ヒルシャーがそれを結果として認めると形。ヒルシャーを熱血にさせるのは、ここでは意味がない。過去話へ繋げるにはその方が良いと判断したのか?

トリエラの表現ももう少し丁寧にする必要がある気がします。ここでこんなに急ぐ必要があったんだろうか。流れは原作に忠実ではあるけれど、それはそこまでの流れがあるからで、これも2期だけ見ていると、二人の関係が伝わりにくい気がする。銃に固執するシーンもカットされてる。それも良く判らない。

ピノッキオとの戦闘シーンももう少し丁寧さが欲しい。大味すぎる。やっぱり全体として2話使ってもいい話だと思う。その分トリエラもピノッキオももう少し丁寧に時間をかけて描写するべきだった。元々そういう傾向のエピソードではあるけれど、ちょっとドタバタし過ぎ。腰が落ち着いてない感じが凄くしました。間違っているとは言わないけど、表現として赤点ギリギリってところでしょうか。

で、次回はアンジェの話。これも、原作読んでないと通じないネタな気がするんだが気のせいか? どうも、世界観を理解しているということを前提にしているんじゃないかと思ってしまうような急いだ展開と、大味の演出が目立つ。かといって、原作を読んでいる人間が納得するような仕上がりになっていない。中途半端なものになっています。無理に話を詰め込もうとしてるのかもしれない。あまりそういうことしない方が良いと思うんですけどね。
やっぱ腐女子アニメなんだろうな基本的に。テーマ自体はちょっと面白いけど、論理的な解決が取られないって辺りが女性向けって感じがする。よく言えば前向き。悪く言えば投げっぱなし。この際世界観とかそういう部分はおいといて、結局ラゼルの生きる意味が何なのかって部分に答えが出てくれば御の字。

構図としては、強靱なナイト二人に守られる我が儘お姫様って感じになってる。ちょっと鼻につくけど、今のところはギリギリ許容範囲には収まってます。こっからよりギリギリのエピソードが来た時にどうなるかが見物。

キャラは基本的に3人の割には、どうも薄い感じはします。その辺腐女子向けも萌え傾向にあるんだろうなって感じ。トラウマとかを織り交ぜるのも流行なのかもしれない。でもまぁ結局は主軸はラゼルな訳で、彼女さえ描き込めれば残りの二人はおまけって扱いでも一応は成立しそう。ラゼルに関してはそれなりには描き込めていて、だから見ていられるのかもしれない。

もう少し様子見ですかね。