FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
民主党が銃刀法改正案を国会に提出する。農民の苦労など何一つわかっていないバカ法律だ!

狩猟は単なる娯楽じゃないと、そう言いたい訳だな。そうか、なら、娯楽としての狩猟なら、朝が早かろうが、遠かろうが、一々警察なりに寄って銃を取りに行くのは仕方ないってことだな。警察は24時間営業だから、心配してもらう必要は特にないと思うね。どうしても駄目なら、娯楽の狩猟なんて1日に何組までとかって数を制限してもいい。弾数は決まってるんだから管理できるって、アホか? 虚偽申告されたらどうするのさ。そんなの完全な自己申告じゃねーか。10発撃ちましたって申告して、実は1発も撃ってなかったら、10回で100発も弾丸を確保できるってことになる。まさか一々狩り場まで付いていって、撃った数を数えろとでも言う気かね? 乱売が云々、数が云々って話じゃ無いんだよ。1発だって人を殺せるんだから。厳密には、一時でも自由に銃が使えるという状態が発生している以上、完全な防止策にはならない。だから全面禁止にしても良いくらいだ。それでも、娯楽とやらに配慮して、少しでも暴走の可能性を減らすべく対策を取ろうという案なんだから、この程度の制限に文句を言えるような権利は奴等には無い。

で、娯楽以外の場合だけど、その鹿やらイノシシやらがどの程度の頻度で出てくるのか、それに実弾で対処しなければならない場合がどの程度なのか、一回の退治とやらでどの程度の弾が必要なのか、それらを統合的に判断して別枠で措置するのが正解かもね。まぁ2種類の用途があるということなら、それぞれ別に管理させるのが正しいでしょう。ただ、用途に限らず所有許可を持っている人間は、半年に一回程度厳しめの規定で精神鑑定を義務づけるとかその位は当然やって欲しいね。

多少大雑把というところはあるにしても、論点がずれているとまでは思わない。田舎だからって特権があると思ってもらったら困ります。農業に従事する人間の苦しみとやらに配慮した結果、またキチガイに撃ち殺されたなんて人が出たら、その農業に従事する人間とやらはどう責任を取ってくれるんですかね? まさか知らぬ存ぜぬとは言わないだろうね。で、こんな程度の事で党は大敗するなんて断言できるから、田舎者は駄目だって結論になるんですがね。
スポンサーサイト



有害サイト削除、民主が独自法案・プロバイダーに義務化

所詮民主党も自民党と同門であり、無能者の集まりであるということを、この一件だけで完全に露呈したと言っても良いでしょう。自民党が気に入らないから民主党なんて選択がいかに愚かしいことか良く判ります。今の政治屋なぞ一切の支持に値しないし、僕の持っている参政権を僅かでも委任するに値しないということをまた確認することができました。大抵のものはそうですが、規制という方向で考えているもので真っ当なものを見たことがありません。特にこの手の内容に関しては馬鹿げた内容が多いです。

さて、この記事によると「違法な」情報は強制削除しろというのがベース。で、違法な情報とはなんだ? マスコミの流している毒電波のことか? などとも思いましたが、そんなものは存在しない。というのが正解でしょう。情報として存在が無条件に許されないものなんてのはありません。つまり、何を言ってるのか訳判らんという法案なんですが、そんなことはありません。ちゃんと抜け道が用意してあります。

違法かどうか明確でなくとも、有害な恐れがある場合は児童が閲覧できなくなるような措置を講じるよう義務付ける


ん?児童が閲覧できなくなるような措置ってのは具体的にどんな措置なんでしょうか。それが疑問ですが、結局ここでいう「有害な恐れ」なんて曖昧なものを持ち出されたら、それこそなんでもかんでも、権力者が気に入らないものは有害に他ならないという判断が可能です。いやぁ恐ろしいですねぇ。Blogに今日のご飯は不味かったと書くと消去を求められるような日も近いかもしれません。このBlogなんて、即刻跡形もなく消されることでしょうね。罰則もあるかもってことですから、僕は逮捕されたりするかもしれません。そういうと、奴等は「そんなことにはならない。過剰な取り締まりにならないよう運用を行う」などと言うわけです。で、そんな台詞が全くあてにならないということは、すでに過去に何度も何度も何度も実証されています。

誰がこんな馬鹿丸出しな法案を考えたのか知りませんが、即刻政治の世界から引退した方がいいでしょう。当人は、弱者たる未成年と、その保護者たる馬鹿親共を保護しているつもりなのかもしれませんが、なんでもかんでも隔離してしまえばいいという発想はあまりにも安直。しかもそれが意味するところ、その危険性というものを全く理解していない近視眼のようです。政治家には絶対になって欲しくないタイプのアホが堂々と当選しているということですね。

世の中のありとあらゆる情報統制は、無条件に悪です。21世紀のこのご時世においてもまだその程度の事が判らない低能がこの国では政治屋を名乗っているようです。
さて、年も改まったことでレギュラークラスのストーブリーグのまとめ。

放出
ワシントン
ネネ
長谷部(?)
小野(?)

獲得
三都主
梅崎
エジミウソン
高原(?)

とりあえず、空いた穴をどう埋めるかというのが一番の課題。その上で補強となったのかと言う話になるでしょう。ワシントンの代役としてエジミウソンな訳ですが、これが全くタイプの違うFW。達也と被る部分はありますが、エメルソン時代もありますから、なんとかなるかもしれないなと思っていたところに高原の話が浮上。確かに達也も即全開でいけるかどうか微妙な所でもありますし、得点力不足に泣いたという経緯からもオプションは多いに超したことは無い。ということで前線は、このまま成立すれば補強できたと見て良いでしょう。

長谷部の穴を今野で埋めるという思惑は見事にはずれ、頼みの小野も居なくなるとなると、中盤が弱くなります。梅崎が期待通りの活躍をしたとしても、ポンテが復帰して調子を戻してくれるまでは枚数が心許ないと言う状態は続きます。ただ、阿部が居ますから、彼を中盤に上げるという選択はあります。その場合阿部の変わりのDFをどうするかなんですが、堀之内と細貝でなんとかなるかもしれません。細貝をボランチとして使うという選択もあります。

三都主の使い方が難しくて、相馬とどう使い分けるのか非常に興味深いです。二人とも攻撃的なSBですから、思いっきり被ります。一つの案としてワンボランチにして攻撃的にするというのもありますが、後は多分弄りたがらないような気もする。ポジションチェンジや中への切れ込みも前提として、4バックにして二人とも使うという手もあります。けど、一番なのはやっぱりターンオーバーなんだろうな。

さて、実は気になっているのは空いた外国人枠をどう使うかです。素直に考えればネネの変わりに頼りになるDFをという選択。そうすることで阿部が自由になります。このオプションは大きい。FWという選択もアリかなと思っていたんですが、高原が入ってくるならその必要性はありません。あとあるとしたら、右のサイドかな。平川も悪くないんだけど、やっぱ精度がなぁ。山田だと下がりすぎる感じがするし。

やっぱ4バックが最適というのは、去年からずーっと思ってます。つか、去年一年見てきて益々そう思うようになりました。4バック1ボランチでも良いくらい。それ位攻撃的に行って欲しい。前の選手が三枚も追加されましたし、梅崎とポンテの両方を生かそうと思うなら、後であつまって、7バックじゃ話になりません。

ま、あくまで固定メンバーで行くという前提の話で、ターンオーバーにするのであれば話は全然変わってきますが。
和田アキ子が間違えるのも無理は無い!「芸能人格付けチェック」を観て思ったこと

いやぁ、なんか色々理由付けしてますけど、純粋に和田アキ子にはクラシック音楽の知識とか視聴経験が圧倒的に不足しているってだけでしょ。実際「この曲知らない」とか言ってたしね。

楽器、特に弦楽器の場合、基本的には響きの部分が重要で、安い楽器というのはどうしてもそれが特定の音域に偏っている傾向があります。音が単純なんですね。だから純粋とか綺麗に聞こえる部分もあるんでしょうし、コンサート会場な訳でもないですから、変に響いてしまうと五月蠅くなる傾向もあったのかもしれません。

それでも、今回の場合はソロでは無かったこともあって、それ以上に両方を比べた時に、明らかに自分の記憶にある音、つまりはCDや演奏会で聴いた音に近いものと、そうでないものにはっきり分かれていました。クラシック音楽を聞き慣れている人なら、即答出来た問題だったと思います。放送経由、AVアンプ経由、スピーカー出しの音でも即判る程の違いでしたから、生なら益々判ったでしょう。何れにしても外したということは、クラシックの素養がまるで無いということを露呈したことは間違いないでしょう。

その違いが判らないということが和田アキ子という歌手の能力について、実際どの程度の影響があることかは判りませんが、個人的には、彼女が音楽について語ったとしても何の説得力もないだろうと判断します。ジャンルが異なるから全く知らなくても良いというのは流石に了見が狭過ぎだろうと思うからです。