FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
思ったより良い感じで進んでいます。展開は悪くないです。とりあえずの注目点ははやみちゃんが何故あんな扱いを受けているのか。それと妖精ちゃんは何者か。その二つでしょうね。この謎がいつ出てくるかで話の先が見えてきそうな気がします。まず引っ張り始めたらヤバげ。

ひなたとしては本意ではないという表現がされていますから、恐らく何らかの強制力が働いているんでしょう。親が村長という辺りがミソだと思うんですが、それに縛られ続けているというだけになると、ひなたというキャラの魅力が出し切れなくなるでしょう。

もう一つ言うとゆいの存在が定位していない。今のままじゃ単なるおじゃまキャラ。あれだけ出張っておいてそれだけってのは流石に寂しいだろ。何らかの役割を与えて上げて欲しいです。琢磨が様付けされているってことは彼にも何らかの秘密があることは間違い無くて、まぁほぼ確実にそれがはやみのネタとリンクしているんだと思うんですが、どうなんでしょうね。もう少し見てみないとなんともという感じはします。
スポンサーサイト
FC2テーマ:H2O | カテゴリー:アニメ
トラックバック:7 | コメント:0 | Page Top↑
いいんじゃないでしょうか。絵柄は好みだし、丁寧に作ってるなぁという感じがします。1話としては十分前振りも出来たし、とりあえずキャラ紹介も出来ていました。雰囲気も良い感じに出ています。今のところ真面目な恋愛モノに見えます。キミキスよりももっとしっとりした感じですね。

となると、気になるのはやっぱりキャラをどの位描けるか。特に女の子達をどの位魅力的に描けるかにかかっています。極端なキャラ付けがされていないというのが、好印象なんですが、それだけに力量がもろに出てしまうかもしれません。

とりあえず、期待できそうな要素があることは見えました。後は成熟させることが出来るかですね。あんま不幸モードに持って行くと良い結果は生まないような気がします。ある程度でセーブして欲しい。エピソードの作り方が難しそうですけど、頑張って欲しいです。
おいどんはただ生きてるだけよ

言いたいことは伝わってくるエントリーです。人の人生をそんなに簡単に括ってしまって良いものかという違和感を表明している訳ですね。その疑問はまさにその通りで、公園で寝ていようが、自殺しようが、極端な話他人に迷惑をかけない限り悪い訳でも、負けな訳でも無いと僕は思います。ただし、当然そういう選択を自主的に行った場合、その責任は当人にあるというだけでしょう。

ところが、どうもこの世の中はそういう判断基準で動いていない。勝ち負け、善悪、そういうものをはっきり付けたがる人達が大勢居ます。基準を持つこと自体は、構いません。僕は僕の中で、貴方は貴方の中で、誰かが誰かの中で、一定の基準を持つと言うことは当然であり、持たなければ困ることも多々あります。

気をつけなければならないのは、それは俺様ルールであるという自覚を持つと言うことでしょう。そういう自覚を持っている人は、自分の中でそう思っても、それを言葉にしたとしても、そうじゃない基準もあり得るということを頭の片隅に置いています。しかし、残念ながら、そうでは無い人達が大量に存在している訳です。だから、安易にマスコミや法律や常識と言った権威の基準に乗っかる。何の疑いもなくそれを信じる。その基準に見合わないものを負けとか悪とか決めつける。そういうことをする訳です。

それは楽な生き方ですよね。まず基準を考えなくても良い。基準を考える為には様々なものを理解しなければならない。それを全部省略できる訳です。しかも、自分が決めた基準ではないから、もしそれが間違っていたとしても無責任で居られると思っている。自分がそれにデンと乗っかっていたとしてもです。

効率的なんですよ。実際様々な基準を全部自分で獲得しようとしたら、一般的な能力の持ち主では相当なコストが必要になります。更に、自分の価値基準以外の基準も認めるというのは、それを受け取るだけの広い器も必要です。それを自分の中に作り出すというのも、簡単なことではないでしょう。唯一絶対の正義というものが存在し、それを誰かが教えてくれて、それを信仰すれば救われるとするなら、どんな狭量な人間だって救われる訳です。しかも唯一なんだから例外を考える必要もない。

非生産的なことに大量にコストをかけているというのは、資本主義的観念から行って、非常によろしくない。労働者は労働力と労働力の再生産に人生の全コストをかけてくれるというのが、最も効率的で、最も望ましい形式な訳です。だから余計なことは考えなくても済むようにお上や社会が全部用意して提供してくれている。そして、それに何も考えずに乗っかることが、同一条件の場合最も資本主義的に効率的です。

まさに機械です。だから、賃金で人の価値が計れるとかそういう発想が成立するんでしょう。それ以外のことは無価値と判断されますから。「人はその社会体制に浸かっている内は、その社会のイデオロギーから容易には自由になれない」というのは、某友人の言葉ですが、まさしくその通りでしょう。そういう人達には、人間の生き方の多様性なんて一文の得にもならないことを考え、それに縛られるなんて愚か者のやることだし、「絶対にあんな人間になったら駄目だ」と指摘する対象になるんでしょう。
放送と通信の融合、複雑怪奇となった著作権法改正が必要 - 岡村久道氏

法律屋らしい規制肯定論なんですが、その中に既に妙な言説があります。

児童が公道を歩くときに事故に巻き込まれないようにするのは、ある意味当然のことだといえますが、ネットはその公道にあたるのです。そのため、もっと保護者が子供のためにフィルタリングサービスを利用するなどの状況を、さらに促進する必要もあります。


ネットを公道とするとして、今の公道に子供専用道路があるんでしょうか?
この道は子供が通ってはいけないなどという規制があるんでしょうか?
当然無いですね。事故に巻き込まれないようにするために尽力するのは結構なことです。ある程度の促進を行うというのも、まぁ悪くないでしょう。

けれど、次のページに行くと何故か論調が変わっていて、法律で云々という方向になってしまっています。法律で云々というのは、基本的には規制であり、禁止であって、促進でも啓蒙でもありません。ここに論理の飛躍が感じられる訳です。

公道である以上、そこに何がどう通ろうが基本的には規制は無い方が望ましい。無理矢理規制しようとすると、悪名高い道路交通法みたいなものが出来上がる。根拠も基準も曖昧なまま、国民総犯罪者状態にするような異常な法律です。法律の限界点が透けています。恐らくネットでそれをやろうとすると、具体的な数値設定などがやりにくいですから、より酷い法律になる可能性が高いでしょう。

あくまでも、行為そのものは自由であるべきです。当然それによって起こった結果には責任を負ってもらうというのが大前提。弱いもの、愚かなものを守ると称して、単純に危険と想定したものから遠ざければ良いという考え方は、怠慢であると同時に、奢りでもあります。冷静に分析しようが何をしようが、本質的に間違っているものはどうにもなりません。法律や規制は最低限にするというのが望ましいというのは、自由主義的観念において絶対的な真理です。

法律屋は法律で社会を良くできると考えているのかもしれませんが、ほとんどの場合余計なお世話でしかありません。
またもスマートなガンバのルーカス獲得

手法としては否定はしない。浦和も エメルソン→ワシントン→エジミウソン とそのパターンで来てる。ただ、それと同時に新顔を探索するのも重要というだけ。浦和で言うなら、ブッフバルト、バイン、チキ、ペトロヴィッチ、ポンテといった辺りがそう。

鳶が油揚げをさらう為には条件があって、油揚げがそこに存在することと、他の鳶に持って行かれないということ。リーグのみんながみんなこのやり方を始めてしまえば当然油揚げそのものが無くなるし、競合が増えれば浦和や横浜のような資金力のあるクラブも狙い出すから他にさらわれたり、コストが上がったりする。

結局はバランスってことなんだろうね。リーグの為という意味でもそう。折角日本に馴れた選手達がつまらない理由で契約が取れずに去っていくというのも寂しいし、新顔が出てこないというのも寂しい。

堅実に強さを維持するという方向では、ギャンブルは避けるという考え方も判らないでもない。けど固執しているとなれば、褒められたモノじゃないでしょう。まぁ実際のクラブはそう言う訳でもないんでしょうから、穿ちすぎだとは思いますが。
やっと本筋。つか、ここまでが長すぎですよ。超能力合戦にするなら、普通の謎解きにこんなに時間を割く必要ありません。この調子で行くと、まだまだスペシャルな設定が待ちかまえているような気がしますよ。だって、あんな中途半端な未来予測だけで、セイジュに勝てるって感じはしませんもんね。

しかし不思議なのは彩があれほど強力なら、何故もっと増やさないのかってこと。何らかの制限があるのかもしれないけど、そういう設定があるなら早めに公開して欲しい。夕緋をセイジュが操れるなら、白蟲を晴嵐が操ることも可能ってことなんだろうか。

なんつーか、設定的に何でもアリになってきてるんで、どういう展開でも出来るんですが、真面目に展開するなら、早めにその辺全部出し切った上で話を進めて欲しいですね。
う?ん、光一と結美ちゃんは堅いと思っていたんだけど、この展開早すぎるなぁ。序盤から中盤にかけて幸せな娘は、最後には不幸になるってのが定番なんだけどなぁ(笑) とは言え、あそこまで言っておいて摩央姐さんに流れたらそれは相当酷い男ってことになるぞ光一君。

しかし、ここに出てくる女の子達、いちいちツボに填ってくれます。スタッフと好みが合うんだろうな。恋する女の子は可愛いってのもあるんでしょうけど、通常活発運動少女にはあまり填らない質なんですけど、明日夏ちゃんも可愛かったですね。ちょっと甘えモードに入った摩央姐さんも可愛かった。無論瑛理子ちゃんちょっとだったけど、バッチリでした。表情に変化が出てきた辺りがそそります。そういう意味では結美ちゃんは典型的、優等生的な美少女キャラで、相対的に薄いところがあって、他の娘達に押され気味だったんですけど、いじらしくも時間を引き延ばそうとする辺りは愛らしいです。

話的にはずーっと典型的な恋愛モノを描いているので特に目新しさは無いんですけど、丁寧な心理描写と、キャラデザイン、そして性格付けと個人的にかなり好みなんで、楽しんでみています。

これから夏休みだし、映画の撮影もあるし、明日夏VS瑛理子の対決もあるんで、結構ネタには不自由しないんでしょう。ただ、このカップリングで行くなら、既に完成してしまっている感じもあって、一波乱は想定できるけれど、進展というのが考えづらいというのがアキレス腱になるかもしれない。そう考えると、ここからが正念場なのかもしれません。まぁ女の子達の魅力が成立しているので、もう既に成功なのかもしれないけど。