FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
なんだかごく普通に合宿を楽しんでるって感じです。はっきり言ってこれまでコレという出来事があった訳ではないんですが、それでこれだけ楽しく見せているというのは驚きです。キャラクターのカラーが良い感じなんだろうな。そこに引っ張られているって感じがします。キャラが生きるとその日常を描いているだけで、成立するって形式の典型なんじゃないかって気がします。

もちろん主軸はタマちゃんなんでしょうけど、周辺のキャラがその影響を受けていくという部分を描かないと駄目なので、計算で話を作ろうとすると言うほど簡単じゃない。だけど、キャラクターが動いてくれれば、比較的楽にかつ、整合性が取れた形で話が出来ていく。まぁそれも簡単な話ではないのかもですけど。

けど、恐らくそういう作りだから、どの娘も自然で無理がなく魅力的です。変に話をコジって無いから矛盾点も無い。すっごく素直な作りになっています。そして、そこが魅力ですね。そうは言っても、中盤から後半にかけてはそれなりに盛り上がりも演出しないとでしょう。これからそういう場面も出てくると思うんですが、そういう時に彼女達がどういう行動を起こすのか、楽しみですね。
スポンサーサイト



まぁシゴフミですからね。人が死なないと話が進まない訳ですわな。なんで、主要キャラは皆殺しってのが基本路線なのかもしれない。救いのない話ですけど、そうじゃないとこの話は成立しない。救われちゃったら茶番劇。

結局僅かな弱さがこういうエピソードを引き起こしたってことになるんじゃないかという気がします。殺してしまえというところまで追い詰められてはいけない。それ以前に手を打たないといけない。結局家族制度という信仰から自由になれなかったことが全ての要因。人間は何かを信仰している間は絶対に自由にはなれないというのがよく見えます。

この手の位話を何本か続けるって構成なのかな。それって一番見なければならない人は見ないってことになりそうな気もする。バリエーションがどの位付けられるかがとりあえずポイントになるように思えますが、こういうしょうもない話って作ろうと思えば沢山作れるんだろうな。
何故かこれだけ新番リストから抜けていました。腐女子系と判断したかな? 言ってることは判らないでもないけど、彼女達が言っても、圧倒的な力を持つ強者の詭弁に聞こえる。銃を持って囲まれて居ても瞬殺で脱出できる奴とか、訳の判らん超能力を持っているねーちゃんが綺麗事言ってもなぁ。ただ雰囲気自体は嫌いじゃない。台詞回しとかは割と好み。三木眞の演技は相変わらず渋いです。

まぁこのまま呑気な旅路をいつまでもってんじゃ芸が無いんで、何か彼女達をもってしてもそう簡単にはクリアできないようなエピソードないしは設定が待って居るんでしょう。そこからが勝負って気がするんだけど、それは後半以降かもしれない。

ただ、そうなると逆に壊れるという可能性もあって、今の状態の時が一番面白かったって事になることも十分考えられそうです。意外に悪くはなかったので、もう少し様子を見てみますか。
医療ビデオ、わいせつ利用でネット流出 国「担当部署なし」野放し状態

遺憾というのは判る。そういう目的に使って欲しくないって気持ちを持つのは自由。しかし悪質というのは違う気がする。作品でも商品でも世に出した瞬間から解釈の仕方は受け取る側の自由なのだから。何でもかんでも作った側の意図通りに解釈される、利用されるなんて考えるのは、思い上がりもいいところだ。

ただ、この悪質は「猥褻利用が」ではなくて、「無許可、不法なコピーが」という意味だったのかもしれない。それを都合の良いように切り取って、曲解を招くようにしている可能性があります。だとしたら、そういう掲載の仕方をするマスコミの方が余程悪質。元のままの意味の発言だったとしても、それを何の注釈も無く掲載するのは悪質。なんだ、結局マスコミが悪質ってのは確定事項ってことでいいんだ。ま、産経だしな。

つか、なんで性的なものに対する興味を「いけないこと」で規制しようとするんですかね? いいじゃんか別に。医療用ビデオで満足できる奴なんて、ある意味可愛いもんだと思うけどね。
電子政府は,「ICカード・ネット・家庭」の3点セットに見切りを

住基ネットが失敗した理由は

・加入を任意にした
・メリットが無かった
・役人が運用した

の三点にほぼ集約できます。入っている人といない人が存在するようなカードは全く意味を為しません。日本国民は生まれた時から死ぬまで、一意に個人を特定できる。誰もが絶対に所持ているという前提がなければ、それをキーにしたサービスは展開不可能だからです。

メリットに関しては最初の問題も絡みます。持ってるかどうか判らないようなものをアテに出来ない。これは真理。けれど、それ以上に住基カードがあってもなくても役人の仕事の量が変化しないようにしていると言う時点でアウト。加入すれば手間や費用が著しく削減できるというのが感覚的に判らないとメリットを感じない。役所に出す書類を役所で発行するなんて馬鹿な発想が続いている内は多分駄目。

どんな良い仕組みであっても運用が駄目なら結局転けます。特にセキュリティ関係はそう。である以上役人が運用していると言う時点で、どんな仕組みにしても信用には値しない。そう結論づけられても仕方ないでしょう。

つまり、次の企画を成功させる為には、全国民に対して強制参加させ、使えば使う程役人の仕事が減り、運用は役人の手を出来る限り使わないようにする。当然仕事が無くなった役人の首切りを行ってその金を運用なり増強なりに回せばいい。こうすれば、良い循環が発生します。これが秘訣でしょう。役人が損をすればする程良い傾向って原則は、絶対的な真理です。
萌え文化よ、さようなら。

萌えってのは、中身の無い空虚なものだから、旬はすぐ過ぎて飽きられる。だから続々とバリエーションが出てきたわけなんだけど、もう食傷気味という感覚になったのもあるんでしょう。けれど、その結果ネタに走るってのは、それを事実と認めるならば象徴的だよなぁという気がします。

萌えというのは、特定パターンの記号をキャラクターに展開した形状な訳なんです。詰まるところネタをキャラ展開している訳ですよね。それが終わって今度はベタにネタが表面に出てきてる。つまりこれってより形骸化が進んだってことですよ。もう、キャラに展開することすら放棄したってことですね。ハルヒのようなキャラを作るんじゃなくて、ハルヒの物まねをさせる、つまりそれってハルヒそのものですから、よりストレートです。

もう含みとかさりげなさとかそういうのは理解されないってことなんでしょう。なぜならその方が判りやすいから。知識さえあれば誰でも理解できる訳です。キャラクターなりその要素なりを消化する必要がないですからね。つまり、ある要素を記号化したのが萌えだった訳なんだけど、ついには萌えそのものを記号化してしまった。それがここでネタと表現されているものなんじゃないかと僕には思えます。

まぁアニメの制作数も相変わらず結構な数だし、作った以上は一応コストの回収を考えざるを得ない。だとすれば、より多くのマスを獲得しなければという命題がある訳で、である以上、より判りやすくを目指すのは当然の流れでしょうね。中身を無くして、インパクトを強めに作り、中毒性を出す為にネタを振っておくってのはなかなかいい手です。考えるな感じるんだあるいは、考えたら負けだが最近のヲタ達のトレンドらしいから。
【独女通信】独男に蔓延する「何もかもが面倒くさい」病とは?

笑える。男は女を楽しませる為に全勢力を傾けるのが当然のことだというのが、筆者の理屈のようだ。お前どこの女王様だよって感じだね。過渡期には、こういうイイトコドリしようという卑怯な奴等がどうしても出てきます。会話が盛り上がらないってのを、一方だけの責任に転嫁している時点で終わってるだろって気がします。

結局、女って生き物の結構な割合がそういうものだって気付きだしたってことなんじゃないですかね。ぶっちゃけ男の目から見て、30超えても流行とかに過敏に反応する男は、あまり良い印象は受けないね。

例に挙げられている二人の男性は、結構典型的だけど、実際テレビを見ることを止めたとしたらその時点でかなり長い自由時間が確保できます。テレビって思っている以上に無駄な時間を消費するんですよね。僕もAirを見なくなって、録画のみになった時、そういう感じがしましたもの。これをゼロにすることが出来るなら、毎日数時間は他のことに割り当てることができる可能性が出ます。それをどう使うかはそれぞれでしょうけど、周りに振り回されるのは御免だという判断は異常ではないでしょう。

さらに、面倒くさいと言われるということはどういうことか、それはかけたコストを回収できてないという感覚があるってことでしょう。それだけ頑張って女に合わせても、それを超えるだけのメリットを女性が提供できないってことなんじゃないかね。昔は、男が女を引っ張るものという感覚がノーマルだったけど、最近ではその考えは通用しなくなってきていて、女性も男性と同じようなポジションになってきてる。するとどうなるかというと、女である必要が無くなる訳です。男同士との付き合いとは違うから女と付き合う意味があった訳で、その際が少なくなればなるほど意味が薄くなる。

そういう状態な訳だから、もう、男が合わせてくれるのが当たり前という発想を捨てるしかないだろうね。女が男に合わせれば、また会話は盛り上がることになると思いますよ。
FC2テーマ:恋愛 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:1 | Page Top↑
待望の猫屋敷編。ちょっと淡泊かなって気もするけど、結局戦闘をある程度描こうと思うとどうしても、このくらい時間を使ってしまうってことなんでしょうね。1話で話を作ろうと思うと、こういう配分にしかならないってことなんでしょう。確かに、今回は戦闘も迫力があったと思いますが、痛し痒しですね。

なんで、回数を使ってエピソードを重ねていくしかないというのは確かなんですが、それぞれのエピソードを繋げる何かが見えてこないと、どうしてもバラバラな感じがしてしまいます。上手く処理出来れば綺麗なんでしょうけど、今のところそういう感じでは無いですね。

薄くなってしまうので、だったら最初からギャグ系に走った方が判りやすいと思ってしまいます。好みの部分もあるのかもしれませんけど、どうしても作品を俯瞰で見ると物足りないって感じがしてしまいます。