FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
折角複雑な勢力図を作ってみたところで、個別にしか話が進展しないんじゃ意味がないです。なんかターン制のゲームでもやってるみたいなそんな妙な感じがします。ジンがトアにそこまで執着する意味がわかんねぇとか、自分から別れを切り出して、あっさり捕まったのに、目的も果たせず助けを待つお姫様になってるオリジナルドラゴンってどうよとか、そういうのは不問にしますよ。えぇしてあげますとも。特別に。

そうだとしても、一般人 < 軍人 < メカ < ドラゴン < オリジナル という力関係があまりにもはっきりし過ぎていて、戦闘を長々と描いても全然盛り上がらない。2体のドラゴン相手に通常兵器でガチンコしても勝てるはずがない。

殿下の自信がどこから来るのかもさっぱり理解不能。トアが自力で脱出しなくても、マキナが1分も早く来れば確実に終わってる。それどころか、ギオがアクチュアライズしてしまえばそれでしゅーりょーって感じもしたんだが。

つまり、些末なことは気にしてはいけない作品ってことなんだな。まぁ愛とか語っちゃってますからね。そういうことなのかもしれない。魅力的なキャラが居ないってのが致命的。あえて言うならアキラかジークリンデなんだろうけど、ちょっと描写が少なすぎる。つか、存在意義が薄すぎる。まぁこの作品においてはキャラは使い捨てされる駒のようなものなんだろうから、彼女達も用が済めばあっさり処分されるかもしれないね。

全体的に大味なくせにスケールが小さいというのは、最初からここまで一貫した感想。GONZOってこれがあるから信用できないんだよなぁ。
スポンサーサイト
次回から新キャラ登場らしい。そらそうだわな。マユキに秘密にするという方向にした以上しばらくはどうにもならない。肝心のセイジュも静観の構え。となれば完全に行き詰まり。ここらでキャラでも増やして新展開ってことだ。その割に旧キャラが使い切れていたという感じもなかったけどね。

もしやと思うんですが、これで一回リセットされてまた最初のような状態に戻るとか? いくらなんでもそこまで酷くはないか。まだあるとは言ってももう折り返しもすんで、ラストまで徐々にカウントダウンだもんなぁ。そうならないことを願ってます。
「教会はガリレオより理性に忠実」ローマ教皇の講演に伊大学が猛反発

いや、今日は笑えるネタが多い。今時宗教に幻想を抱くなんてそれこそ「人類の恥」「成長しない子ども」な訳なんだけど、宗教どころか、それを利用して権力を得ているような宗教団体なんて論外中の論外。で、その親玉である教皇なんてものが真っ当な人間であるはずがないです。

お膝元のローマでこの有様ですからね。いや、お膝元だからこそ良く実態が見えるのかもしれません。宗教に罪はなくとも宗教家は罪まみれこれは間違いないでしょう。まぁ狂信者こそ最高のテロリストってことですね。
すでに我々は、文化至上主義の名の下に余分なお金を払っている

なんでこうなってしまうのか。それは、ここで発言している連中が、文化≒著作者とレコード会社やら放送局やら出版社やらの権利者を分けていないからです。商業主義というか資本主義が文化の敵であるというのに同意できたとしても、それを一番担っているのは権利者な訳です。本来であれば著作者と我々(非著作者&&非権利者)の利害は一致しているはずなのに、この連中が権利者の手先になっているばっかりに、相対関係が歪に歪んでしまっています。だから、ここで言われるように「お前ら散々商業主義と手を組んでおいて何言ってる」ってことになる。


IT Mediaの記事にはこんな記述もあります。

DRMは、ユーザーが利用しているコンテンツを把握するためプライバシーを侵害する。ユーザー調査の結果では『補償金を支払ってでもコピーの自由を確保したい』という意見が多かった


はて、これって椎名某達の主張と一致して居るんでしょうか? つか、補償金が得られればコピーフリーでOKですよって話なら、その金額によっては検討の価値があるように感じます。確か、小寺氏なんかもそういう意見を言っていたと思ったけどな。けど、奴等の言い分はDRM付きかつ金払えだったように記憶しているんですが違いましたか? 何れにしても彼らは著作者として本当に考えているのか疑わしい。社会のあり方みたいに大上段に構えた割には言ってることが浅いと言うふうに感じます。だから、賛同が得られない。挙げ句お前らなんか信用できるかってとこまで行ってしまってます。

完全に消費者を敵に回しているので、自業自得なんですが、一番の被害者はこいつらの考えなんかに全く賛同なんかしていない、著作者ってことなんじゃないでしょうか。
FC2テーマ:作品 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
裸祭りポスター:JR東が「待った」…女性が不快感

すげー笑える。もう大爆笑の域。
迷惑だから禁止しろという発想が如何に陳腐なものかが良く現れてます。

つまり、男の裸が不快の人が居る。女性の水着姿が不快な人も居る。その理屈で、xxが嫌いと主張する人を想定していったら、もう無味乾燥な何の装飾も無い電車や駅にするしかない。いや、それすら無機質で不快だという奴が居るかもしれない(笑)

じゃあどうするかっていうと、この記事にも片鱗がありますが「別に私だけの特殊なものではない」という発想で解決しようとします。そういう人が多いんだから何とかしろって奴です。つまり、性差による暴力にはこれだけ敏感に反応している癖に、数の暴力にはこれほど鈍感になれるってことです。さすが民主主義的、資本主義的発想に良く洗脳されています。素晴らしい傲慢さですね。

けれど、そういう割には例えばここで主張されている女性の水着姿が不快と思う人が全利用者の果たして何割をしめるのかに関しては無頓着。書かれていることを信じるなら、男性の多くと女性の一部は不快に思わないだろうとしています。はて、じゃあ本当に「多く」の人が不快なんでしょうか? 激しく疑問です。結局偉そうなことを言ってますが、「私が迷惑なことはみんなが迷惑なんだ」という考え方かあるいは、「自分達女性は特権を持っている」と勘違しているジャイアニズムが主張のベースになっています。「迷惑だから」と言い出す奴はこのパターンで発言していることが思っている以上に多いです。

本来怒るとするなら、不法でもない情報を迷惑だなどという意味不明な理由で遮断したJRと、この手のことに過敏に反応する自称良識派達に対して怒るべきでしょう。前にも何度も書いていますが、迷惑を嫌うなら人類を滅ぼすべきです。それ以外に手はないでしょう。あぁ迷惑って言う奴が死ぬっていう解決策もありますね(笑)
放課後、無い目的さんと棄権について熱く語り合いました。KazuSさんのひみつも聞いちゃいました……!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
未だに物語の方向性はよく見えないけれど、とにもかくにもホロの魅力は良く描けてます。小清水名演です。なにせ何百年も生きてきた賢狼という設定ですから、モデルを作りづらいと思うんですが、小悪魔的なところや、賢いところ、懐の奥深さなども上手く表現しています。しかもそれに加えて、女性らしさも垣間見せたし、奔放なところも出ています。ロレンスの視点というのは、比較的我々に近いものに設定されていて、彼の目から見ても、つまり我々の目から見ても深みのある魅力的な女性に描けています。

そうですねぇ、1クールっぽいですから、後1話か2話はこんな感じでも良いと思います。ホロという独特なキャラクターと世界観をじっくりと描き込んであげるというのは必要だし、十分楽しむことが出来るでしょう。その後どうなるかがとても興味深いです。

今のところまだホロの賢狼っぽさというのは、耳と尻尾と幾つかの洞察に依存している訳なんですが、当然それ以外、今回の言えないことに関する話。村ではカミとして扱われ、一神教に関する台詞も繰り返し出てくることから信仰に関する話なんかも出てくるんでしょう。前振りは出来ているので、それらを詰め込むとなると結構てんこ盛りになります。きちんと必要な時期に必要な情報を描いておかないと、1クールで収まらなくなってしまうか、未回収になってしまいます。

是非そんなことにならないように綺麗に纏めて欲しい。作品のカラーはとても良いし、ここまでの演出も上品です。この二人の関係がどうなるのか、とても楽しみです。