FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
敗者復活かぁその手がありましたか(笑)

よくぞここまで微妙な状態を維持し続けることが出来るもんだ。ちょっと感心します。羽仁悟が紫音に負けた時の反応からして、単純さが見えたので、彼はフェイクかとも思ったんですが、しっかり斉藤歩の正体をバラすという技を炸裂させてくれました。ただ、その目的は未だにはっきりしない。彼は将棋を憎んでいるというのは何度も出てきている事で、それ自体はとりあえず本当なんでしょう。そこから出たという風にも見えます。

ここまで進んで容疑者らしき人物が出てこないとなると、事件の方はどうしても悟犯人説が強くなるんですが、未だに動機が良く判らないし、その後の紫音に対する行動にしても何を目的としているのかが判らない。だから、ここまで緊張感を維持し続けることが出来るんでしょうね。

将棋の方は、もう少し突っ込んだ部分が欲しくなってきました。精神的なものというのが重要なのは判りますが、そればかりというのはちょっと寂しい。もう少し丁寧な描写が欲しくなります。それに、そろそろ将棋と事件の二つの軸の関係性が見えてきて欲しいところ。まだ折り返しで先が長いですから出し過ぎると後が困るんでしょうけど、結局最初の頃とそれ程状況が変わっていないとも言えるんじゃないかって気がします。

話を展開するには良い時期で、ここまで今の状態を引っ張れたということは大きいって気がします。
スポンサーサイト



また引っ張るなぁ。ギリギリ不自然にはなっていないってところだけど、その分話の展開が遅くなるので、必要な設定を出すのをもったいぶるのはあまりいい手だとは思わないんですけどね。何回くらいで初期設定が終わるんだろうか。

しかし、影抜きとか言ってほとんど誰からでも出てくるんだな。となるとペルソナって一体何なんだってのが気になります。兄貴が土地から弟達を離したがっていたってことは土地に関係する何かだろうって気はするんですけど、暴走したり悪用したりってのもあるみたいだし、その割には地元警察も一部しか情報を抑えていないって事だから、微妙な状況です。

まぁまだ2話だし、もう少し様子を見る余地はあると思います。スローペースの割には状況だけが淡々と進んでいくという状態になっているので、出来ればもう少し何かが欲しいですね。次くらいから動き出してくる事を期待したいです。
今回もまた原作ネタ。徐々にこのペースにも馴れてきました。今回の話ならもう少ししっとりとしてもいいかなって気もしますけど、このあっさり感がハヤテらしいといえばそうかもしれません。

けど、ハヤテってのは明確な弱点は無いのかもしれないけど、結局弄られキャラであるということは変わらないので、実質そういうものは必要ないってことなんでしょうね。それはハヤテだけじゃなくて、ナギでもマリアさんでも同様で、そのキャラ付けがこの作品の特徴なんだと思います。

で、次回はなんか今更感はありますが、客船ネタ。個別に切り離し可能なショートのネタで構成してきています。予想以上にネタが残っていたんですねぇ。ただ、どうしても原作の1話で30分を構成しようとすると間延びした感じは出てしまいます。前後編とかにするくらいがちょうど良いと思うんですが、さすがにそこまではネタが残ってないのかもしれないな。
分かりやすい文章について

誤解と言えば誤解なのかもしれないけど、僕のエントリーの意図も正しく受け取られているようには思えません。僕としては個人攻撃をするつもりは最初から無いので、私は迷惑だとは書いてないとかとか言われても、そうですねとしか言えませんし、暴力って言葉の意味も完全に取り違えてる。ただ、最初のエントリーにある種の思考の典型を見たので、そういう人って自分の思考論理を理解しているのだろうかと疑問に思っているってだけです。

JRが取り下げた本当の理由は知りませんが、結局あぁいう物言いを許すのは何故か、あの言い訳が通る理由は何か。それを考えれば、原因が、迷惑だと主張する人達にあるのは明白です。つまり、貴方が怒っている欺瞞は貴方のような人達(貴方自身とは限らない)によって、正当化されているってことです。個人が自分の基準を持つのは自由です。けれど、それを一般化することはできないというだけです。

ひょっとしたら、そこまで貴方自身は強く思っていた訳ではないのかもしれない。けれど、思考方法にそういう癖があるんじゃないかという気はします。「人並みな私の感覚」「(自分の)一般的な感覚」をマナーと表現しています。それは「人並みではない感覚」や「一般的ではない感覚」はマナー違反で排除する対象になり得るってことを意味しています。自分の感覚の正当性を担保する手段に「人並み」とか「一般」という言葉を使っているところに思考の癖が見えます。貴方自身はどうかわかりませんが、堂々とそれを公的に排除しろと要求してくる人達も居るってことです。JRの決定が気に入らないなら、まず怒るべきはそういう人達に対してなんじゃないですかと僕としては言いたい訳です。

繰り返しになりますが、貴方の怒っている原因を作っているのは貴方と同じ感覚を持っている人達に起因しているんですよ。って話なんですが、どこか間違っているでしょうか?
FC2テーマ:大衆 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
やっぱり本編に入ればそれなりに面白くなります。散々もったい付けてきた前振りが一気に進展してくるのでボリューム満載です。惜しむらくは、これだけ時間をかけているにも関わらずキャラが薄いので、例えば吉田さんの台詞や、彼女を連れ出したシャナの行動にしても、違和感が無いって程度にしかなっていません。台詞一つでグッと来る、中盤の盛り上げどころだと思うんですが、それは成功しているとは言い難いです。

で、丸々1話つかってフィレスに騙されましたって話になっている訳なんですが、まさかそれで終わりですか? 今回のみんなの努力はなんの意味もない単なるドッキリってことはないですよね? フィレスを止めるのは、彼女に取り込まれた彼女の分身が大きく影響しなければ今回の話って、たんなるドッキリの前振りでしかありません。で、そういうのを無駄話と言います。

是非そうならないことを祈っています。これ以上無駄話を重ねるのは、どう考えても得策だとは思えませんので。