FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
状況はどんどん進行して行ってるなという感じがします。けど、ペルソナの存在自体を謎にしているからどうにも歯切れが悪い。最初から当人にも意識できる形で出てきているし、それに関する事件が複数起こっていて、人死にまで出ているって認識もしたということで、そろそろネタ出ししてくれるんじゃないかと期待しています。

ひょっとすると、1クールでネタ出しで折り返しとかそういう構成の可能性もあるかな。このペースを考えるとそれもあり得そう。とりあえず、二つの陣営があって、双方ともそれなりの組織力を持っていそうだというのは判りました。後はペルソナに関するルールが出てくれば、徐々に話が見えてくるかもしれません。

何れにしてもそれらが出揃ってやっと初期設定が完了ということになるはずなんで、出来る限り早い段階で出てくることを希望したいです。
スポンサーサイト



相変わらず情報だけが出てきて、それらが繋がってません。他の番組とスタート時期が違うので錯覚してしまうのですが、まだ12話なんだな。これは後半にはいるまでこのペースって感じでしょうね。

断片的にしているので、情報量の割には謎が謎のままで残っています。が、それは同時に話が全然見えてこないという副産物を生んでいます。やり方が極端なので、緊張感は維持しているものの、見ていて結構苦痛に感じることが多い。

ほとんど色気が無かった状態から都が少し絡んできたというのが、見ている側からすると唯一の救いなんですが、それにしても、やっぱり初期設定に十数話というのは、複雑な話だったとしても長いですね。
やっぱり原作1話で30分の話を作るのはどう考えても無理があるな。しかも毒気が抜かれてるから、インパクトが落ちてるし、ネタとして意味が通じてないところもあるし。かなり厳しい。結果、本来描きたかった部分が相対的に弱くなってしまっているって感じました。それにやっぱりこの時期にこの話を持ってくるのはタイミング悪いって気がする。

次回は、ナギの漫画の話らしいけど予告を見るだけでも相当苦しそうだ。原作のネタってもう残ってなかったんでしたっけ? 素直に2本構成とかにした方が良いと思うんですけどね。
西村監督は、やっぱりキャラクターの細やかな心情表現が上手いですね。少なくとも今のところは、特に変わった事件がある訳でもないし、愛子ちゃんまで眞一郎寄りとなると、下手すると単なるハーレムものになってしまうんですけど、丁寧なキャラ描写が話を一段深めてくれています。

比呂美ちゃんの心情を明らかにしていく過程が、眞一郎視点で程良い遅さで進行しています。これ普通にやられれば絶対怠いんですが、細かい部分の表現が効いているので、飽きずに見ていられます。とはいえ、比呂美ちゃんがああいう性格と境遇ですから、どうしても動きが少なくなってしまうところを、乃絵が良いアクセントになってくれています。逆に乃絵のある種の奇行をあまり強めにしてしまうと、どっかの変人集合アニメみたいになってしまう。そうならないところで止めています。その辺のシナリオバランスが上手いです。

人間ってのは、それ程単純には出来ていなくて、ちょっとした事でも結構複雑な心情変化を見せます。それが表現できればキャラに深みが出るのは当然なんですが、作品に反映させるってのは言うほど簡単な事じゃない。だからどうしてもシチュエーションに頼る方向に走りがちになるんですけど、エピソードが目的の為に置かれているってのが見えてしまうことが多い。そうなると一気に興醒めしてしまう訳です。それを、純粋にキャラ描写から入って行って、それを成功させる事が出来れば、特に大きなエピソードを持ってこなくても作品は成立します。けど難しい。

キャラが成立しているから、その心情を汲みやすい。だから今回の立ち聞き事件でも、その思いの元や受け止め方が非常に理解しやすいです。これぞキャラ描写って感じですね。何話見ててもキャラが何考えてるのかさっぱり判らない作品もありますが、僅か数話でここまでキャラを立てて、感情移入させてしまうというのは流石です。