FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
とりあえず、作画が戻って良かった良かった。あのままだったら泣いてるところです。ダークな奴はどこまでもダークって展開。陰湿なダークだから、ミヤミヤみたいな憎め無さが無いって辺りの対称性がなかなか凄い。

で、タマちゃんの戦いをどう処理するのかなと思ったら、やっぱりそれでも強いという風に来ました。それはそれでアリ。けど、2本目で棄権って流れなのかな。いきなり次回はその後とかになってたからどうなんだろ。剣道の試合のルールがよく判らないんだが、勝敗が並んだ場合はどうするんだろ。代表戦とかか? でも、相手の先生が技の数で云々言ってたからそっちで勝負が付くのか?

この場合勝っても負けても、そこからの展開がちょっと楽しみになりそう。なんか剣道アニメになってきてるなぁ。いままであんまりそういう雰囲気なかったけど(笑) 次回の決着編が楽しみです。
スポンサーサイト



最初のエピソードが鬱々だったから、そんな話が続くのかと思ったら、意外にしっかり物語を作ってきてます。バランスも良くて、今回は設定部分を多く出して来ていて、その分エピソードの方は軽めにしてます。構成もしっかりしているなと感じさせました。

考えてみれば配達人が複数居るってのは不思議なことじゃないんですが、街単位で区分が為されているというのはちょっと斬新。ただ、その設定が使われるのかは微妙な気もする。もし、使われるようなら、しっかりしている証拠。

で、二人目登場。しかもちょっとタイプが違っていて、結構可愛い。しかも、彼女さらっと重要な情報話してます。フミカがスペシャルであるというのはこれで判った。出した以上収束してくれることを期待してしまいます。

けれど、それほど大きな問題でもないから、裏の本筋にするには良い塩梅だと思います。出来ればエピソードが進むにつれて、フミカの過去にフィードバックされていく的な構成になっていると美しい。その辺にも期待させてもらいましょう。今後がちょっと楽しみになりました。
【低学年放課後の居場所(2)】全児童対策事業…行き届かぬ指導員の目

スタッフは子供が入って1カ月以上たっても、顔と名前が一致しない。ドッジボールで一緒に遊ぶこともなく、子供同士が仲間意識を持つ手助けもしていないように見えた。


『仲間意識を持つ手助け』って何? 最近の餓鬼はそんなことまで"してもらわないと"遊ぶことも出来ないの? それを施設側の問題ですって言われてもなぁ…。甘えすぎなんじゃねーの。

なんでもかんでもお膳立てして貰えるのが当たり前。自分が出来る環境が用意されているのが当たり前と考える子供が出てくるんじゃないでしょうか。まぁ他人の餓鬼ですから、教育方針にとやかく言っても仕方ないですが、それを公的サービスに求められてもという気がします。

僕が子供の頃は、学校でも託児所でも同じで、その時間が終わり制限下から解放される自由さというのが重要でした。小学校低学年のころなんて、学校の休み時間でも、放課後でもやってること自体はそれほど変わりはしないのですが、それでもその差は歴然と感じていました。大人が介在するのはトラブルが発生した時のみで、それ以外は放置されていました。それが嬉しかった。今の子供はそういうことを感じないんだろうか。感じていても従っているんだろうか。それともむしろ管理されることを望んでいるんだろうか。

親や先生や指導員が想定する「良い子」で居ることに何の疑問も持たない。持ったところでどうにもならないし、損するだけ。そういう考えがまかり通っているんじゃないだろうかと心配になります。10歳にも満たないような子供に対して、奴隷根性を身につけさせて、自分の商品価値を上げる。自分が商品になることを否定しない。そうなっているようでなんか気分が悪いですね。
【主張】ブリッジ法案 対立激化だけでよいのか

結局与党であれば、どんな案でもごり押しできるという考えは変わらないようです。凄い発想ですね。もうこうなってくるなら議会なんて必要もないんじゃないだろうか。数百人も政治屋を雇い入れて挙げ句この程度の決着しか出来ないようじゃ無能と断定してもいいんじゃないかと僕には思える。

結局法律の抜け道を利用して、自分達の意見を無理に通すというやり方は、まさしく合法ヤクザそのもの。この程度で先生なんて呼ばれて威張ってられるのだから、気楽なもんです。

ただ、結局こういう政治屋が堂々と居座り続けているのは、まさしく奴等を選択している連中が居るからに他なりません。しかもかなりの割合で存在しているから、多数派をしめることになる。つまり、民主国家の場合は政治屋を見れば国民の民度が良く判るってことです。この民度で近代民主制を採用するというのは、まさしく国にとって自殺行為としか表現できません。
FC2テーマ:政治 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
公務員の「守秘」、処罰どこまで 情報提供に規制の動き

政治家と役人のどちらも信用できないからこれが問題視される。なんというかもう、笑うしかないという感じの状態です。密告制度を活用しないと、まともな運営が出来ないと言われている訳で、酷い世の中になったものだという感じがします。

制度上問題外の役人共はともかくとして、選挙による選定を受けている政治家が信頼に値しないというのは深刻で、これも制度に致命的な欠陥があると判断せざるを得ないでしょう。見たことも聞いたことも無い人間に対して、自分の参政権を無条件に委任するという行為を何の疑問も持たずに行っている主権者がほとんどですから、さもありなんという感じはしますが。

何れにしても情報は隠されるより出される方がより望ましい。仮に余計なものまでが出される可能性があったとしてもです。必要なものが隠蔽されるよりははるかに良い。情報の隠蔽は犯罪の温床でしかありません。隠すも出すもリスクはありますが、どちらにもリスクがあるなら、出す方がまだマシと判断するしかないでしょうね。
FC2テーマ:政治 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
絶好の景気対策、暫定税率の廃止

5ページもある文章ですが、何のことは無いポイントはほぼ2ページに集中しています。しかも、2箇所

たしかに、道路特定財源は道路関連予算に使わなくてはいけないという決まりがある。しかし、その逆として、一般財源で道路を造ってはいけないという法律はどこにもないからだ。

 民主党が主張しているのは、道路予算を減らせということではない。ただ、暫定予算を減らせと言っているだけである。暫定税率を廃止しても、必要な道路は必要なだけ造ればよいではないか。


という部分と

幹事長の発言から想像するに、税率がどうこう言う以前に、そもそも道路予算を減らそうという考えが、どこにもないことが分かる。


という部分。これは前から思っていたことだけれど、奴等が何かをやろうとする時必ず口にする言葉、それが「財源」。そりゃあ打ち出の小槌があれば、誰だって何も考えずにそれを振るだろうけど、実際にはそんなものは存在しない。ところが、役人や政治屋はそこを全く理解していない。必要なものは必要な分だけ徴収すればいいという考え方が成立してます。しかも、一度決めたものは手放すまいと必死になる。

何か欲しいものがあったら他の何かを我慢したり、無駄を切り詰めてそちらに予算を回すと考えるのが正しい。好きなものを好きなだけ買えるほど大金持ちならそんなことは考えないかもしれないが、今の某国の財政状況は破綻状態であるというのは誰の目で見ても明らか。にも関わらず発想が変えられないという時点でこいつらでは役に立たないというのが良く判ります。

必要な所に必要な予算を割り当てるのは当然必要。でも、その必要の基準は見直さなければならないし、効率も考えなければならない。不要な天下り法人や不正な談合。訳の分からない経費や慣例などなどなどなど、どう考えても切り捨てるべきな部分は山のように残ってるでしょう。公務員の給与や賞与だって堂々と上げてるじゃないですか。それで金が無いから、暫定税率を維持する? アホですかあなた。

この記事の本筋である、景気に対する効果という部分に関しては、僕にはどの程度の効果が見込めるのか良く判らないので言及しません。ただ、景気の状況に関わらず、こいつらのやり方が完全に間違っているということだけは間違いない。

ガソリン国会はよろしくないなんて言って、この問題を軽く見ている馬鹿も居るみたいですけど、役人と政治屋の基本的考え方が露骨に出ている問題だけに、簡単にこれを許してはなりません。奴等の体質を根本的に否定する為に、徹底的に抵抗するべきでしょう。ガソリン代が云々とか、道路が云々とか、そういう表面上のことは些末な問題です。それが一部の人達にどんなに切実であったとしてもです。ここで、与党の物言いを許してしまえば、この先にまた酷い悪例が残ることになるでしょう。このチャンスに根性を叩き直しておくべきです。
FC2テーマ:税金 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:1 | Page Top↑