FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ひょっとすると、理恵子さん関係の問題はこれでクローズするのかもしれない。普通なら、そりゃないだろうって思うところだけど、本筋に直接影響しないエピソードをクローズしないというやり方はシムーンでも出ていましたし、本筋に関係するところでもはっきりと描かないというのが西村的かもしれない。要は、比呂美ちゃんが家族関係で悩んでいた。けどそれは解決したというプロセスが大事なのであって、それが最終的にどうなったのかはあまり問題ではないのかもしれない。

乃絵の春は短かったなぁ。ちょっと可哀想かもって思っちゃいました。けど、まだ最終的な結論が出た訳ではないです。ここからどうなるのかはまだまだ予断を許さないところ。次回は愛ちゃんの方を片付けに来るみたいですね。綺麗な構成です。というか、1クールだと綺麗な構成でないと話として成立しないでしょうね。それだけに変に設定を隠したりすると失敗するんですが、それでもテンションを維持する為には、それなりの演出技術が要求されるでしょう。今作は十分その要件を満たしていると思います。

兄妹かもしれないという緊張感から解放されたという感触は良く出ていました。ある種の極限状態では、誤魔化しのない気持ちが出るというのも判りやすい展開。これまでを踏まえてどういう結論を出すのかがこれからの見所です。眞一郎の側がまだはっきりしていないので、方向性は定まっていないという感じはしますが、こういう話はそれでも良いんじゃないかという気がします。

今回でこれまでの仕掛かり分はクリアしてしまったという感じがしますので、次回からの展開がとても楽しみです。ここまで来れば恐らく綺麗な話に纏まっていると想定できるので、ラストに向けてきたいしたいと思います。
スポンサーサイト



偉く派手でしたねぇ。相変わらず無理矢理な進行の為の設定とキャラの言動が鼻につきましたが、これはもう無くならないでしょうね。そういうもんだと思って諦めるしかない。だとしたら、素直に派手な演出を楽しむ以外に手はないでしょう。

少なくとも前半のかったるいだけの展開に比べれば、格段にマシになったと言うことだけは事実です。どんどん強さがインフレしてとんでもない状態になってくれた方が良いのかもしれません。
まるで得点の臭いがしないゲームでした。中盤が全く構成できない。横浜に隠した扱いされてしまった感じです。高原、エジミウソンのコンビネーションが出来上がっていないというのもあったかもしれませんが、それ以前の問題も大きそうです。

山田、平川がまるで機能していない。ボランチの押し上げも全く足りないという状態。このメンバーでは問題があるんじゃないかという気がします。永井、達也の投入も遅かったような気がする。それだけ期待があったと言うことかもしれませんが、前半の出来を見れば後半開始の段階からメンバーを入れ替えても良かったような気がします。

三主が怪我したことで、3-5-2が一番だと僕も思いましたが、やっぱり3バックでは駄目だろうと感じました。横浜クラスを相手にすると途端に攻撃の組み立てが出来なくなると言うのはかなり重傷です。ポンテが居ないということを差し引いても、もう少しまともな試合が出来るようになってくれないと、優勝なんて到底出来ないでしょう。
渚の秘密を前半は引っ張ります。実は養女とかそういう話かとも思ったら案外小粒な内容。まだ引っ張るって事はばれる話もあるんだろうけど、どういうリアクションを取らせるつもりなんだろうか。こういう展開をした時にどう収めるのかちょっと興味ありますね。

話の進行は激遅。秘密が明かされた以外にはほとんど進展無し。あえて言うなら岡崎の心境変化の部分は見られたけど、岡崎家の状況が今ひとつ掴み切れないというか、なんでそこまで親父を毛嫌いしているのかという部分が理解できていないので、その変化のウエイトが計れないでいます。

ロボット娘はお話の中の少女ってことみたい。けど、この話がどこから来たものでどんな意味を持っているのかは謎。ここまで見てきても全く繋がりが見あたらない気がする。それについては次回辺りに何か解説が出ることを期待しましょう。
第一話はキャラ紹介。第二話は設定公開。ここまでは順調に推移しています。不老不死に一応の説明が為されたところはとても評価できます。これを伏せたままで進展する事が最近は多く、その手はまず失敗しますから、まずその点は安心しました。

そもそも不老不死というのは、完全なオカルトでなわけで、作品内でも今のところそれに関しては否定もしていない。そもそも燐からしてそこは理解していない訳だから説明のしようがない。そういう状況を説明しなければならないというのは、結構しんどいことで、今回はその苦労がにじみ出てしまっているようには感じました。

1話は設定から早々に切り離してしまっただけに、逆にエッセンスを強く使えたのに対して、今回はどうしても説明的な内容になってしまって、その分話や展開にキレがなかったように感じます。まぁ、毎回同じような展開ではつまらないというのもありますし、やらなければならないことは前倒しで出来る限りやってしまうと言うのは悪い事じゃない。これで次の話は比較的楽に展開できる可能性もあります。

やはり問題は不老不死をどう扱うかということでしょう。結構な劇薬ですから、効果はてきめんですが、副作用も大きい。使い方は慎重にしないといけません。しかも出してしまった以上使わずに引っ込める訳にも行きません。まずはその仕組みをどう決着させるか。オカルトに逃げるのか、科学の方向に引っ張るのか。そこが見所。そして、それを受けてキャラクター達がどんな選択をするのか。この二つが当然のことながら注目点になります。バランスを取りつつキャラクターを描いていくというのは、材料が強烈だけに結構難易度が高そうです。その分成功すれば実りも大きいはず。

テレビシリーズに比べれば、じっくり時間をかけて作れるはずですから、是非成功させて欲しい。ともかく燐ちゃんは今のところ上手く描けてる。まだ掴み切れてない部分がありますが、見ていて魅力的に感じられます。エロスを解禁したのが効いているのかもしれません。次回は少し踏み込んだ話になりそうなので、彼女をもう少し描き込めれば、そこからラストに描けて良い感じに舞台が出来上がるでしょう。折り返しとなる次が結構重要そうです。