FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
基本的には花見ネタ。けどちょっとオチが弱いかなって感じはします。個人的には猫関係のネタが受けた。微妙な訳話からなさというか、不条理さが好きです。しかし、なんだかんだ言って、こんなことにあれだけの人数が集まるというのが凄いです。君たち余程暇なんだなぁって感じ。それで形式的な場所取りを敢行して、何もすることが無くなってるって一体… って感じてしまうようでは、南家の仲間たちにはなれないってことなんだろうな(笑) きっと夏奈ちゃんになじられる側なんだろうな。

それにしてもやっぱ内田は効いてる。インパクトあるよなぁ。実施に良そうな感じのボケかたかのがなかなか良いです。ラストまで是非彼女には頑張って欲しいものです。
スポンサーサイト



Jリーグ第1節 浦和レッズ v.s. 横浜マリノス

オジェックが過度にコンサバだというのは理解できます。けど、一体選手達にどの程度の強制を与えているというんでしょうか。それほど自由なプレイを束縛されているというんでしょうか。監督に文句を言える程の働きを選手達はしていたんでしょうか。激しく疑問です。

永井、田中の投入が問題になっています。確かにあれは疑問符が付く采配であるかもしれない。けれど、そういう状況になった以上、それなりのやり方というのが出来ないのだろうか。出来ないのは監督だけの責任なんだろうか。高原、エジミウソンのコンビネーションが未完成だなどというのは最初から判っていたこと。けど、最大の問題だった中盤の5人は、去年からのメンバーだった。山田のトップしたも、阿部のボランチも経験済みのはず。戦術が徹底してないなら、選手達で集まって戦術を詰めれば良い。その程度のことは十分出来る選手達なんじゃないのか。

監督がどの程度指示を出して、それをどの程度強制しているのかが判らないのでなんとも言えませんが、実際にゲームに出場しているのは選手達なんじゃないんだろうか。シーズンが始まって1試合しか終わっていない状態で監督批判をして一体なんの益があるというんだろうか。マスコミに文句を言う前に監督と話し合えばいいんじゃないの?
いろんな意味で不用意なって感じがする回でした。それだけ、思いがあるという解釈も判らないでもないですが、穂波はある程度どんな人間かを理解しているはずで、にも関わらずころっと騙されているというのは、展開として厳しい。だとすれば、実は善意からの行動というパターンもあり得るかもしれない。何故だまし討ちのようなことをするのかは判りませんが、単なるいたずら心とかそういうオチもあるかもしれない。

美佳子とのシーンは、見ていて麗しかったけれども、全体から見れば全く意味なし。それに時間をかけるなら穂波なりの過去話を入れた方が有意義だったでしょう。次回以降何かしら生かすような展開があるのかもしれませんが、実際のところは厳しいだろうな。

今回のところはまだ序章で、初期設定が終わったという段階。内容によっては3話構成かもと思えるようなペースだけど、2話構成でもいつもこんなモノかもしれない。穂波とアディが絡む話はそれなりに面白いので、展開が楽しみですね。
事件については現実的説明がされる気配ですが、それと様々な超常現象がどう結びついてくるのかはまだ判りません。最終的には収束するのかもしれませんが、今回のネタだけを見ても全くそれを想定させる伏線は無かったように感じます。

とは言え都関連の話もあるし、無視するって事は出来ないでしょう。なんでそうなるという前提条件が明示されていないので、たとえそれが最初から想定されていて、その通りに話が進行していたのだとしても、伝わってこないので、後出しと同じ結果です。

もう少し、情報の出し方を工夫していたら、それなりに楽しめる作品になったかもしれないという気がするだけにちょっと残念です。