FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
肉体を持ち刹那に生きること。時間と空間から解放されて意識を融合させ生きること。その二つはどちらが良いとか悪いとか判断できるものではない。だからトアの選択も、タナトスの選択もどちらも価値観の違いでしかない。

けれど、片方の持つ力が圧倒的で、かつ時間の制約が無いということが軋轢を生む結果となっている。何も無理矢理人類全てと融合するという選択をする必要は無いじゃないかと思うし、逆にここで全ての因子を摘み取ってしまうのは賢い選択ではないというのは、タナトスレベルの意識体なら容易に想定できるはずだと思うんですけど、なんでこういう選択になるんだろ。

教授が抗タナトス因子を受け継いでいますから、最終的にはタナトス破壊という方向なんじゃないかという気がしますが、人類がそういう爆弾を持っているという想定もなかったと言うことでしょうね。しかも、意識融合に関しても同時に爆弾を原に抱え込むことにもなりかねないと思うんですが… どうもラストに向けてタナトスの表現が甘くなっているような気がします。確かに難しいんですけど、もう少し賢いんじゃないかなぁという気がします。

スポンサーサイト



う?ん、正直これまでの一連の話と、このラストって繋がりが悪いって気がしますね。流れ的には弘瀬が村を変えるって方向でずーっと来てたのに、いきなり退行しちゃいましたって言われて、はやみが弘瀬を助ける話に展開されてもなぁって感じがする。更に言うなら、爺さん達を警察に突き出すことで、あるいは突き出すと脅して黙らせたとしても、それって本質的になんの解決にもなっていないような気がする。その場はしのげたかもしれないけど、それで万事OKですって方向に持って行かれてもなぁってのが正直なところ。それではやみが出て行ったから、それ以上にはならなかったのかもしれないけど、どうもすっきりしないです。

で、あれは生き残っただろって気がしたんですが、すっかり死亡していました。あらあらって思っていたら復活ですか… まぁその方がらしいといえばらしいんですが、それも違うんじゃないって気が正直しますね。かな?りすかされたって気がします。

FC2テーマ:H2O | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
腹けられ1歳児重体 傷害容疑で20歳母親逮捕

荒木容疑者は実母と妹、長男、次男との5人暮らし。


20歳で子供が3人ってことは、最初の子供は16歳の時ってことか? そんな奴が親権を持てるという仕組みが間違ってる。この女の罪よりも、家族制度という制度の罪の方がはるかに大きい。もういい加減血縁という発想から脱却できないものだろうか。それが出来ない限り、こういう不幸な子供達が居なくなることは絶対に無いでしょう。家族制度は明らかにメリットよりもデメリットが大きい一番に廃止するべき制度でしょう。
FC2テーマ:家族 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
役所の週末開庁で地域格差 経費、職員の勤務条件が壁

「従来の平日のみのサービスで十分だったのか。もっとお客さまのニーズに応えるべきだ」と中川原史恵広報広聴課長は日曜開庁を始めた理由を話す。住民を「お客さま」と呼ぶなんて以前なら考えられなかった。そこに住民の要望を無視できなくなったお役所意識の変化が見て取れる。


確かにその通りだが、それでもまだ違う。住民はお客なんじゃなくて「ご主人様」が正しい。しかも、自分達はメイドや執事なんて可愛いものだと思っちゃいけない。あくまでも奴隷と主人の関係であるという認識が必要。お客だなんて思っているから、サービスをしてやってるという意識が残るだろうし、商売ならやらないという選択肢も取ることができる。けど、奴等にはそんな選択肢を与えてはいけない。なぜなら商売の売り上げがどうであっても奴等は何の責任も負わないからだ。

通年で土日とも開庁するのはなぜ、難しいのだろうか。ある自治体は「コンピューターのシステム上不可能」「経費、職員の勤務条件を考慮すると難しい」という答えだった。


それなら、そんなシステムを作った会社を呼び出して作り直させろ。そこで発生する費用は、仕様策定した職員の自腹だ。その程度で経費や勤務条件を気にする職員は全員解雇すればいい。はいこれで問題解決ですね。役所の義務的なものの受付、発行は24時間365日が当然のこと。個人経営のコンビニでも出来ることが、役所でやれないはずがない。

大体その程度の内容なら、個人認証の問題だけクリアすれば、完全自動化することだって可能なはずだ。それこそ住基ネットに登録すれば、自販機で全て発行可能にして、職員なんて大量解雇にすることだって十分できるはずだ。まともな仕事も出来ない癖に、不平不満だけ一人前の奴隷なんて、切り捨てるのが一番でしょう。
哲学の耐えられない軽さ - 書評 - 人権と国家

現代における哲学には、批判はあっても提案が見当たらないのだ。


哲学ってのは元々答えを出す為の学問では無い。よって答えを出すことは必須では無い。なので、当然とは言わないまでも別に取り立てて問題視するほどのことではない。こういうことを書いている段階で哲学を知らないで批判しているだということが良く判ります。当然ですが、批判をしているだけでは哲学者でもなんでも無いです。哲学そのものと、一般に言われるところの哲学的を混同しているんでしょうね。

さらに言うと、答えが出てこないから軽いという価値観こそが資本主義の病巣の根本であるということもきっと理解していないんでしょうね。
KazuSさんと旅行するなら、ぜったい橋下には行きたいんですよね

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
丁寧に描き込んでるなという感じがします。わざわざ物語の筋を新しくしてまでトリエラとの対決を引っ張る念の入れよう。これが吉と出るか凶と出るかは、最後まで見てのお楽しみという奴でしょう。たっぷり時間をかけてピノッキオの側の変化を見せるというのは確かに効果はあるように感じます。原作を見た時に、その部分はあっさりとしていたなという気がしましたからね。

問題は、原作ではピノッキオのエピソードというのはあくまでも話の途中でしか無く、そこから先はまだ続いているのに対して、アニメシリーズはそこで終わってしまうと言うことでしょう。そうなると、どうしてもそのラストに原作以上の意味を持たせなければならなくなります。しかも、それはシリーズを通して総括した形になるのが望ましい。

その部分の意味づけが出来るかどうかがこのシリーズが成功するかどうかの一番の鍵になると思います。ここまでの出来は予想以上に良いものになっているし、トリエラを中心に義体の方の表現も一応それなりには出来た。ラストの出動にはエッタやリコもかり出す形にした。そんな風に舞台は整ったという感じがします。後はそこで何を演じるかですね。後2話で何が出来るのか、是非期待して見てみたいと思います。

意気込んで飛び込んでいったけれども、おかげで面倒なことになるというパターン。ここへ来てキャアはねーだろって感じですね。不思議なことに男達はみんな死んでいくのに、女達は生き残るという現象が起こってます。摩訶不思議ですね。

まぁ初めて見たはずの飛行機を簡単に操縦できたり、それ以前に王族が揃いも揃って敵艦に特攻かけていく段階で、既に論外なんですけど。