FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
何となく収束してきているような気がするのは確かなんですが、やっぱりどうも流れとして繋がってこないなって感じがします。いろいろな要素をごちゃまぜにしてしまったが故に非常に掴みにくい構成になってしまっていると感じます。ついでに微細な部分の表現に拘った代わりに、肝心な部分が大きく欠如しているようにも感じます。

なにか雲を掴むような感じというのが一番良い表現なんじゃないでしょうか。何かがありそうな気がするし実際にあるのかもしれないけど、何度試みても掴めないそんな感じです。ラストまでにもう少し実体感が出てくるんでしょうか。厳しいような気もしますが。
スポンサーサイト
ラストに向けて弓を引き絞っているという感じ。それぞれのキャラの微妙な心情変化を巧く表現しているのはいつも通り。安心して見ていられます。眞一郎と比呂美の二人共が飛びそうで飛べないという状態が良く描けています。

そんな中で石動兄妹というのは、二人にとって面白いポジションを取っているなぁという感じを受けます。逆に愛ちゃんと三代吉のペアに関してはもう少しメインストーリーに絡むかなと思ったんですけど、それ程でもなかったように今の段階では思えます。

まだ答えは見えていません。それぞれの結論の先に何があるのか。期待してラストまで見てみたいと思います。
ん?、盛り上がっているような居ないような。前向きになったのは結構だけど、結局無策で突っ込んだところで、なんにもならないと思うんだけどね。しかも、億さんに勝ったのだって、たまたまパムが戻ってきたからで、それがなければ殺されました、はい終了って感じだったように思えるんですが。

彼が暴走しているのは判ったとして、それが何故なのかとか、そうなるとどうなるのかとかそういう部分が一向に出てこない。悠達は純粋に自分の身を守る為に戦っているだけであって、そこに何らかの意志が見えるとかも無い。作品を通じて何を描きたいのかさっぱり判らない。

面白いかどうか以前に、これじゃ判断しようが無いんですけどねぇ。
結論から言うと、判るけど判らない。渚の性格からして落ち込むのは判らないでもない。けど、それをラストに持ってくる意味がわからない。彼女の悩み自体はチープで、しかも無意味。それはオヤジの台詞であっさり復帰することでも明らか。彼女がそれを悩んだところで何もなす事は出来ないし、それで鬱々になったところで誰も喜ばない。結論が明確な展開は物語としてはイマイチ。

しかも、それらのエピソードがラストの告白に全然繋がってこない。岡崎がなんで決断をしたのかがさっぱり判らない。話が三段跳びしているように思える。まぁ岡崎が渚に対して好意を抱いていたというのは既に前振りがあったわけだから不思議なことでは無いんだけど、なんで、文化祭のあの展開から翌日の告白に繋がるのかがさっぱり判らない。実際には無くはない展開であるけれど、物語としてはあり得ない。

これは、ことみ編でもそうだったけど、それまでのエピソードとラストに断絶がある。シナリオの構成が悪い証拠。形式的に感動の形を作るだけ作って投げっぱなしという印象を強く受ける。つか、渚編に関してはそれさえも上手くいっているとは言い難いレベルでしたが。

まぁこんなもんだろうなC級作品ってことでしょう。