FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ここまで追い込んでしまったので、ラストは纏めに終始する形になりました。紫音の才能を見つけたという予想通りの動機だったわけですが、だとすると、紫音の才能がずば抜けているという描写がもう少し必要だったように感じます。

まぁ名人が狂気に走ったという解釈も可能なので、どこまで理性的な感覚で見て良いのか難しい部分もありますが、少なくとも途中までの名人というのは、常人に見えたし、紫音に対しても、それ程特別には接していなかったように見えました。

そういう部分でやや不満が残る部分はあるにはありますが、それでもまぁそれなりの緊張感を保ちつつ、作品を描ききったという部分に関しては一定の評価が出せると思います。もう少し周りを使えれば、物語に深みが出たと思うんですが、事件の部分をこういう構成にしてしまった以上、どうしても名人対紫音という構図になるし、時間的な事を考えても周囲を絡ませるのは難しいストーリーであったんでしょう。それが、この作品の魅力であると同時に限界でもあるのかなという気がします。

原作はどうなっているのか知りませんが、アニメとしてはクールの枠の中で良く収まっていた良作なんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト



次回は番外編なので、実質的な最終回。一年を経過して、ナギとハヤテの関係を再確認するエピソードで、不幸を加速しつつお約束な展開をするというのは話としては無難なところ。どこかで見たような見てないようなそんな展開だけに、らしさは出ていたと思います。逆に言えばこれだけ続けたこの手の話を締めくくるには、こういう展開しかないのかもしれません。それなりに良くできていたと思います。

結局、纏めようがないのがハヤテのごとく!ですから、それを踏まえた上で、キャラを一応登場させて、その上でとなるとこうならざるをえないと言うことでしょうね。本当のラストに、番外編を持ってきた辺りが、一応努力の跡と言うことかもしれません。

なんだかんだ言っても、長く続いたシリーズが終わるというのはちょっと寂しいものがあります。番外編はそういうラストにはぴったりなんじゃないかというエピソードなんで、この構成は悪くないんじゃないかと思います。
そうか、ラストに人間バレネタか、考えてみればそれは無難な進行だよね。しかし、容疑がここまで濃厚となると、それを晴らすことが難しいだけにどうやって収集させるんだろうか興味が湧きます。これまでと違って力業なんとかなるとも思えないですしね。

人間であると言うことを認めるのか、それともまだうやむやにしたままにするのかという選択はあると思うんですが、どちらにしても簡単じゃ無さそうです。さて、どうやって解決するのやら、ちょっと楽しみですね。
なるほど、これで一応これまでのエピソードを繋いだって事ですね。セロテープで貼り付けた程度ではありますが、無いよりはマシでしょう。まぁそれでも、感情を集めるなら一番危険なシャナ達が居る街でやる必要は無いだろうという気がするし、零時迷子だけを奪える段階でとっとと奪って、本番はほかでやればいいじゃないかとか思いますが、まぁそれって、特撮モノでは悪の組織は、なんで日本の幼稚園のバスをジャックするんですか? というのと同じくらい意味の無い質問なんでしょう。

まぁ派手派手でしたし、ここからはバトルモードってことでそういう方面を楽しむ分にはそれなりでしょう。深く考えないのが一番ってことでしょうね。