FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
フィンの狡猾さはある程度出ていたと思うんですが、穂波の単純さがそれを相殺してしまっているように感じます。それは穂波の思いの強さを表すという解釈も可能かもしれませんが、個人的にはそこが伝わってこない。フィンが何をしたかったのかもよく判らない。純粋に穂波の願いを叶えたかったというのが本当ならば、やっぱりフィンと穂波の関係をもう少し掘り下げないと厳しいんじゃないかという気がします。

何となく全体的に中途半端という感じがどうしてもしてしまう。アストラルの面子が助けに来ても結局役には立たなかった。穂波が最後は決着をつけた形になっているけど、それもあまりにも迂闊すぎたんじゃないかという感じがしてしまう。それは攻撃を受けていたフィンにあまりにも余裕がありすぎたからこそ生まれる感覚。

ディテールの表現が甘いなという部分があちこちに見受けられます。それが積み重なって、全体として冷めてしまうと言うような状態。頑張った感じはあるんだけど、ちょっと残念です。ところで、グラムサイトとグラムサイトの戦いって、まさしく矛盾って奴になるような気がするんだけど、どうやって決着が決まるんですかね。
スポンサーサイト
別の3会計も健康器具や釣ざおに、2000万円超す

役人には一刻も早く死滅して欲しいと切望しているのに、なんで奴等の健康の為に税金が使われなければならないんでしょうか? 誤解を招くどころの騒ぎじゃねーよって言いたいですね。犯罪だっつーの。さらにだ「マッサージチェア2台などを350万円」って一体どんなマッサージチェアだよ。一台100万を超えるようなものを買ってるってことか?

やっぱり奴等を人間だと思うから駄目なんですよ。病原体として扱って、早急に駆除しないとロクなことになりません。1匹でも見つけたら、100匹は隠れているってのがゴキブリですが、奴等の場合は1匹居たら100000匹は隠れていると想定できますから、巣ごと全て処分するのが正しい処置方法でしょう。
米ソニー、プリインストール・アプリ削除サービスで騒動

ノートPC選択の基準は今も昔もパッケージ版のOSをクリーンインストールすることが可能なサポートが受けられ、かつ必要な機能が全て動作するか。が最も重要。なんせ、デスクトップと違って非汎用のパーツが使われている事が多いですから、メーカーがきちんとサポートしてくれない限り、永久にクリーンな環境を利用することが出来ないということになってしまいます。

最近はノートを買っていないので、現状は知らないですが、僕が買った時にはこの基準で見ると、SONYなんか論外、富士通、NEC、東芝といった国産メーカーもアウト。で、結局選ぶのはDELLとかの海外メーカー。その中だったらIBMしかねーわな。と容易に結論づけられました。IBMは昔もレノボになった今も、クリーンインストールしたOS上で最新のアップデートプログラムを走らせれば、必要なソフトはBIOSもドライバーもアプリも全て自動的にダウンロードしてインストールしてくれます。当然要る要らないを選択することも可能です。


つか、メーカー製PCって買ったらまずDiskのフォーマットあるいはOSのインストールから始めるってのは基本中の基本だと思っていたんですが、それって俺だけ?
権利者団体による「Culture First」の公式サイトが開設

彼らの主張はずーっと変わっていないし、今のところ変わる気配もありません。それはそれで見解としてはあっても良い。気に入らないのはそれを「Culture First」と名付けるところ。こういう自分達の欲望を綺麗事で覆い隠して誤魔化すやり方は薄汚いとしか言えない。素直に

「Money First」
あるいは
「Profit First」

って書けばいいじゃない。資本主義の社会だし、その方がすっきりして潔いと思うけどね。そう書かないからいつまで経っても説得力の欠片も無いし、こんなものに参加するような奴に文化を語る資格なんか無いと断言できるし、そういう奴の作品なんか見たくも聞きたくもないって思う訳ですよ。

勿論彼らにただ働きをしろとは言っていない。けれど、今のやり方を強化する方法は確実に文化を衰退させる。儲かるのは既に先生なんて呼ばれているような連中とその腰巾着。そしてそこに寄生する企業でしかない。その程度の想像力すら欠如しているようでは、あの才能は枯渇してしまったと判断するしかないでしょうね。
(財)日本ユニセフ協会インタビュー【第2回】児童ポルノ問題には国際的な一致が必要

日本ユニセフなんて胡散臭いとは思っていましたが、あそこまで大々的な暴挙を行っておいて、その根拠がこの程度のものだったとは、呆れ果てます。結局自分達が気に入らないってだけのようですね。自分達は一体何様だと思っているんでしょうか。正義の使者か神様か何かと思い込んでいる精神異常者の集団なんじゃないでしょうか。全員精神病院にでも隔離した方が良いんじゃないかという気がします。

っていうか、お前らの存在の方がよっぽど子供達に悪影響を与えているってことがまるで判っていないようです。特定の価値観を押しつけ、それ以外の価値観を排斥し、抹殺しようとしている。これを子供達の為という名目で行おうとしている訳です。そりゃあ、戦争もテロも紛争も無くなるはず無いわな。それで、自分の財布からはした金を出したり、暇な時間で活動ごっこをしたりして、私って良い人だわぁって感じていたいんでしょう。最も典型的で最もゲスな偽善者集団ってことですね。
12年遅れでネット規制に乗り出す自民党

またこんな馬鹿らしいことに税金を使っているらしいです。検討するだけでも税金が無駄遣いされている訳で、冗談抜きで勘弁して欲しいです。色々議論されていますが、正直議論する価値もないほど結論が判りきった内容に思えます。しかし、これが彼らの世界では判りきっていないというところに最大の問題があって、それ故にトンデモなことがあっさりと決まったりします。政治屋と役人の無能っぷりは既に確定事項なのですが、当人達は全くそういう認識がないので困ったものです。

政府の規制は全部悪。役人にプラスになることは全部悪。もの凄く機械的で大雑把ですが、それでも政治屋や役人に真面目に検討させて決めて貰うよりはより良い選択に近いんじゃないかと思えます。今の行政なんてその程度のレベルでしか機能していないってことなんでしょうね。
エピソードとしては面白いとは思うんだけど、影抜きってのが話全体にどう関わってくるのかが判らないので、何とも捉えように困るという感じです。中毒性があるというのは判るんですが、それが何故なのかとか、それを続けるとどうなるのかとか、そういう部分が見えてこないので、必死になっている意味が見えてこない感じがします。

さらにはペルソナとの関わりも判らないし、そもそもペルソナがなんなのかも判らないし、ペルソナが何を及ぼすのかも判らない。と判らないことづくしです。残り話数が数話しかない状態で今更この話を持ってこられて、どうしたいのか。これって中盤位に持ってくるべき話なんじゃないかという気がするんですけど。

それとも、これも2期ありきを前提にした構成になっているんだろうか。それならそれで最初からそういう風に銘打ってやってもらいたいんだけどな。