FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
良いテンポだったと思います。予想通りのタイミングまでで終了しました。この辺りが良いですね。これなら次回、決着をつけて若干のフォローをプラスする時間も取れるかもしれません。良い意味において冗長に作られていました。

エッタちん手玉に取られるの巻。そもそも実験橋の話というのは、アニメで付加された話で、本編には余り影響が無い形で付け加えられています。けれど、単なる時間稼ぎというだけでなく、今回の構成ではどうしても足りなくなってしまう部分、これまでのエピソードの中でクローズ出来ていない部分、そういうものを補っています。その一番の例が、エッタで、彼女がここでピノッキオに負けるという事実を持ってピノッキオの能力を追証明し、かつエッタを撃つことをためらうというシーンまで追加しています。さらには、ジョゼとエッタの関係に関しても、フォローを入れています。エッタが一瞬驚くというたったそれだけですが、それだけでも効果は絶大です。少なくとも原作を読んでいる人には(笑)

ちなみに、屋敷襲撃の準備もかなり長めの尺を使っていますが、ここでもアンジェやプリシッラに対するフォローを何気に入れてます。こういう部分はなかなか周到ですね。トリエラがモンタルチーノに行くというのは、これだけだとなんでだかよく判らない感じがしますが、発端から随分時間があいてしまったので、復習の為には良かったかもしれません。

原作のピノッキオ編というのは、義体の側から見た時には、ちょっと淡泊に作られていて、そこだけを切り出してしまうと、物足りなさを感じる用になってしまったと思いますが、その部分をきっちり補強しています。相対的にテロリスト側がやや弱くなってしまったかなという気はしますが、それでも十分理解できる範疇には収まっています。全体の構成が綺麗に出来ている証拠でしょう。

さて、次回はついにクライマックスです。シリーズの中でトリエラの一番愛らしいシーンが待っています。シチリアのエッタと同じレベルで作品のテーマを凝縮したような瞬間ですね。これをアニメでどう表現するのか。かなり楽しみです。
スポンサーサイト



話としてはそれなりに普通なんですが、致命的なのはこれまで森羅に対する描き込みがほとんどされていないという部分。だから、彼女が何かに悩んでいると言われてもピンと来ないし、家族とか仕事とか出されても、そうなんだとしか思えない。今回の話の中でだけでも、もう少しその辺りの表現を強化していればまだ見られたと思うんですけど、それすらないものだからそれを見せられても冷めてしまいます。

当然それをベースとしたデートネタに関しても、盛り上がるはずもない訳で、森羅ネタが駄目だと今回の大半が辛くなってしまいます。最後の最後にオヤジネタが出てきて、正直もうオヤジを恐れることもないだろうという気はしないでもないですが、それでもその部分は一応の盛り上がりはあったかなとは感じました。

やっぱり、前半から中盤にかけてキャラがきちんと作れてないと厳しくなってしまいます。インパクトはあったんだけどなぁ。それを活かしきれなかったですね。せめてラストは盛り上がることを期待しましょう。
ネット関連規制反対派は法律関係者がネット技術をわかっていないと批判する前に、自らが法律論をわかっていないことを自覚すべし

法律屋が法律を作るにあたって、少なくとも形式上ではそれなりの整合性を考えているなんてのは当然のことでしょうね。それは今回に限らずこれまでの法律でも同様でしょう。にも関わらず、支持を得られないのは何故か。お前らが法律のことを知らないから、それもあるかもしれませんが、結局別物と別けている法律そのものと運用が、実際は別けることが出来ないものだからなんじゃないかという気がします。

法律そのものが存在するだけでは何の意味もありません。それが運用されてはじめて実行力を発揮する訳です。そういう仕組みですから、もし運用に問題があるなら、仮に法律が正しかったとしても、実質的にそれは悪であるという結論になるでしょう。

様々な法律が運用の段階で危険な使い方をされているという例が挙げられています。そして、それらに比べれば「心配しなければならない可能性はそれよりもさらに低く、合理的でない」という結論になっていますが、それは盗人に追銭って奴ですね。既にもっと危険なものがあったとしても、それ以下だからという理屈は通じるはずがありません。それで通じると思っているから法律屋は世間を理解していない的な言われ方をされるんじゃないの?

つまり、これまでの法律について、少なくとも運用は見直さなければならない。運用が十分に信用できるようになるまで新規の法律は危険視しなければならない。というのが自然な流れの結論なんじゃないですかね。ちなみに僕個人としては、前にも書いた通り、ポルノや児童ポルノが何故悪なのか全く理解できていないので、きちんと判るように説明して貰いたいというのがまず先ですが。
先週末にソフマップが\6,980という価格で売っていたので、ついポチってしまいました。ここへきてガツンと下がったみたいですね。Dual Coreの省電力CPUがこの値段なら、ML115としては悪くない選択だと思います。で、乗せ換え自体は既にアチコチで実績があるし、特別なことでもなんでもありません。きちっと写真付きで解説してくれているサイトも探せばあるでしょう。なので、その辺は簡単に。

ヒートシンクとファンはHPのものをそのまま流用しました。AMDリテールよりもかなり立派なものが付いていますし、ヒートシンクの固定がケースに直なんでしっかり固定でき、かつネジ止めだけで済むというのも魅力です。なんならファンは静音系のものと取り替えても良いかもしれませんね。取り外しは簡単で、トルクスドライバーを使ってネジを4本外すだけ。それだけでヒートシンクとファンが綺麗に外れます。で、CPUを乗せ換えてグリスを塗って、またネジを4本締めるだけ。あらあらまぁまぁってくらい簡単でした。後は電源を入れるだけで何の問題もなく起動。BIOS設定もデフォルトのままで問題無いようです。

OSは2008なんですが、休止に入れていたことをすっかり忘れてそのまま起動してしまいました。途中で気付いて青くなったんですが、なんと何事もなかったようにそのまま起動。ただし、新しいCPUはさすがに認識しませんでしたが(笑) で、一回手動で再起動。起動後CPUの変化を認識して、なにやらうにゅうにゅして、再起動要求が来て、そのまま再起動すれば作業終了です。

マジでか?って位簡単。良い時代になったなぁって感じ。ちゃーんと二つのコアが認識されていました。一応CPU-Zで見てみると、アイドリングはクロックは1G、コア電圧は1Vで動いていますね。で、なんかするときっちり2.1Gで動きだし、電圧も1.15Vという最大値に一瞬上がって落ちていきます。綺麗なもんですね。実際の速度がどうかって言うと、そこまで負荷をかけてないので良く判りません(笑) ただ、標準搭載のAthlon64 3500+はTDPが62Wですから、クロックが0.1G下がるとはいえ、Dual CoreになってTDP 45Wになるのであれば、十分魅力的でしょう。

ちなみに2008は当初x64を入れたのですが、まともに動作するアンチウィルスを見つけられなくて、結局x86にしてしまいました。ちょっと残念。Corp版とかだと動くのもあるかもしれないんだけど、一応2008 x64対応の奴なんかも幾つか試してみたんだけど、軒並みアウトでした。逆にx86にすれば大抵のものは動き出すんで、選択肢はあります。この辺デスクトップOSの時と現象は同じですね。サーバー用途は数が少なくて、かつ値段が高かったりするんで、その分難しくなりますが。

IISの管理画面が大幅に変わってしまったので、かな?り戸惑っています(笑) 最近は時間が取れなくてなかなか設定が進まない状態。全体的に集中管理の度合いが進行したなという感じを受けますね。馴れれば使いやすいんじゃないかな。頑張ったという感触はあります。こちらも2003から5年も空いてますから、当然と言えば当然なのかもしれませんが。そろそろ真面目に設定しないととは思っているんですよ、えぇそりゃあもう。

復活・闘莉王が初勝利導く…浦和

「前の監督がゴチャゴチャにしたのは事実。昨年ACLを取った自信とか、楽しさとか全部、あの監督がダメにした。でも、(復帰戦から)もう一度、強いレッズを取り戻していきたい」


実は問題は去年の終盤とかそんなレベルではなくて、去年の前半からあったように思います。オジェックは当初4バックを構想していた。けれど、それで勝てなくて一昨年のシステムに戻すということがありました。実は、この段階でオジェックは方針を変えたんじゃないかという気がしてなりません。

一昨年は優勝したチーム。だから翌年はそれ以上を求める。流れとしては綺麗ですが、実際にはそんな簡単なものじゃないでしょう。チームのレベルを一段階上げるために、リビルドが必要だったはず。だから、個人的には去年に関しては結果を求めるべきではないと思っていたし、Blogにもそう書いています。結果よりも内容や過程が重要だと思っていた訳です。

ところが、いざシーズンが始まって勝てないと周囲から文句が来る。選手が前年の実績に寄っかかってしまって新しいシステムを支持しない。あの時も真っ先に文句を付けていたのは闘莉王だったように思えます。そして新しいシステムが固まる前に、結局元に戻ってしまった。

僕がオジェックの立場ならどうするか。一番文句の出ないやり方を選択しますよ。つまり前年のシステムを踏襲し、メンバーの入れ替えもしない。選手交代も最低限。選手の能力を信じるとして、一番能力の高い選手だけを使い続ける。ギャンブル的要素は極力省く。コンサバ路線まっしぐらでしょう。で、実際そうなった。

本当のところがどうなのかはオジェックに聞かないと判りません。けど、そういう可能性だって十分あります。前の監督がゴチャゴチャにしたのが事実だとしても、前の監督をゴチャゴチャにしたのは闘莉王を初めとする選手達だったかもしれません。その程度のことを理解できずにこういう無神経な発言をマスコミにするとは、はっきり言って見損ないました。最近チヤホヤされて天狗になってるんじゃないですかね? 文句を言うならオジェックが居る内に、マスコミじゃなくてオジェックに言えばいいんじゃないの? こんな程度じゃ海外にでも高値で売り払って、外国人ディフェンダーでも取った方が良いのかも知れません。
福田首相、民主党にブチ切れ「正直訳が分からない」

福田首相は25日午前、ガソリン税の暫定税率維持を盛り込んだ税制改正法案をめぐる民主党の対応に関し、「正直言って、理由がよく分からない」と述べ、不快感を示した。


つまり、これが判らないから駄目なんだってことでしょう。あたかも民主党の判断が異常であるかのような物言いですが、実際はそうじゃない。暫定税率に徹底的に反対するのは、当然のこと。こちらとしては、その程度のことが判らないような奴が首相をやっていることが許されているという事の方が判らない。

少なくとも国民の方を向くことなく生きている連中なんだなぁということが、この一件だけでも明らかだろうと思います。だから民主党が良いとは言いません。彼らだって駄目かも知れない。けど、少なくとも自民党は問題外であるということだけは間違いないことでしょう。ましてやフクダじゃねぇ… まぁ臆面も無く強行を連発していたアベよりはマシかもしれませんけど、それって、サリンとVXガスの毒性の差と同程度で、どちらも危険で死に至らしめる猛毒であることに変わりはない。

この国の国民達も、何十年もかかってようやくそのことに気付き始めたのかもしれない。結局現状認識が国民以下だから状況が良く判らないってことなんでしょうね。
わいせつ裁判「におい」で有罪 京都地裁、自衛官に判決

臭いがきめてになるということは、恐らく他の証拠が無かったということなんじゃないかと思われます。だとするなら、それは臭いに限らず、顔を見たでもなんでもそうですが、これで有罪が確定するということ自体に問題があるような気がします。この事件がどうだかは知りませんが、被害者側の一方的な情報だけで犯罪行為が行われたことが成立してしまうのであれば、幾らでも相手を陥れることが可能なんじゃないだろうか。

特に容疑者が容疑を否認しているような場合、そのどちらの話が本当なのかをどうやって判断するのか。確率的には容疑者が嘘をついている場合の方が多いのかも知れないけれど、それでバイアスをかけられたのでは裁判としてはフェアじゃない。

裁判における公平性というものをどうやって担保してくれるのか、是非教えて頂きたいです。
FC2テーマ:裁判 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
結局各エピソードは断片的になってしまいましたが、それでもシリーズを通してのテーマはそれなりに見えたように思えるし、その視点というのはなかなか鋭いなと感じました。ラストのフミカの話は、特にテンポや構成が秀逸で、最終回である今回は、緊張感が高く、情報が詰まった良い回だったと思います。

この社会で一番醜く、薄汚く、かつ無責任なのは大衆。そして、その脇で、片棒を担いでいるのがマスコミ。この二つが社会の2大悪であることは真実でしょう。そして、そんな社会で最も卑下すべき制度が家族制度。そんな社会になんの疑問もなく生きていけるのは、鈍感で従順な大衆予備軍である家畜達。犠牲になるのは常に繊細な精神をもった子供達であるというのは現実です。

フミカは偶然にも救われた形になりましたが、彼女のように救われず落ちていく子供達は、何人もいるでしょう。何故そういう子供達は救われないのか、某インチキ団体が主張するような児童ポルノなどぶっちゃけ大した問題ではありません。問題があるとされる虐待ですら、最後の最後の行き場としてフミカは選択しました。

特定の価値観の押しつけ、とそれに便乗する無責任。もし本当に子供を救いたいと思うならそれを撲滅するべきです。常識や倫理を口にする連中から権限を奪い去る。それが一番の近道ってことでしょう。にも関わらず、子供にとって本当の敵が一番子供の為になどと声を上げるという、滑稽な世の中が現在です。

結局、フミカは自分の力で自分の存在を肯定する以外に無かったわけです。勿論究極的にはそれは絶対条件な訳ですが、彼女のような家族制度の犠牲者は、自らの存在を定位させることが困難になっている場合があります。だからこそ彼らは未成年であり、保護すべき対象となり得る訳です。彼らに必要なのは、悪と称されるモノから隔離することでもなく、また悪意と称されるものから隔離することでもない。そんなことをしても未成年というモラトリアム期間が延長されるだけでしかありません。年齢が全てを解決するわけでは決して無い。知識と経験と意志が揃えば、年齢に関わらず自立は出来るし、それが揃わない限りいつまで経っても自立は出来ない。

そんなエグイ部分を露骨に表現した痛快な作品であったと思います。これを見て苦々しく思えればまだ芽があるかもしれません。けど、客観的には見えてもそれを自分に投影出来ないのが大衆の特徴でもあります。だから、大衆というのは大衆としてこれだけ長い期間存在し続けました。なかなか救われない世の中です。