FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ジェネレーションZとは? バブル崩壊後に育った平成世代

この手の統計というものをあまり信じないので眉唾であることは間違い無いんですが、この傾向調査を真に受けるとするならつまり、ジェネレーションZとは、馬鹿で刹那的でものを考えない傾向が強いってことで良いってことになります。携帯をよく使う類の連中は更に悪化しているってことですか。

既存の価値観が壊れ、社会の改変期であるが故の不幸は認めたとしても、この傾向は感心できません。スピリチュアルとか言えば聞こえは良いけど、結局信仰ってことですよ。検証不可能なものを信じるというのはそういうこと。結局は他力本願であるということを捨てられないということを表しています。

人間というのは環境が変われば、それに応じて自分を変えていくという能力があるはずなんですが、残念ながらその能力をきちんと使えるのは一部でしかないということらしいです。この特徴に合致しているような連中は、今後真っ先に酷い目に合うことでしょう。まさか、こんな連中が「社会の責任で格差の底辺に自分は置かれている」とか騒ぎ立てているんじゃないでしょうね? 完全に自分の責任だよ間違いなく。

はてさて、本当にこの世代がこんな状態であったとしても、統計だと称して恣意的なデータが発表されたんだとしても、どちらに転んでも救われない話だな、おい。
スポンサーサイト



【大人のなり方】携帯電話のマナー 社会という「公」優先

なるほど、パブリックとプライベートですか、それは素晴らしい。だとするなら、あんた達はそのパブリックの場に相応しい態度をきちんと取っているんでしょうね。携帯電話以外の事に対しても、パブリックに相応しくない言動に対して同様に感じているんでしょうね。電話することはパブリックな場ではいけないことらしいけど、随分昔から公衆電話というものが存在していました。ボックスタイプじゃないものだって相当ある。それを使うことは当然マナー違反ですよね。使っている人に文句を言ったことはありますか? そんなものを設置したNTTに苦情を言いましたか? 電話で話をすることが駄目ってことは、隣の人と話をするのも当然駄目でしょうね。外出時は一切言葉を発しないというのが、当然あんた達のマナーってことですよね。そもそも携帯電話を使う場合ってのは大抵パブリックな場所です。つまり、携帯電話の存在そのものを否定した方がいいんじゃないのかね?

どうですか? 守れていますか? それを守れている人は、この国にはほとんど居ない、つか僕は生まれてこの方一人として見たことがありませんが、貴方達はそういう稀少な人間なんですか? そうじゃないとしたら、単なるダブルスタンダードです。偉そうなこと言って、パブリックだとかもっともらしい理屈を付けて、単に自分が気に入らないってだけのことなんじゃないの?

しかも、ここに書かれた質問内容だけでは想定している状況はそれぞれ異なっているはず。会社に戻るということにどの位の重要度を想定するかは人それぞれ。もっと具体的な状況が設定されれば判断も一律にできる可能性もあるけど、この前提では絶対にそれは出来ない。にも関わらず、電話するのは良くないと決め付けて反論する。それこそ無神経極まっていると僕には思える。形式主義に走って、物事の重要度を判断する能力が無いと見ることができるだろう。

これが若手社員の研修会での話というから、悲しさが増します。携帯アレルギー世代の老害という訳でもない。ひょっとしたら、研修会ということで格好付けたのかもしれない。けど、恥も外聞も無く無意味な格好付けをする奴は逆に危険だ。まぁ、この質問自体がかなり陰湿な引っかけなので、引っかかった方を責めるのは可哀想かも知れない。この下品な質問に対する正しい答えは「場合による」あるいは「前提条件不足なので判断不能」辺りだろう。
FC2テーマ:大衆 | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
WM5とWM6の微妙な挙動の差が吸収できなくて時々焦ります(笑)

使っていて大きいのが電波の受信感度。対EM・ONE比だとかなり違います。EM・ONEだと圏外(ただし時々通信は出来るという謎のエリア)の場所でも、S11HTだと1本とか立ちます。当然ですが通信安定度が異なります。これは嬉しいですね。建物の中とかだと、周囲が圏内でも圏外になったりってことは良くありますから、この感度差はかなり有利です。

最初の感想では、小さすぎると書きましたが、逆にそれが良い方向に転がる場合も当然あります。S11HTの大きさなら、なんとか胸ポケットに入れても大丈夫な大きさ。重たいのであまりお勧めは出来ませんが、ほとんど不可能なEM・ONEに比べれば大きな差です。常に携帯できるからこその使い道というのは当然出てくるでしょう。

次に指で操作することをかなり考えられているという点。これも大きいです。どうしても片手が忙しいということは、外ではよくあること。そんな時にスタイラスが無いとまともな操作が出来ない機種だと、落ち着き先が無い限り動かすことが出来なくなってしまいます。そういうシチュエーションでも指で操作することが可能なら大分楽になります。ちょっと画面をこすってスクロールとか、なかなか良いですよ。

それともう一つ、キーの配置と種類が良く考えられています。何せEM・ONEはキーというものが表に存在しない機械でしたが、S11HTはいくつものキーが配置されています。これが結構使える。「OK]キーなど前面とサイドの両方に配置されていますし、ソフトキーが前面と、キーボード側にも配置されているというのが大きい。これらのおかげで画面をタッチしなくても済む場合が相当増えます。スクロールホイールはEM・ONEにも付いていましたが、これがまた使えたり使えなかったりと微妙な使い勝手だったのに対して、S11HTは大抵の場合使えます。全ての状況で有効化どうかは確認していませんが、使いたいと思った時に動かなかったというのはまだ無いですね。そうそう、それと8GのSDHCは標準の状態で、全く問題無く認識しましたね。ちなみに僕が使っているのはサンディスク製。

ということで、画面やキーボードの問題は、物理的なものですからどうにもなりませんが、それを補うために様々な工夫がなされているし、それが相当な効果を発揮していると感じられる場合が結構あります。使っていくに従って、良くできているなぁと感じる。今のところそういう状態です。良い機械だと思います。
ここへ来てOpもEdも変えるって辺りが可笑しい。まぁ最終回だけ変えるってのは特に珍しくもないですけど、それをわざわざ普通のOp/Edの作りにする辺りにする辺りが流石です。同じ動きでも見せ方でこれだけイメージが変わるってのを再確認した感じ。最後まで色々とやってくれます。

しかし、ここへ来てなぜ節分ネタなのか? 季節感の欠片もないですね。今に始まった事じゃないですけど(笑) それにしても今回はかなりギリギリのネタを使ってるなって気がする。

3期について強調してるなぁ。やるんだろうか。この感じなら極端な話幾らでも出来るんだろうって気がするし、原作も使いやすいネタが転がっているから、今がアリなら3期もアリかもしれないですね。キャラの色付けが大分定着してきたから、ここで終わりにしてしまうのはちょっと勿体ないなという気がしますね。