FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
使う人ではなく税務署を優先? 「e-Tax」の使い勝手を検証

ねぇギャグ? これギャグでしょ? いやそれ以外考えられないでしょ。だってこんな馬鹿なことを優秀な役人様達がやるはずがないじゃないですか。僕は使ったこと無いけど、絶対に完璧な仕組みに決まってるじゃない。そうでしょ? え? ギャグじゃないの? 嘘、マジで? けど… これが本物って… 本気で?

ってネタが出来てしまいそうな程の内容ですが、悲しいかなこれが現実って奴でしょう。つか、役人がまともなものを作れると思う方が間違いってのが率直な意見です。ちなみに、ドキュメントの話が出ていますが、実際我々が役所内部向けに出すドキュメントも、訳が分からないものが多いです。で、こっちもそんなものを作らされるのは苦痛ですから、手を抜けるところは徹底的に手を抜きます。結果「?参照」とかが多くなったりするんですね(笑) 役人という静物は何が重要なのかという本質を見極める能力がゼロ、あるいはあっても発揮することを許されていませんから、頓珍漢なものが出来るのは当然のことです。

で、横の連携もしようなんて気はさらさら無いどころか、そんなことをしたら損だ位に思ってますから、たらい回しにされるのも当たり前ですね。つか、たらい回しを無くして、適切な情報処理システムを導入したら、役人の仕事なんて相当の割合が消滅するんじゃないかって気がしますよ。

で、そのツケは全部国民の労力と税金で賄うことが当然のことだと考えている。それが奴等です。そんな連中に金や権限を与えたらロクなことにならないなんてのは、光より早く進むことは出来ないってのと同じくらい当然のことで、それが覆るのは通常ではありません。

役人は害悪しかもたらしません。即刻全員消えて貰うのが最も適切な処置です。少なくともあらゆる行為を禁止するべきです。所詮実験生物として以上の存在意義は奴等にはありませんから。
スポンサーサイト



取り調べ「可視化」、警視庁や大阪府警などで試行へ

冤罪を防ぐ手だてとして、冤罪被害者や日本弁護士連合会が求めている取り調べの全過程の可視化については、「自白が得られなくなる」などとして検討しないという。


つまり警察がやっている行為は、限りなく黒いグレー、あるいは黒で、違法性が高く、冤罪の温床になっているということを認めているということですね。録画したものを常に公開しろと言う話ではなく、必要になった時に必要と思われる人間にのみ見せれば良いのであって、それ故に例外は認めず、全ての案件で全行程の録画を行うのが当然のこと。それが出来ないということは、明らかに疾しい何かがあるからです。警察は合法ヤクザだと思っていましたが、そうではなくて、実はただのヤクザであるという疑いが濃厚になってきました。凄いですよ、全国に組織を持ち、膨大な予算を国民から搾取して肥大化しているヤクザです。末端の構成員までが銃器で武装までしています。こんなものが堂々と存在している国を法治国家などと良く呼べたものです。

で、この記事を良く読むと録画しない条件はグダグダと述べていますが、録画する条件は記載されていません。容疑者が録画を拒否することは出来るが、録画を要求することは出来ない訳です。なんとまぁここまであからさまとはねぇ。大体全行程でなく、何時間、何十時間も行われる取り調べの内の数十分を録画したからなんだというんでしょうか。

こういう突っ込みが入ることを想定できないような連中がやってるから、自白が取れないんじゃないの? もしくは散々頑張って誤魔化しても、この程度にしかならない程現場は悪逆非道が横行しているということなんでしょうか。何れにしても、官憲は正義でもなければ、我々の味方でもない。単なる外道だってことが良く判ります。
学校にいく道で、擁護が違うのを見てしまいました!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
EMONSTERを買った時の一つの目的は、これまでPSPを使っていたビデオ再生環境を移すことでした。けれど、すっかりPSPのH.264 AVC視聴になれてしまっていて、画質を落とすのはちょっと厳しいなと思っていました。現在Windows Mobileの環境でH.264が再生できる環境は限られていて、僕が知る限り、残念ながらTCPMPのプラグインを持っていないので、Coreplayerを購入するしか手がありませんでした。そこでCoreplayerの購入に踏み切ったのですが、1.2.1には特定フォーマットのH.264が再生できないというバグがありました。

さて、やっと1.2.2がリリースされました。そこで早速導入。確かに再生は出来るようになっています。画質もそれなりで、悪くはありません。けれど、やっぱり重い。それほど試していませんが、PSP用に作ったefを再生すると、オープニングはコマ落ちします。しかもかなり強烈に。そう考えるとPSPって凄いんだなぁ。

う?ん、どうしよう。XVIDのファイルでもそれなりには見られるので、そっちの方が確実かもしれないなぁ。圧倒的に軽いですけど、ファイルサイズは約倍になってます。まぁSDの空きはそれほど厳しくないし、そっちでもいいかなぁ。もう少しちゃんと調整してやればいいんだろうけど、面倒だしなぁ。

ちなみに、詳細設定のビデオ出力は、QTv Displayにするのが一番軽いように感じます。次がRawフレームバッファかな。画質はQTvの方が良いように見えます。あくまでもパッと見た目なんでちゃんと検証したわけではありませんので、あしからず。

ちなみにmAgicAnime.NETで使ってる携帯動画変換君を使った変換バッチはこんな感じ。
XVID版
start /LOW /B /WAIT d:\3gpconv\cores\ffmpeg -y -i %1 -timestamp %3 -bitexact -vcodec xvid -fixaspect -s 320x240 -r 29.97 -b 768 -acodec mp3 -ac 2 -ar 44100 -ab 64 -f avi %2

AVC版(PSP用)
start /LOW /B /WAIT d:\3gpconv\cores\ffmpeg -y -i %1 -timestamp %3 -bitexact -vcodec h264 -fixaspect -s 320x240 -r 29.97 -qscale 25 -maxrate 1500 -acodec aac -ac 2 -ar 48000 -ab 64 -f mp4 %2
ピノッキオ編のラストを最終回に持ってくるのは尻切れになるなと思っていたんですが、無理矢理纏めてきました。けれどやっぱり無理矢理という感は否めません。ピノッキオを倒した後のトリエラとヒルシャーのシーン、なんで原作と変えたんだろうか? と凄く不思議でした。圧倒的に原作の方が良い。

けど、それは結局その後の他の義体のシーンや、2期全体の纏めに繋げる為に変えたってことになるんでしょう。原作通りに持っていくと、病院から出てきた時のトリエラと繋がりが悪くなりますから。

アンジェとマルコーの会話、エッタとジョゼの会話、どちらもちょっと違うだろという気がする。マルコーがこの段階でアンジェにこう接してしまうと、アンジェのその後の展開に繋がりが悪くなり過ぎる。そこまで考えてられないってのもあるのかもしれませんけど、どうしても違うだろって言いたくなる。ジョゼにしても簡単にエッタの手を握ってしまってはいけない。なんのためにここまで接触を避けてきたのかという部分がワヤになっちゃいますよ。

2期としては、これでチャンチャンなのかもしれないけど、作品全体を通した時の流れが凄く悪い。つか、ジョゼにしてもマルコーにしても心境が変化するだけの何かが描かれてないのに、ラストだけ人が変わるというのは異常にしか思えない。

サブタイトルを見ると、これでピノッキオは人間になったとされている。結局人間である為には彼は死ななくてはならなかった。戦うためには人間であってはならなかったという結論。それは義体にも言える。トリエラが勝っても嬉しくない理由も、ピノッキオが自分に似ているというのもそこに終結するでしょう。

つまり、ピノッキオ編としてはそれなりに出来ていたと思います。けれど、ピノッキオ編をもって2期として纏めるのはやっぱりキツかったというのが実際の所でしょう。1期が2クールで、間にこのエピソードが入る形であったら、何倍も良い出来になったんじゃないかという気がします。そこは残念なところ。最初から相当難しい構成を強いられることになると判っていたという点を考えれば、一応の評価は出せる出来だったと思います。それだけ原作のバランスというのは絶妙に出来ていたということでしょうか。