FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
能登と川澄のエロアニメ。印象というのはそれしかないな。物語はあってない様な者で、ほとんどをエロシーンが占めていると言っても過言ではない前代未聞の内容になってます。一応物の怪の類が人間界に降りてきている的な話のようですが、それがどうしたって感じの展開ですね。

さて、この調子でいつまで続けられるのか。ちょっと楽しみかも。
スポンサーサイト



テンションが良い感じ。このノリを持続できたら面白くなりそうかなという気がします。押しかけ宇宙人妻ものですから、展開は幾らでも効くでしょうし、どんな設定でも持っていくことが出来るでしょう。もの凄くお約束な設定も散りばめられているし、狙い所は抑えているんじゃないかなという予感はします。

ある程度は勢いで乗り切るということも可能だと思いますが、それ以上はキャラの魅力がどのくらい出せるか次第でしょうか。とりあえず、1話は良い出来だったと思います。今後の展開に期待ですね。
毎回のように書いていますが、台詞回しとか、シーンの作り方が本当に巧いなぁという気がしました。西村さんの本領発揮という感じですね。乃絵エンドにすることも可能だったとは思いますが、今回の冒頭の展開で比呂美エンドだと予想はできました。ただ、問題は、これだけ引っ張ってきた中で、どういう決着をつけた上で比呂美を選択するのかという流れのほうでしょう。

比呂美は早々に眞一郎にボールを投げてしまいました。けれど、それだけじゃなくてヤキモキしながら待つという表情が効いていて、告白のシーンを盛り上げる大きな要因になっています。理恵子さんもいいアクセントになっていましたね。前半あれだけ揉めていた二人が最後に至った関係というのが感慨深いです。けれど、きっちりとキャラが描けてないとこの感慨は出てこない。キャラ変わってんじゃんになって終わってしまいます。そうならないところが素晴らしい。

となると、乃絵と眞一郎の関係をどう精算するかという点に絞られるんですが、乃絵というキャラクターの本質を最初から最後まで一貫させる形の展開にしています。というか、この作品のキャラ達は全員その大筋において変化していなくて、部分的な意味での変化というところで留めています。その中でも乃絵というのは、大きく変わってしまいそうな要素を多分に含みながら、最後には自分を貫くというとてもらしい選択をしました。

じゃあ、なんで乃絵は涙を取り戻せたのか? 一方通行の思いは人を傷付け、自分も傷付けるという点を踏まえて、大切な人を思った時に涙を取り戻せる。相手を受け入れてその上で成立するのが本当の恋であるという結論なんじゃないでしょうか。とても美しく、かつ説得力のある結論だと思います。

1クールという短い時間でしたが、逆にこの話は1クールじゃないと出来ない。2クールでやろうとするとダレるとか、余計なキャラが増えるとか、テンポが落ちるとか、絶対にそういう方向になってしまう。しっかりと枠に適した話を作り上げたという点も素晴らしかったんじゃないかと思います。本当に良くできた作品でした。