FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ちょっと大雑把に感じる部分もあったけれど、プロローグとしては過不足無い感じで収まっていたと思います。最初チコが何故あんな態度を取るのかというのが不思議ではあったんですが、そのネタにちょっと時間を取りすぎたような気もします。けどまぁ、切れが良いところというとこの辺りなんでしょうね。

ここからどういう展開になるのか判りませんが、話の流れはBLACK LAGOON。とは言え、作品のカラーはお気楽なノリが入ってますので、そこまで深刻な話にはならないような気はします。それだけに、話の持って行き方は限定されてしまう可能性があり、その条件で何が出来るのか気になるところです。

次のエピソードを見てみれば、少し様子が見えてくるかもしれません。次回をこうご期待というところでしょうか。
スポンサーサイト
なんとトップ下に闘莉王。彼にパスのセンスやゲームメイクを求めることなど到底出来るはずもなく、気合いと力業でという意図が見て取れます。ポンテは居ない、梅崎はまだフィットしない、山田ではピリッとしない、長谷部も小野も居ないという厳しい台所事情が垣間見えます。

案の定闘莉王は全く機能せず。中盤が繋がるのは後ろだけで、そこから前はほとんど構成できない。だから高原なんか機能するはずもない。エジミウソンには時折カウンター気味に良い球が入ることはあったものの、まだキレが悪いのと、フォローが無いのとでチャンスらしいチャンスにはほとんどならず。

結局相も変わらずずるずる下がりはじめ、必殺5バック、6バック下手すると7バックの状態が完成。鹿島に攻められ続けるという結果になりました。結果としては勝利しましたが、ゲーム内容は完全に負けています。都築のセーブが1本失敗していれば、結果は逆だったでしょう。

結果は出始めているものの、楽観視出来る要素はあまりなし。ポンテが本調子で戻ってくるまではこんな調子なんでしょうか。
約半分は状況説明。けど、この説明が有効に活用される様な話は来るんだろうか。原作ではそれ程使われていない様に感じるのだけど。唐突な感じはするものの、テンポはまぁまぁなのでそれなりに見ていられます。やっぱりアクションが強いと画面的に派手になるのでやり易そうです。

ただし、チルドレンの面白さはキャラの描き込みがそれなりに出来て初めて成立するので、どの段階でそこまで持って行けるかがアニメ版成功の鍵になるでしょう。もう少し設定説明の話が来るかもしれませんが、早いところ大ネタで行って欲しいですね。
今回も変わらず全体の8割?9割がエロシーンという暴走っぷりです。しかも、ロリ系狼少女まで登場ということで、対応層が一層増加しています。遠慮無しで来ているんですが、徐々に免疫が出来てくることは想定されることで、そうなる前に何かしらの手立てが欲しいところです。

しかし、今期はエロ系多いな。そんな中でも、地上波放送が無いだけにエロ度は一番高いです。あまり深く考えずに楽しむのが吉かもしれません。折角妖怪って設定があるんだから、その辺りはもう少し使ってもらえるとと思うんですが、それすらお留守になりがちになってしまうのかもしれません。
とりあえず現時点では、戦闘と歌の部分が完全に切り離されてしまっている様に見えます。思い起こしてみれば無印マクロスもそういう感じだったかもしれない。ただし、無印版では主人公は既に軍人だったのに対し、今回は次席ではあるもののまだ学生さんという違いがあります。

歌が武器になるというアイディアは当時としては面白かったですけど、既にそのネタは過去のマクロスシリーズでも使われてきてしまっている訳で、それだけでは目新しさがありません。かといって色恋ものを厚くされてもそれはどうだろって感じがしますから、やっぱり厳しい。

シリーズものの続編ということになると、どうしても前作を更に深める形にならないと格好が付かないという部分が難しいところ。まだ、新しく作り直す意味は見いだせない状態でいます。