FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
チコは元々頭の良い娘であるという設定ではありますが、それでも変化が急かなという気がしないでもない。けれど、とっとと新入りという状態から抜け出さないと展開が厳しいというのも確か。だってタイトルは二十面相の娘ですからね。

叔父夫婦も打ち止めかと思ったら、きっちり今回も出てきていますから、これは最後まで粘るってパターンかもしれません。出来ればチコが二十面相の所で一体何を得て、何を考えているのかという部分をもう少し明瞭に出してくれると、話が見えやすくなるんじゃないかという気がしますね。

結局この話は少なくとももうしばらくはチコの主観で語られるべき内容になっているんですが、その肝心のチコの感情が見え辛いというのが見方を難しくして、話を全体的に暗くしてしまっています。勿論今までは殺されかけたという事実がある訳ですから、そこから逃げ出すというのは当然と言えば当然なんですが、本質は兎も角、盗賊団の仲間になるということを受け入れられるという過程が良く見えてこない。しかも、その状態を積極的に肯定しようとしているという所まで行っている訳ですから、その辺の描写はもう少し丁寧にやって欲しいかなという気がします。

まぁ、その辺の含めて初期設定といえばそうかもしれない。本番は彼女がすっかり馴染んでからってことなのかもしれませんけどね。
スポンサーサイト



謎の部分を展開するペースとしては悪くない。実は真面目に構成されているのかもしれない。ただ、問題は、ボスも優秀だとしても所詮人間であるように見えるという部分。今後何か秘密が出てくるのかもしれないけど、明らかにモンスターとなっている彼女達を相手するのに普通の人間であるという部分は当然ネックになります。

対等に戦えるようにするためにはそれなりに容易が必要だと思うんですが、その部分が謎を引っ張るために引き延ばされてしまうと、話が無理矢理になってくる可能性があります。そうなると厳しい。

今のところ探偵モノという以外のファクターが明確になっていないですが、できればもう一味欲しいところ。その辺ムネモシュネは巧くやっていて、不老不死という材料をちゃんと料理してる。そういう要素が出てくればちょっと面白くなってくるかもしれません。もう少し様子見って感じでしょうかね。
当初思っていたよりはかなり普通な展開。例えば今回のモグラ三兄妹にしても、何しに襲ってきたのかさっぱり判らず、取って付けた様な戦闘。あれなら無い方がすっきりするんじゃないかって位です。

で、お狐様はといえば、単に学校を珍しがっているってだけで、微妙な感じはします。もう少しアクセントが欲しいところ。巫女ねーちゃんにしても、あまりに非常識という設定を強調しすぎ無い方が良い様に感じる。

今のところ見所が見つからないというのが正直なところ。もう少し描きたい内容が明確になった方が良いと思うんですけどね。
ちょっとはっちゃけ過ぎかなぁという気がしますね。テンションは凄いと思いますので、このテンションで走りきってしまえば多少の問題は吹っ飛ばせるかもしれません。設定は何でもアリにできる内容なので、展開の自由度は高そう。純粋なギャグものとして展開するのか、何かしらの物語的な要素を付帯させるのかが興味深いところ。

キャラ設定が突飛なんで、この設定で綺麗なコミュニケーションを成立させるとなると結構苦労しそうな気がします。けど、コミュニケーション薄めにしてしまうと、関係構築が出来ないので、話を展開するのが難しくなってしまう。

それだけに、この手の話はさじ加減が結構重要という気がします。どうなってくるのか、しばらく様子を見たいですね。
【一筆多論】物価上昇は仕方ないのか

奴らの判断基準は自分の利益に繋がるか否か以外にはありませんから、それによって国民の生活がどうなろうが知った事じゃないのは当然のことです。というか、役人が国民の為に何かしてくれると思う方が間違っています。奴等は存在自体が悪と断定できるような病原体ですから、人間の益になるようなことはするはずがありません。一見そう見えるようなことをした場合でも、自分達の何倍、何十倍、いや何万倍、何億倍という利益の為に動いた結果のおこぼれが回ってきたに過ぎません。勘違いしないようにしましょう。

役人と役人の手下に成り下がっているような政治屋は人類の敵です。昔のアニメにも出てこないような絶対的な悪です。奴等の好きにさせていれば、それは何が起こったとしても「仕方ない」かもしれません。けれど、根本の部分を打開できれば、役人とその手下どもを一掃することができれば、人間らしい社会が出来上がる可能性があるかもしれません。

まずは、人間の手に社会を取り戻すことが一番重要です。病原体とその感染者には退場して頂かなくてはならないでしょう。
暫定税率復活の思惑?道路事業「凍結」の自治体相次ぐ

国交省では「本来の税率分の税収があっても、それらを(国が進める道路などの建設事業費の一部を負担する)直轄事業負担金などで負った債務の返済に充てざるを得ない。暫定税率がなければ、新規事業に着手できない自治体が多い」と解説する。


つまり暫定は永遠に続くと勝手に解釈して予算を作り、それに飽きたらず借金までして使いもしない道路を作ってきたということなわけだ。こういうことを堂々と言えるとはさすがです。人間ならとてもじゃないですが恥ずかしくてこんなこと言えませんからね。

で、あるなら、やはり即刻暫定など撤廃しなければならないでしょう。役人に餌をやるような愚かな真似は一刻でも早く止めなければなりません。つか、まずは国交省の人件費を適正価格にしてから言ってみたらどうだろうね。役人なんて、カプセル程度の設備に寝泊まりさせて、日給2000円程度の給料でも贅沢なんだけど、まぁ最低賃金程度は無限大数歩譲ってくれてやっても良い。俺って仏様のような優しさを持ってるって良く言われているからね。その代わりそれだけの超高級を払っている以上、朝から晩まで24時間体制で馬車馬のようにこき使わせて貰うけどな。

勿論退職とか一切認められない。つか、爆弾を仕込むとかして逃げたら生存不可能な措置を取るべきだろうな。せめてその程度人間様の役に立って貰わないと、話になりませんよ。
社保庁の自己都合退職、最多の702人…業務多忙理由に

その理由が「社会保険事務所を中心に年金相談などの業務が大幅に増えたこともあり、前年より一気に300人以上増えた」だというのだから腐りきっている。下手するとご丁寧に退職金とか払ったり、天下ったりしているんだろう。正直辞めるなら死ねってのが正直なところです。勿論全財産と人権は置いていって貰いますがね。せめて身体くらいは切り売りさせて貰わないと元が取れませんから。

これを見るだけで役人という生き物は、完全に絶滅するまで徹底的に駆除する以外に手がないということが良く判ります。上手く化けていますから騙されがちですが、間違ってはいけません。奴等は人間ではありません。人類に害しか与えない病原体です。生かしておく理由は生体実験と見せ物以外には全くありません。当然なんの権利も与える必要はありません。悪即断の対応が望ましいです。
【主張】社保庁処分者採用 これでは改革の名が泣く

改革の名が泣くとかそういう次元を超えています。こんな内容では論外で、そういう案を出した奴とそれを認めた奴は解雇するべきでしょう。それにしても、この期に及んでまでこういう汚いことをやってくる厚顔さは、役人はやはり人間とは異なる生き物であるということを証明することになりますが、更に問題なのは、そんな非人間である役人が税金や保険料を好き勝手に使える立場に今現在居るということ、そして今後も居続けようと画策しているということ、それを確実に止めるような手立てがまだ見つかっていないということ。これこそが致命的な点です。


マスコミも「業務の専門性が求められ、経験のある社保庁職員が多くなるのはやむを得ない」などと書いているから役人がつけ上がることになる。社保庁職員は強制に移籍させ最低賃金で死ぬまで強制労働させるというのが最も望ましい。当然昇給も賞与も福利厚生も一切無しだ。日雇い扱いで十分だろう。とりやえず奴等がやってきたことに対してきっちりケリを付けて貰うしかなく、あまりにも内容が酷いので、それくらいはしてもらわないとでしょう。あ、勿論財産は親族まで含めて全部没収するのは言うまでもありませんね。

元役人専用のネットカフェが乱立するくらいまで徹底的にこき使って野垂れ死にさせるというのが一番でしょう。
会話が本当に良い感じに出来ています。状況説明の仕方が上品で、その分不明瞭な部分もあるんですが、それが自然に感じられる程に作品の視点というのがしっかりとしています。キャラそれぞれの関係性が回を重ねるごとに徐々に、かつ確実に見えてくると感じられるので安心感に繋がります。

そういう台詞を構成できるのは、キャラ付けがしっかりしているからで、現在構成されている情報の中、そしてプラスαの要素でキャラクターがしっかりと自分で判断して行動をしているというのがよく判ります。

少なくとも今のところ判っている範囲の情報を纏める限りでは、設定そのものはそれ程複雑ではないように感じます。けれど、そういう状況に置かれたキャラクターの心情は単純では無いはずで、明らかにそちらの方にフォーカスが当たっています。それだけに、心情の複雑さを如何に描き込めるかが勝負所になっていて、難しいその課題に正面から向かって行きつつ順調にこなせているように感じます。

それだけにそれぞれのキャラが実に魅力的で、数を絞り込みつつそれぞれの特徴を維持しながら巧く物語の中に溶け込ませています。正直紫のネタをあまり引っ張ると飽きが来るんじゃないかと思っていたんですが、さじ加減が巧くて二人の関係の綾が絶妙に表現されていると思います。ある程度までこれで引っ張れれば、それを前提にして物語を構成することが出来るので随分楽になるだろうと思います。

さりげないシーンが多いですが、情報量が多いので見逃すことが出来ないですね。ここからどんな物語が展開されるのかとても楽しみです。