FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
総務省よお前もか 特定財源で映画鑑賞、野球観戦…

役人に金を渡してしまったが最後、まともに使われるはずがないという証明がまた一つ追加されました。しかも親方である大臣が「法令上どうのこうのではなく、国民の理解を得られない」などとこれまた頓珍漢もいいところな発言を堂々としています。

国民の理解どうのこうのではなく、犯罪だっつーの。
もしこれが犯罪じゃ無いなら、法律の方が確実に間違ってる。

当然のことですが、これだけで終わっているはずはありません。叩いても叩いても埃が出続けることは間違いないでしょう。1円単位までの詳細な明細を全て全国民が無条件に参照できるような状態にしてネットなどに公開、無駄遣いが発見された場合は、それに関与した奴全員で無制限に責任を取って貰うという制度にするのが良いでしょう。奴等の自由になる金など、1銭たりとも存在しないということを完全に実現しない限り、この手の犯罪行為が無くなることは無いでしょう。
スポンサーサイト



実はキャプチャーに使っていたマシンがここしばらく異様に遅くて困ってました。OSをもうかなりの期間再インストールしていないので、恐らくはそれが原因だろうと思っていて、インストールし直さなきゃなぁと思いつつ、もう古くなってきたマシンに対してその作業をするのが面倒で、ずっと放置になっていました。実は、とりあえず動いているしというのが一番危険な状態なんですけどね(笑)

ML115のCPUを乗せ換えたんで、Athlonが1個余りまして、会社のマシンに乗せている個人所有メモリを使えば、マザーだけで一台組めるなぁと一時思っていたんですが、その時はディスクがネックだよなぁと漠然と考えていました。現状のマシンには250Gが3台載っていて、容量的には十分なんですが、なんせI/FがP-ATAなもんで、さすがに新規のマザーだと全部S-ATAになってるよなぁ、それじゃ使えないよなぁ、じゃあ高く付いちゃうよなぁって感じで諦めていたわけです。

そんな時に、ふとP-ATAのRAIDカードなりを買えばいいんじゃないの? Fasttrackの安い奴とかなら、安く買えるんじゃないの? と思いつき、調べてみました。するとなんとまぁSX4000という結構高級なカードまで叩き売りされています。中古ですが、256MのECCメモリ付きで\2,980(じゃんぱら価格)という破格な値段で売られています。これは! と思い前向きに検討を始めました。つか、悪い病気が出て、このカード使ってみてぇ、とりあえず抑えておくべきだろって感じになってましたね。

マザーですが、AMD系となるとやっぱり好評だという噂の780Gだろってところまではすぐ決まりました。ViaとかnVidiaとかには痛い目に合っているので、却下です。必須項目はPCIスロットが最低でも3本あること。キャプチャーボードが2枚(GV-MVP/GX,GV-MVP/RX2E)にRAIDカードを挿す必要があります。それから値段ですね。あまり部品で作ることが前提ですから高額になるのは避けたい。更にギガ単位のファイルをやりとりしますから、GigaEtherのLANポートが要ります。

ってことで探してみると、これが意外なほど少ない。今Tsukumoで探してみてもECS A780GM-AとASUSTeK M3A-H/HDMIしかありません。この2つの選択となると、簡単でASUSは大嫌いかつ過去互換性の部分で散々な目に合っているので、即却下。迷わずECSに決定しました。価格的にも相当安いですしね。ってことで、RAIDカードとセットでA780GM-Aを買って帰ったのですが、ちょっと調べてみると安定していないという話がちょくちょく出てくる。キャプチャーマシンが安定していないのは困るんだよなぁ… ちょっと早まったかなぁ。と心配になってしまいました。

まぁ心配しても買ってしまったものは仕方がないので、実際にやってみます。すると、これがまたある意味がっかりするほどあっさり動いてしまいました。SX4000も利用中のディスクを使う場合はローレベルフォーマットが必要とかの記述もあったんですが、そんなことしなくても全く問題無く構成できました。今回は容量よりも信頼性を取るということと、折角良いカードを入手出来たんだからということで、RIAD5で構築してみました。キャプチャーボードの相性関係も全く無くあっさり動作します。一応マザーのBIOSとドライバー群はECSのサイトにある最新にしておきました。

数日試してみましたが、視聴、録画ともすこぶる安定しています。当然のことですが、動作も早くというか正常な速度になりました。XPにSP3を導入しましたが、今のところ特に問題は無いですね。これが\12,980の投資で出来たなら十分効果があったと感じられます。S-ATAのポートも全部余ってますから、拡張性も十分確保できています。こんなことならもっと早くにやるんだったなぁ。
【基礎年金 税方式で試算】社会保険方式を維持した場合の問題点は…

もうここまで行くなら年金制度そのものを廃止したらいいんじゃないの? 既に払い込んだ分に関してだけ精算するか、その分だけ支払いに応じて払うという形式にして、そっから先は全部自己責任ってことにすればいいんじゃないのかね。

低所得者とかって言うけど、それが本当に社会の責任による低所得なのかの証明責任は低所得者の側にあると思うんだよね。弱者が弱者であるというだけで救済されるというのは、やるべきではないと思います。自分のことは自分でやる。それって本来当然のことだと思うんですよ。そんな程度のことが出来ない奴をなんで我々が救わなければならないのか理解できません。本当に社会責任による低所得者であれば、なんらかの補助が必要だと思います。そして、それが大量に発生したとなると、そういう社会を作った人間にその責任を取って貰わなければならないでしょう。話はそれからです。

こうやって多額の資金を役人に預けて、まともに使われるはずがありません。散々無駄遣いされた挙げ句の出涸らしが回ってくるのがオチでしょう。そんなことをするくらいなら、最初から自己責任にして貰った方がナンボかマシです。
FC2テーマ:年金 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
障害児施設:契約制度で厚労省通知「利用料滞納で退所可」

厚生労働省障害福祉課は「一つの指標で『文言通りに従え』という意味ではない。子供の状況を勘案し、総合的な判断をするのは児童相談所の役割」と話している。


厚生労働省障害福祉課は「一つの指標で『文言通りに従え』という意味ではない。子供の状況を勘案し、総合的な判断をするのは児童相談所の役割」と話している。

本来であれば、法律を柔軟に運用するという意味で、望ましい方向なのかも知れませんが、少なくとも現状の役人や政治屋がこの台詞を吐いた時には、とても危険だと認識する必要があります。明文化する時、本来の目的にプラスして、役人や政治屋の暴走を防止するという目的を加味しなければ恐ろしくてたまりません。

もう、彼らに対する信頼性は確実にマイナスなので、悪用されることを前提に考えなければなりません。厳密に運用した場合は勿論、拡大解釈の可能性も加味して、その上でも安心という内容でなければ到底受け入れられないでしょう。

そう考えれば、当然この案は受け入れられないということになります。例え当面の意図としては同意できたとしてもです。
「メール、出しておきました」

これってゆとり世代じゃなくても居ますね。家の会社にも居ます。彼に対してはメールのみの伝達は禁止しました。その内容の期限と重要度を把握して、期限までに適切な対応を取ったかを確認することが一番なんですが、若手とかでその判断が出来ない場合は、社内向けの場合は一律全て即時確認をとることというルールにしてしまった方が確実です。

こういう場合メールで、こういう場合は非メールでと説明して理解する奴なら最初からこんな間抜けなことはしないんじゃないかという気がします。自分達の俺様ルール的にメールは見るのが当然だからという思い込みで行動している訳で、これに限らずこの手のタイプから思い込みを無くすことは簡単じゃありません。相手の気持ちが気にならないと断言できるような奴は論外。だから、彼らには判断させてはいけないということ。

ちなみに、そんなものは「ありのまま」でも「個性」でも無いってことを彼らは理解していない。個性を認めて貰う為には、相手の個性も認めなければならないという前提があることを知らない。そんな奴は単なる我が儘。お家でママンを相手にしている訳じゃないんで、突き放してやる必要があります。お前は使えないから判断するなと言い切ってやるべき。それで消える奴は消えて貰って結構。甘やかされて来たからと、社会でまだ甘やかす必要を全く感じません。

自分が伝言を受け取ることが増えるに従って、身をもってその違いを知ることになるでしょう。それが出来る奴だけが残ってくれれば問題ありません。
狐の親子と水のアヤカシの話をどうくっつけるのかと思ったら、なるほどそういうことなんですね。しかし、それぞれの話が分断されているというか、連携が薄すぎて話が進行しているという感じがほとんどしないのはどうしたもんだろうか。

キャラの動きも個別になってしまっていて、コウの回とかクウの回とかって感じで、キャラの数の割に動きが少なく感じます。だから話数の割にキャラが立っていない。個別処理じゃどうしても情報量が減ってしまいますからね。

やっぱり軸になる話が欲しい。それが出てくればもう少し話らしき部分が見えてくると思うのですが。
vこれまでとはテンポを変えて来ました。内容もそれに応じてちょっと重いものに。というか内容に応じてテンポを変えたという方が正解か。形式として、まず駒をばらまいて、そこから関係性を構築していくという感じの展開。それはそれでOK。順調に進んでいるという感触はあります。

主人公を3人にしたが為に内容が分散してしまうというのが、最も避けたいパターン。それぞれの関係性がどう構築されていくのかが当面の見所。それが無いと盛り上がるものも盛り上がれません。

演出やシナリオがスタイリッシュなので、見ているだけでも十分楽しめる出来になっているというのが最大の強み。キャラの数もそれなりに出ていて、それぞれ個性的なので表現の幅は随分広いんじゃないかという気がします。原作の素性の良さを巧くアニメ化しているなって気がしますね。