FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
をを! 今回は何となく話が凝っている。伏線だけ張って次回に続くなんて高等な芸当ができたのか。六瓢ちゃんネタを引っ張っているし、展開としては悪くない。できればサカサエンとやらがなにものなのかをもう少しちゃんと描いてくれているとより良いという気がしますが。

フクロウが女の子、六瓢の関係者であろうというのはおおよそネタバレ気味だったわけですけど、だとしてもその理由は隠し通しました。もう少し情報を提示した上でだと、感嘆できるのですが、単純に情報不足という感が否めない。

恵比寿は恵比寿でなんのために存在しているのかよく判らないというのは相変わらず。全体的に相当荒っぽい感じはまだまだしますが、今回についてはそれなりに楽しめました。
スポンサーサイト



基本的には自滅。これほどまでに主人公が何もしないで話が進むというのも珍しい。しかも、これまで散々やってきた話の展開もまるで生かされていない。というか、そんな話を書きたいなら、稀人の側に視点を置くべきだろう。その方がまだまともな話が出来上がったような気がする。

まさかこのままの展開で終了するほど間抜けではないだろうけど、慎なんかはほとんど存在意義がこれまで感じられない。主役のはずなのに。つまり物語としては成立していないって事だと思う。

こういう展開だと兄貴の出番も作りにくいと思うのだけど、その辺きちんと収拾できるんだろうか? かなり不安な感じがしますね。
新展開開始、それと同時に新キャラも続々投入。一新した感じがして新鮮です。かなりここまで時間を割いてきましたので、チコについてはそれなりに描けています。それだけに女学生の虐め程度は笑いぐさにしかならないというのは良く理解できる。チコの世界観は二十面相を中心にしているものの、彼女の経験自体は一学生が得られるものとは雲泥ですから、虐めなどと言うチープな行為は大した問題ではないという反応は正しい。

で、明智登場。ここでの問題は彼が二十面相を追いかける理由がなんなのか。彼の洞察は二十面相が単なる悪人ではないと見ているようで、だとしたら一体何を目的としているのか。二十面相というキャラクターを相応に描いてしまっただけに、そこの部分の理由付けが難しくなっているように思えます。逆に、きっちりと描ければ、その分深みが増すかもしれません。

しかし、最後のロボだかパワードスーツだかは一体なんなんでしょう。一体どこの光武だって感じでしたが、明らかにオーバーテクノロジーな気がします。ここまでは、怪しい部分はあるものの、それなりに納得できる範囲のトリックで凌いでいただけにちょっと引いてしまいました。話が壊れなければいいんですが。
チルドレンがアダルトに見える回。原作でもこのネタは面白かったけど、アニメの方がより一層面白かったように思える。その心は、アダルトチルドレンの色っぽさが動きや声によって強調されたこと、さらに皆本の動揺もアニメの方が良く出ていたと思います。

結論から言えばこれは兵部の悪戯である訳なんだけど、脱走して初めての悪戯が何故これであるのかというのは、結構面白い伏線になっています。その辺り全体的に良く作っているなという感じがします。原作はちょっと間延びした感じもあって、主題が最近甘くなってきてる部分もあるので、そこにきちんとフォーカスできれば、アニメ作品として纏まったモノにできるかもしれません。
これまで溜めに溜めてきた隠し球の部分を一気に放出しました。30分という時間が早いこと早いこと。それぞれのキャラがそれぞれの立場において決定をしなければならなかったという回。もう少し早めにもってきて、もう一展開というやり方もあったと思いますが、それをしなかった分じっくり描き込めたという特典を得ることに成功しました。

真九郎が紫を守ると決めるまでのプロセスは見事でしたが、それ以上に紫が九宝院に戻ると言うまでのプロセスは染みるものがありました。あの吐き出すように絞り出す言葉一つ一つが、とても幼い少女のものとは思えないところが、ここまでのキャラ描写を物語っています。

それだけでも結構なボリュームなんですが、その裏には真九郎が紫を守ると決断した直後、そして、自ら五月雨荘に戻ると決断した直後に、為す術無く紫に心にもない言葉を吐かせたという絶対的なシチュエーションがあります。その前のシーンでは、力について二人が語るシーンがあるという構成も見事。

その上で、真九郎には裏技があるということを周知しているにも関わらず、このタイミングでそれを発動できなかったという事実もあります。それらをトータルして考えた時に、それぞれがこの刹那に何を思っていたか、とても感慨深いものがあります。

次回急いで奪還作戦発動かなと思ったら、ワンクッション置くようです。これを置けるということがシリーズの構成をしっかりしている証かなという気がします。それが無駄な回にならないようにできれば、面白い話に出来上がるんじゃないかという気がします。