FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
今回は丸々冗長な話になっていました。前々回と前回の焼き直しでしかありません。2回もかけてあれだけ丁寧に描写したのだから、ここで繰り返す必要はあまりないでしょう。確かに強調する効果は認められると思いますが、佳境に入っているこのタイミングで、内容的に繰り返しになる話をもってくるのは、テンポを悪くしてしまいます。

せめて、戦いの中で、真九郎の変化が見いだせればまだ良かったと思うのですが、結局前回とそれ程大きく変わった様子もありませんでした。それは弥生さんにしても同様。紅香の過去がちょっと出てきたのは新しい情報ではありましたが、それもこのタイミングで出してきてもそれ程の効果が見込めるとは思いません。

最終的には、九宝院の親父が鍵になるんじゃないかという気がしないでもないのですが、それならそれで、もう少し明確な前振りがあっても良かったんじゃないかなと言う気がします。何にせよ、現時点の段階では、真九郎達が紫を奪還できるという見込みが全く立っていません。真九郎の奥の手も最後に一応出てきましたが、扱えるという状態ではなく、もう一皮むける必要性があります。今回でそれが出るかなと思っていたんですが、結局暴走状態で終わってしまいました。ラス前でこの展開はちょっと強引すぎるかなという気がします。

折角ここまで丁寧に作ってきた作品だけに、ラストまで綺麗に構成して欲しい。結末が納得のいく形に収まってくれないと、途中がどうであったとしても、作品としての評価は下がってしまうでしょう。そうならないことを祈りたいと思います。
スポンサーサイト



クーはともかく、コウちゃんのキャラ付けはさすがに極端に過ぎるという気がします。彼女は世間知らずの巫女さんであるという設定は判りますし、不器用であるとか言うのもある程度までは良いと思いますが、ここまで極端だと流石に引いてしまいます。元ネタエロゲー系の萌えアニメなんかには良くある設定ではありますが、作品のカラーがそれとは違っているので、違和感が払拭できません。

しかも、その不器用なことそのものを話のメインのネタに度々持ってきているので、違和感があると同時に食傷気味にもなっています。というか、そもそも彼女たちが街までやってきた理由がまるで生きてないというのも問題があるような気がします。

もう、ここまで来てしまったと言うことは話を作ることは不可能だと思いますが、どうも中途半端という感じが否めません。つかみ所がないという感じで、設定としては面白くなる要素は多分にあったと思うので、もう少し特色が出せれば良い感じになったと思うんですけどね。
戦闘シーンは良くできていました。決着の仕方が精神論というのがちょっとという気がしましたけど、シリーズとしてブラックスターが他の二組に比べて、ちょっと弱い部分があったという気がしていたのが、これでバランスが取れたんじゃないかと思えて、構成的には良い感じで整ったという気がします。

先が長いようなので、かなりゆっくり目の展開でも良いんだと思いますが、それにしても停滞感が徐々に感じられるようになってきたというのはあります。特に秘匿見事に話を作ってしまうと、他の面子はどうしても傍観者になってしまうしかないので、折角良いキャラなのにもったいないなと思いますね。

ひょっとしたら、まだ初期設定を続けているという状態なのかもしれませんが、そろそろ次の展開が見えてきても良いんじゃないかなという気がします。それにしても、やっぱり椿ちゃんは可愛らしかった。そこは十分出ていたと思います。