FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
引き続きリアルな描写をメインに分断されたカット構成で話が構成されます。この手法だと物語を伝達するのは相当難しいと思うのですが、まだ状況説明的な要素がメインのせいもあって、違和感なく進行しています。今のところ感情表現の部分は、この描写で無理のない範囲に収まっているので、こちらもまた問題がない状態。少なくともここまでは成功していると言って良いんじゃないでしょうか。

戦争をミクロの視点で見てしまうと、違ったものが見えてくると言うのは、特別に新しい手法ではありません。ですから、それだけとなるとちょっと拍子抜けです。けれど、ここまでの描写に関しては、あくまでも下地であって、そこから何を描いていくのかというのはまだ未知数になっています。その部分に期待したくなるのですが、その際に、独特の表現方法賀プラス方向に働いてくれれば、大成功ということでしょう。

ところで、白州の声って素人っぽいなとは思っていたんですが、田中麗奈だったんですね。ちょっとびっくり。逆にその微妙な素人っぽさがまた味になっているような気もします。その点に関しても今のところ成功ということなんでしょうね。
スポンサーサイト



FC2テーマ:FLAG | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
乳か、それでも乳なのかという回がまだ続きます。結局ラス前までこのノリでした。その思い切りは呆れてしまいますが、天晴れと言っておきましょう。ここへ来てあえて乳同盟の連中に話を振るなんて普通出来ませんから。

コガラシについても、今回の活躍は今ひとつという感じ。すっかりドジッ娘が板に付いてしまったフブキさんの暴走っぷりがオチになっているというのがなかなか印象的でした。結果としてメイドの二人が本当の意味で能力を発揮するというネタは最後になるまで封印という構成です。

で、最後の最後でとうとう初回から引っ張ってきた刺客の話になるようです。最終回一話でどうにかなるような話ではとうていないんですが、それを一話でやってしまおうというところが、ある意味素晴らしい。

ラストがどうなるのか、ちょっと楽しみではあります。