FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
チルドレン家族シリーズの開始? とりあえずは薫編。凄まじい家族なんですが、女優の母を持ちグラビアアイドルの姉をもって居るとなると、もう将来は確実視状態ですね。素晴らしい。超能力のせいで、疎遠になっているとはいうものの、彼女自身がもう少し力のコントロールを身につければ、それで問題は解決寸じゃないかという気がするのは気のせいだろうか。

言いたいことは判らないでもないんですが、それでもちょっとネタとして小さくし過ぎたという感じがします。ただ、居場所というのがキーワードになっているので、それも仕方のないところかも知れません。この辺りのバランスの取り方が難しいところです。

とりあえずこれまでのところは良い感じに推移していると思います。徐々にポジションを確率していくというやり方で順調に進んでいるなという感じがします。
スポンサーサイト



最初はこのタイミングでお友達ネタを出されてもと思ったんですが、それはしっかり伏線になっていました。この辺の展開はなかなか魅せてくれます。ここしばらくの流れだと、学校系のネタが多くて、それだとどうしても話が小さくなってしまう傾向になります。それを打破するための大きな展開をするのに、周辺のキャラを上手く使っていると思います。

現状ではチコの周辺にはこれといえるような味方がが居ないというのがポイントで、今回のラストのように彷徨う以外になくなってしまいます。これをどうやって打開するのかが、当面の見所になってくると思います。

それにしても、二十面相は因縁が多いです。有名人なんで仕方ない部分もあるんですが、銀髪の姉さんのようになると、常軌を逸しているレベルなので、どういう関係なのかちょっと楽しみです。
雹霞のトラウマ物語。しかし、あれだけの攻撃力を持っている兵器に対してコントロールを不安定にさせるという時点で、完全に失敗作だと思うのですけどね。暴走した挙げ句脱走されたなんて、洒落にもなっていません。

話の方は特にこれと言って特筆すべき内容ではないんですが、とりあえずプチ凶華が登場したのはなかなか興味深い。これからあちこちで活躍すること間違いなしな便利な設定のキャラです。これまでドタバタといいつつも、それほどぶっ飛んだ感じがしてこなかったんですが、プチ凶華の存在はそれを打破するアイテムになるかもしれません。今後にちょっと期待したいですね。
結論としては既にわかりきっていたもので、逆に言うとそれしかないという展開ではありました。そもそも堂上の状態は一時的なものであるという前提が提示されていて、まぁそれなりに引っ張りはしたものの、戻ってくると言うのは既定事実です。それでも、やっぱり堂上の状態が戻った時には、感動してしまうと言うのは、これまでの展開が酬われたことに加え、この話の中でも一波乱を作って、笠原の変化を描いたという部分が大きいでしょう。この辺はそつがないという感じがします。

それでも最後の最後に法律を無批判に信じて生きているような奴は人間として生きていないというなかなか痛快な主張をしてくれました。ルールを守るということを絶対視する連中の醜さも良く表れていたと思います。勿論、視点が図書隊にある物語ですから、これだけをもって何かが決まる訳ではありませんが、少なくとも、逆手に取ればそういう見方は存在するんだという部分はアピール出来たんじゃないかという気がします。

1クールということで、どうしても温めになってしまった感は否めませんが、所々でなかなか見せてくれる展開がありました。キャラとしてはそれなり以上に描けていたと思うし、佳作というところでしょうか。ノイタミナはハズレは無いが大当たりも無いというのが、今回もまた守られたという感じになりました。2クールあれば違う展開に持って行けたんじゃないかなぁという気がするのがちょっと残念ではあります。