FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ジョセフの過去話。ここでやっとネタ出し系の話が来ます。マレクの状況をグレードアップしたかのような環境で過ごすジョセフ。この調子だと人間は滅ぶべきだという主張に対して、愛は地球を救うという話をぶつけることになりそうなんですが、大体この展開に行く時には、主人公側に説得力が不足するというのが大抵で、今回についてどうなるのか興味深いところではあります。

日本人には移民という感覚が判りづらく、そこが話をややこしくしていると同時に単純化もしている。移民が憎まれるというメンタリティが無いものだから、虐める側を悪だと断定しやすい。まぁ実際の処彼等は恐らく悪という描き方をされることになるのだろうから、それはそれでいいのかもしれない。

しかし、なんでいきなりアマンダに対して過去話をし出したのかはよく判らない。まぁそれはこの際大した問題じゃないって事なんでしょうけど。
スポンサーサイト



左慈正式に登場。でいきなり乳モミとはやってくれます。で、伯符達はなぜか海でバイト。で、速攻で海の家を崩壊させます。と思ったら、エロい方の関羽が登場。なぜか成都の面子も同じ海に来ています。で、またなぜか関羽が日焼けコンテストに出場していて、しかも優勝。そうかと思ったら、孔明が宝の地図らしき者を発見。

って、全く本筋とは関係無い展開をしています。普通なら水着回ってことで、サービス回なんでしょうが、一騎当千に関して言うなら普段が普段なので、目新しさ以外では特にサービスにはなっていないというのが凄い。

呂布とその他の面子を引き合わせるという役割は一応果たしたかな。その辺り全然関係ない話を展開させておきつつも少しは本筋の話を絡めるというのが、このシリーズの全般の特徴。その辺に狡猾さを感じますね。このシリーズは全般におバカ度が上がって、見やすくなったような気がします。割り切りし易くなりましたね。