FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
久しぶりに戦闘メインの回。気持ち都合が良すぎるという気がしましたが、一応納得できる範疇に納まっていましたかね。とにかくランカを含めて、まだ秘密の部分が多いので、話が見えてこない部分が多いんですが、それでもこれまで単に気持ちの悪い敵としてしか描かれてこなかったバジュラが何らかの意志を持っているあるいは意志に基づいて行動しているという表現がされてきました。

となれば、当然相手には相手の都合があるということになって、それを一方的に殲滅するというのは危うさを感じざるを得ないことになります。さらには、人間側にも何らかの陰謀あるいは、バジュラ側の意図かも知れない何らかの意志が存在しているという伏線が張られています。その辺りの絡みは面白そうに思えるんですが、もう一息話のメインに結びついてこない感じがするのが残念です、

ただ、次回にネタ出しがあるという予告が入りましたから、これからもう少し話が動き出すかもしれません。
スポンサーサイト



これからしばらくこの宇宙一シリーズが続くんだろうか。一体リトが何の宇宙一になれるのか、ちょっと興味深いですね。で、今回は狩りの話。ララちゃんとT-REXが出てくるとなると、それはもぅトゥームレイダーですね(笑) ちょうど今アニバーサリーやっているところなんで結構受けました。

西蓮寺とコングの話も微妙でおかしい。というか、あの状態をあっさり受け入れる西蓮寺というのもどうなんだろ、いやキャラ変わってないかい? って気がしないでもない。ただ、ラストになって夢でも良かったのにと思う辺りはまだノーマルな感覚が残っているということなんだろうか。

リトは、こちらでもモテモテ。何でアマゾネスが居るのかとか、どうして若い娘ばかりなのかとかそういう無粋な突っ込みは無しにして、あのままで行くと干からびるまで何されてってことなのかもしれません。適齢期の全員を相手になんてことになってしまいそうな勢いでした(笑)

ドタバタ度としては結構良くできていた回だと思います。一応伏線を引っ張った話も展開されていたし、それなりの出来だったんじゃないかなと言う気がします。
続・明編。当然のことながら主役の二人はほぼお休み状態。なんだかんだ言ってもキャラの関係性が薄いとこうなってしまいます。その分正が大活躍。まぁこの二人は良くあっているというのを確認したエピソードということでした。

八尋に関してはずーっと詳細な描写が抑えられていて、まぁ作品の性質上完全な悪というキャラでは無いだろうとは思っていましたが、やはりという感じでした。気持ちは判らないでもないですけど、こいつらのコミュニケーション不全症候群っぷりにはちょっと呆れるという感じはあります。

妄想して暴走というのは多くのキャラで共通の項目で、それが原因で問題が発生している、あるいは大きくなっているというのが毎度のパターンです。まぁある程度そういう演出が入るのは致し方ない部分でもありますが、度が過ぎるとちょっと下品になってしまうので、ほどほどにしておいて欲しいですね。
ぶっちゃけこれだけ何もない話を良く魅せるように作れるもんだと感心します。相変わらず間の取り方が絶妙で、キャラクター描写が綺麗なのでそれだけでも十分楽しめる出来になっているというのが凄い。そこにプラスして、今回のシリーズではちょっと抑え気味にした、けれど明らかにそれと判るような新房的な演出が随所に入っています。

構成としても、前回の合格発表から、いきなり一年を飛ばしつつ、だからこそ、前回のネタを引っ張れるという絶妙なものにしています。話の掴みが難しい作品ですから、そこをこの二つのネタでクリアできたというのは大きいと思います。

絶望先生の時もそうでしたが、こればっかりは文字情報に落とすのがとてもシンドイです。見てもらわないと良さが伝わらない。しかも動画としてみてもらわないと意味がない。そういう動画に仕上げているということが、アニメーションとしてできることをしっかりやっているって証明なんじゃないのかなと言う気がします。
いきなり君は死んだと言われたらどういう反応を示すのか、それはかなり難しい疑問ではあります。そう考えればどう反応しても構わないんですが、状況を説明するとなれば死んだか否かではなくて、本当に直るのかとか、どの位で直るのかとか、後遺症は残らないのかとか、そういう部分に話が行ってもいいんじゃないかという気がしないでもない。

その上で、宇宙人女性の身体に憑依できるなどと言う貴重な経験が出来るのであれば、それはそれで面白いんじゃないかという気がしないでもない。ただし、バーディーは戦闘を避けることが出来ないという状況な訳で、彼女の戦闘力および犯罪者と呼ばれる連中の戦闘力がどうなのかというのが気になるところ。

少なくとも、連続で犯人を逃がしているという状況だし、戦闘にしても圧倒的に強いという感じでもない事は確か。ただし、バーディー側にしてもダメージを受けているという印象は特になくて、身体が丈夫に出来ていると行ってしまえばそれまでですが、それがどの程度なのかという設定も気になります。

話的にはどんどん伏線も張られているようだし、一応展開もしているようなので、ちゃんとした話を作ってくれるんじゃないかなと期待が出来そうです。二心同体という状況がどう出るのかというのが話としてはキモになってくるんじゃないかと想定できる訳で、その辺のネタが出てくるのがいつなのかが気になるところです。