FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
あらまぁあっさりと使い魔に戻ってしまいましたね。ルーンが消えるというのは相当なことだと思うので、もう少し引っ張ってちゃんとした説明があった後に、然るべくして使い魔に戻るという手順を踏むかと思ったんですが、何のことはないという感じです。

既にかなり強力な敵を設定し待ったんで、才人がガンダールブに戻っていないと辛いという状況が大きいんでしょう。どうせなら、たっぷりと話数を使って、シエスタ以外のキャラも使って才人とルイズの関係を発展させるという手段もあったと思うんですが、それはそれで、二人の関係が熟成してしまうと、作品として終了してしまうというジレンマがあるのかもしれません。

なんだかんだ言ってこのグダグダ感がゼロ魔の味ってことなのかもしれないな。まぁデレ系ルイズを見て喜べないと付いていけないのかもしれませんが、それはそれでアリなのかもしれません。
スポンサーサイト
2008夏調査(2008/4-6月期、終了アニメ、18+1作品)

01,あまつき,x
02,図書館戦争,B
03,xxxHOLiC◆継,B
04,紅 -kure-nai-,A
05,純情ロマンチカ,x
06,いくぜ! 源さん,x
07,仮面のメイドガイ,C
08,ヴァンパイア騎士,E
09,MAJOR 4th season,x
10,ギャグマンガ日和3,x
11,クリスタル ブレイズ,D
12,PERSONA -trinity soul-,E
13,ネオ アンジェリーク Abyss,x
14,Mnemosyune -ムネモシュネの娘たち-,S
15,ドルアーガの塔 -the Aegis of URUK-,x
16,D.C.II S.S. -ダ・カーポII セカンドシーズン-,D
17,優しさと感動のこだま(3月終了),x
18,かのこん(全話放送),C
19,かのこん(打ち切り),x

{総評、寸評など}

図書館戦争,B
キャラクターは良く描けていたと思います。設定的にどうしても社会的な展開を期待してしまうものがあって、その設定でラブコメを主軸にされると肩透かしを喰らったような気がしてしまいます。笠原の性格が性格なので、感情的な表現以外を使うのが難しく、手塚や柴崎をフォローに使ったとしても、社会的なモチーフを展開させるのは確かに難しいのかもしれないという気がしないでもない。そういう意味では、物語の軸足はラブコメに置きつつ、スパイスとして社会面を持ってくるというのは、やりやすい手法ではあるなと感じました。ただし、その場合ラブコメが終了してしまうと、話自体が終了してしまうので、社会面の描写が足りなくなるという弱点があります。実は今シリーズもまさにそんな感じではありました。笠原だけじゃなくて、周囲のキャラをもう少し動かして、2クール作れれば面白い作品になったかもしれません。ちなみに今度もノイタミナ枠はハズレが無いかわりに大当たりも無しのジンクスは健在でした。

xxxHOLiC◆継,B
原作通りに作られたほぼ鉄板の作品。2期は切りどころが難しくて、ひまわりちゃんネタは盛り上がりはするんだけど、全体としては起承転結の転に当たる部分。だから結論が宙ぶらりんになってしまっているという感じは否めません。しかも、今後は結論に向かうにつれてツバサコラボの部分が強くなってくるので、次回のシリーズがどうなるのかもちょっと心配だったりはします。2期は四月一日が主軸になっていたので、侑子さんが活躍するシーンが少なかったのはちょっと残念。

紅 -kure-nai-,A
文句無しで今期No.1(除くムネモシュネ)です。ただ1クールだと流石に短かった。2クールで作ればSを付けられた作品になっていたと思います。割り切って、かなりの時間をキャラ描写に割いたのは正解でした。物語としての結論は素直で、予定調和なんですが、結局のところ、7歳という年齢、そして九鳳院の女であり奥ノ院に幽閉されていた世間知らずの紫が変化していき、最終回にあの台詞を言わせる。そのシーンの説得力が全てなんじゃないかという気がします。ただし、恐らくこの作品に関しても、これは序盤戦でしかないんだろうというところで終わってしまっています。本来であれば、これを踏まえて話が展開されるはずです。よって食い足りなさはあります。それは夕乃や銀子が実質的な意味に於いてほとんど生きていないことにも見受けられます。次回があるならもう少しじっくりと腰を据えて話を作ってくれたらと思います。

仮面のメイドガイ,C
ギャグ系としては今回出色の出来。ただし、乳ネタに拘りすぎたのは失敗だったと思います。ひょっとして2期に向けてネタを温存しているだけなんじゃ? と勘ぐりたくなるような内容。おかげでコガラシやフブキが一体何のために居るのか判らなくなってしまっています。ギャグに関してもどうしても同じような内容の繰り返しになりがちでした。その部分が惜しかったですかね。

ヴァンパイア騎士,E
最初からやる気ねーだろって感じのダラダラとした展開。その割にはキャラが描けているかというとそうとも思えない。同じようなことを繰り返し繰り返しで数話で既に飽きが来ていました。優姫のようなタイプの女性に嫌悪感を覚えるというのも大きいんでしょうが、それだけじゃなくて全てのキャラに対して魅力を感じない。その大きな理由は無理無理バレバレなネタを強引に引っ張る展開で、おかげで見ていて気持ち悪い。この内容なら6話もあれば十分だなって気がしました。西田キャラ初のハズレ作品でした。

クリスタル ブレイズ,D
BEBOPを目指すとか大風呂敷を広げた割にはお粗末な出来。キャラ、設定、物語、構成のどれもが全体としてチープ。特に酷いのが物語で、違和感たっぷりな展開がされる割には、結果もショボい。小娘二人の存在をもっと上手く使う予定だったのかもしれないのだけれど、結局使えていない。だからお邪魔虫にしかなっていない。スパイクのいい加減さは味なんだけど、シュウのそれは間抜けにしか見えない。サラに到っては、ほとんど寝ていただけという状態で、本来はこの作品のキーになる女性なんじゃないの?って突っ込みたくなってしまいました。エンジン全開にしたんだけど、車輪は空回りでほとんど進まなかったってのが現実って感じでしょうか。

PERSONA -trinity soul-,E
訳が分からないとはこの作品のことを指すんだという見本。キャラに全く主体性が無く、物語の展開に関与していない。それは演出手法としてはアリだと思うのだけど、それをフォローするような軸のしっかりした物語が構成できていないどころか、物語も抽象的に振っているので、何がなんだかさっぱり理解できない。話としては急に倫理観に目覚めた両親が云々なんだけど、肝心の倫理の部分がなおざり。兄貴が両親をトレースしていって、両親の時とは慎が違う選択をするということなんだろうけど、何故選択を変えたのかという部分が伝わってこない。守本の存在が大きくて、大きいのは判るんだけど、どういう風に大きいのかが判らない。全体的にぼやけてしまっています。だとしたら何を見ればいいのさって感じでしょうか。当然主体性を剥奪してしまっているので、キャラも立ってこないし、全体を通して魅力的にも感じられない。結局二つの歯車の噛み合わせに失敗してしまったというような気がします。

Mnemosyune -ムネモシュネの娘たち-,S
月一で六本、六ヶ月に渡って放送ですからレギュラー編成の番組と比較してしまうと、流石に可哀想だろうとは思いますが、十分にその強さを見せつける出来でした。まずなによりも、その構成の緻密さが素晴らしい。不老不死という難しい材料を上手く料理したもんだと感心してしまいます。手法としては既にある手だと思いますが、シリーズとして綺麗に仕上げたのは見事です。キャラ描写と物語描写のバランスが秀逸なのも特筆するべき点。そのどちらもが不足しない程度の分量を維持しつつ展開していきました。エロスとバイオレンスを解禁にしたことで、インパクトをわざわざ作る必要がなくなったというのも大きかったのかもしれません。勿論ですが、十分な情報量があってこそなせる技だったと思います。結論に対する説得力を十分に付けることが出来たし、その内容が作品全体を通じて表現されていた内容ときちんとリンクされていたというのも評価できます。正味12話分の時間があった訳で、それだけの長さがあっても、ちゃんとした構成をすればこういう話を作ることが出来る。いや、その位の長さが無いとこういう話はそもそも出来ないはずで、通常のテレビシリーズが如何に無駄が多いか、その分情報量が如何に少ないか。それが良く判る出来の作品になっていたと思います。

D.C.II S.S. -ダ・カーポII セカンドシーズン-,D
ロボ子の話よりは良かったと思う。ただし、感想を一言で言えば貧相。弟君を救う手は初音島を封鎖することだろとそのネタに入ってからずっと思い続けていました。まぁこの作品はどうせインチキチックな解決方法を持ってくるんだろうとは思っていましたが、あまりにも想定通りで最終回を見てひっくり返りそうになりました。どうしても主軸のヒロイン以外のキャラ描写がアマアマになってしまうのも、この手の話のデフォルト。エロゲーものとしては平均点なのかもしれない。


かのこん(全話放送),C
とにかく能登と川澄のエロアニメとして、放送規定に挑戦という姿勢は買いたい。けど、結局ネタを出し惜しみしている感触が強く、これも次期シリーズ前提の構成かよというのが残念な点。まぁエロなんで深く考えないで楽しんでいる分にはそこそこで、それなりに設定もされているという気配を感じさせるものもあったし、ボチボチではあったかなとう気がしています。
そしてなし崩し的に戦闘に突入していったとさって感じの話。仕方ないとは言いながらも真面目路線になってしまっています。そうなると、諸々の部分がどうしても粗に見えてきてしまいます。次回以降はもう少し、茶目っ気が出てくるんじゃないかなと期待したりしています。

世界観として微妙なところもあるので、その辺りをもう少し上手く使っていけばそれなりにエピソードは作れるんじゃないかという気がします。ただ、これはスカイガールズでもそうでしたが、どうしても戦闘面でも決着を付ける必要があるので、ある程度のメリハリが必要になるでしょう。さじ加減に関してはそれなりに考えてやらないと、やっぱり収まりが悪くなってしまうかもしれません。

キャラも多いですから、扱いは難しそうな気がするなぁ。御手並拝見って感じですね。
敵も然る者という感じです。通常であればどう考えても近代兵器を駆使する軍隊に勝てる訳がないんですが、目的を先読みし、裏をかいて捨て身になれば、相手をここまで追い詰めることができるという戦略的・戦術的な意味での面白さというのが良く表現できていました。まぁとは言ったものの追い詰めたというところで今回は終わっています。

目的は達成できなかった訳だし、これで大人しく引き下がるという訳にはいかないでしょう。それは双方にとって同じ事。初回の実践としてみればなかなか緊張感があったと思えます。最新鋭の兵器を駆っていれば、安心して虐殺出来るという訳でもない。そういう難しさ、恐ろしさの部分。そして、そうはいっても兵器に蹂躙される人達の無力感も上手く出していました。

ちょっと停滞気味という感じもしていましたが、それでもしっかり描くべきことを書き込んでいるという感触があるのがなかなか素晴らしい。戦闘を経て次の展開へという構成も綺麗だと思います。ここまではよく練られた作品に仕上がっていると思います。
FC2テーマ:FLAG | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
基本はバトルものだと思うし、そういう前振りも十分されて入るんだけど、今の処まだお気楽モードに入ったままです。まだ初期設定の状態だからということなんでしょうけど、それなりの数のキャラが出てくるようなので、あまり悠長にやっていると、それで終わってしまうなんて事になりかねません。まぁそれはそれで面白いかもしれませんけどね。

セキレイ達が次々と出てくる訳ですが、というか出てこなければ話が進まないというのは確かにアルはあるんですが、それでも基本敵同士という設定である以上、それ以外の関係を構築するのは結構困難なように思えます。けれど、お気楽モードであるなら、その辺りも楽にクリアできるかもしれません。と考えれば、この段階でそれなりの関係性を構築するのは重要なのかもしれません。

キャラが多くなってくるに従って、動きが出てきて面白くなってきたかもしれません。ここから後何話かが意外とキモだったりするのかもしれません。期待して見てみましょう。
結局は金持ち優遇の相続税増税でいいのか

相続税の税率を上げれば上げるほど平等な税制が出来上がるというのは当然のことで、実行上の問題を別にすれば、100%に近い値にすればするほど健全な社会が出来上がると僕は考えています。如何なる理由においても不労所得が、それも巨額のものが許容されるなどというのが許されているなどというのは、まともな社会じゃありません。ましてや、それに上限を付けたりするなど正気の沙汰ではないというのが個人的な感想です。

さて、一定額の控除の一定額をどの程度にするのが望ましいのかというのがここでの議論になっています。僕としては8000万でも4000万でも十分多すぎる金額で1000万以下で十分だろうと思っています。これは勿論高額な方を青天井にしてあるということが大前提で、高額相続を見逃しておいて、定額相続に手を付けるなどというのは絶対に許されるものではありません。

ここで問題になっているのは、個人経営の商店や町工場ということになっています。そういう対象に対して厳しすぎるだろうというのが趣旨なんですが、僕としては、それらの対象に対しても相続を許すという形での配慮は不要だろうと考えています。やるのであれば、納税期限の融通というところでしょうか。分割などを認めてもいいかもしれません。何れにしても何らかの形で相続税分はきっちりと取るのが正しいでしょう。そうでなければフェアとは言えません。

ということは、一次産業についても全く同様ということです。彼等を相続税の例外と処理する必要はないでしょう。商店や工場についてもそうですが、親の職業を親の規模で受け継ぎたいのであれば、その度量を証明するべきです。つまり、相続税相当の金額を支払える能力を示すべきでしょう。それが出来ないのであれば廃業して貰った方がいいでしょうね。

繰り返しますが、基本的に相続などと言う不労所得は認めるべきではありません。というか、まず親子という関係を形成している家族制度をぶっ壊してしまえば、相続税の問題ももっと楽になるんですけどね。そう考えると、家族制度って本当に現在社会の悪の根元だと理解できます。一刻も早く解体する手段を考えるべきでしょうね。
FC2テーマ:税金 | カテゴリー:社会
トラックバック:0 | コメント:2 | Page Top↑
官製不況、今度は「地方版」

官製不況と一括りにしていますが、前者と後者では意味合いが異なっていると思います。前者が弱者救済を目的としたものなのに対して、後者は環境保護が名目。少なくとも、後者に関しては名目は成立すると思います。ただし、どうしても根拠が曖昧になるのが環境問題の常。コストとメリットのバランスに関しても問題になります。しかし、もし本当に環境がそこまで切羽詰まっているとなれば、どんなコストを払ってでも実行せざるを得ない内容になります。少なくとも店舗売り上げや雇用や防犯拠点の反論では甘いといわざるを得ない。環境問題はそういう次元で語られてはいけないものだと僕には思える。あくまでも、温暖化の問題が政治屋の言う通りだとするならという前提ですが。まずは、そこをもっときっちりと証明するところが必要でしょう。温暖化はしていないという話もチラチラと見ます。そういう意見に対してちゃんと解答をして、納得の上で実行に移すことが必要だと思います。勿論、コンビニ業界だけにババを押しつけるというのはフェアじゃない。それ以外の業界に対しても、何らかの要望を出すべきでしょうね。まずは役所の空調を止めたら良いんじゃないかと思うんですけどね。

それに対して、前者は弱者救済を目的としたものです。これに関してはほとんどメリットがありませんので、即座に中止するべきでしょう。現在の社会の最も大きな問題は過度な弱者救済を行うことに代表されるような、無責任体質の容認による社会体制の弱体にあると思っています。格差社会などというのもそう。様々な例があるとは思いますが、派遣の仕事をしておいて社員と同じ扱いにならないとか、金もない住むところも無いという状態で仕事を辞めてみたりだとか、聞いているとそんな奴等を救済する必要性がなんであるのかという例が少なくないように感じます。

馬鹿や無能者が過度に救済される社会では、自ら進んで馬鹿や無能者になることを望む奴等が一定数出てきます。それがある程度の数になり、社会的に認知されるようになると急激にその数を増やしていきます。ニートやヒッキーやワーキングプアと呼ばれる連中の結構な割合はそんな連中だろうと認識しています。

それは社会に責任を転嫁しているだけであり、彼等を救うことは益々状況を悪くすることになります。今回の場合出も全く同じで、この手の保護規制は百害あって一利なしです。勿論それが詐欺を初めとした犯罪行為であるならば取り締まりを強化するのは必要ではありますが、そのために様々なものを一括りにして規制することを善しとする風潮は社会が弱体化してきている証と言えるでしょう。例え一時は厳しいことになったとしても、弱者救済の考え方はいい加減に最低限にして、過度な規制は撤廃するべきでしょう。