FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
どうせ中盤は構成できないのだからと前線を三人にした構成をとったものの、やっぱり中盤が構成できないと攻撃も形にならないということになった試合。あり得ないようなチョンボを何度も繰り返したというのも目につく試合で、それが致命的な結果になりかけたというシーンもいくつかありました。結局カウンターで連発されて終了になりました。

3バックにダブルボランチ、さらにサイドの平川がほとんど攻撃に出てこられないという状態では、中盤の構成も攻撃もあったもんじゃないというのは、ずーっと変わらない問題点。そのバランスを変えようと闘莉王を前にだしたりしていたんですが、それはある程度効果があったものの、逆にディフェンスが弱くなってしまって勝ちきれない。

ポンテが戻った数試合は光が見えたんですが、また居なくなってしまったので何とかするしかない。永井を右にするというのが良いと思うんですけどね。とにかくディフェンスの枚数を意図的に減らす以外には無いと思います。本来的には4バックが良いと思うんですが、サイドが前に出られないなら意味無しなんで、意識が変わらないことにはどうにもならない。

梅崎に関してももう一つピリッとしない状態。組織としての攻撃がまるで出来ていない。高原やエジミウソンに変えてエスクデロしか出せないというのがなんとも寂しい。当然のことながらほとんど仕事は出来ずじまい。まぁそもそも攻撃の形があまり出来なかったので仕方ないとも言えないかもしれませんが。

ともかく、守備意識偏重を変えない限り明るい未来は見えないでしょう。後ろは阿部と闘莉王、あるいは坪井に任せて、ボランチも啓太のみサイドも攻撃的に出来ない奴は使わないという位。取られたら取り返せばいいという発想でなければならないでしょう。ポンテが居ないのが大きいのは判りますが、居ないものはなんとしても居ないので、居る人間でなんとかしなければなりません。首位も陥落したことだし、そろそろ意識の変更をなんとかしないと、どうにもならないでしょう。
スポンサーサイト



戦争物という体裁を取っていますけど、ノリとしてはスポ根ものに近いものがあります。設定にかなり無理な部分があるので、細かい部分まで見てしまうとあちこちにほころびが見えてきてしまうように感じます。

色んなタイプの女の子達の喜怒哀楽を楽しむという風に割り切ることが重要なんでしょう。結構な数が居るので、それぞれのエピソードを作るだけでそれなりに話数も稼げるんじゃないでしょうか。その分中身は薄くなりますが、それはもう仕方ないと割り切るしかないでしょうね。
人間についての様々な要素を分解していって、それについて一考察する的な展開になっています。今回は食ってことらしい。確かに周りの食べ物が全て不味く感じられるようになったら食べることが嫌になるかもしれない。その原因が美食によって起こっているってのは凄いですが、それだけ低コストでそこまでの美味を追求できるというのは、まさしく電脳の凄さという感じがします。

人間の感じる様々なものは全て情報であるという概念が徹底されているので、なかなか面白い表現は出来ていると思います。惜しむらくは、表現で終わってしまっているというところでしょうか。もう少し突っ込んで見ても良いんじゃないかという気もしますけどね。
KazuSさん、今日は、スパムをつかまえたので、スパムむすびを作りますね!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪
FC2テーマ: | カテゴリー:アニメ
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
オープニングを見ていて思いましたけど、動きの付け方もキャラっぽさが良く出ていますよね。ひだまりのキャラというのは、個性がありそうななさそうな微妙な感じがしている部分があって、それ故に変な脚色が無くて良いんですが、それだけにカラーを表現するのはどうしても難しくなってしまって、その部分を如何に特徴付けるかというのは、命題になっているように感じます。

エピソード自体にも特別なことというのは起きなくて、単に日常のちょっとした出来事に対してどんな視点で描くかという部分にかかっています。勿論演出上の間とかも重要な要素になっているんですが、ちょっとしたリアクションにらしさが表現できているって結構凄いことだなって思います。オーバーリアクションな訳でもないんですけどね。

毎度毎度魅力を文章化するのに困るんですが、何か惹かれるものがあるというのがシリーズを通して感じられます。まるで、ゆのっちのスケッチのようですね(笑)
今回はあまり寄り道をせずに設定の核心にストレートに向かっているような感じがします。前作である程度キャラが確立したというのが大きいんでしょうが、逆に言うと、今作から見た人はキャラが掴めない内に話が進んでしまって結構困っているって感じなんじゃないかという気がします。

実際魅力の一つは、前作のキャラ達がそれぞれどういう風に変わったのか、あるいは変わっていないのかという部分にあるんですが、その部分が省略されてしまうと、掴み所の無い作品に見えてしまうように思えるんですが、そんなことはないんだろうか。

特に今回の話は、安満沢村のネタが入っていたし、そのネタが判らないと話が見えないような気がします。でもまぁ、もうその辺は割り切るしかないというか、ある程度計算してやっている部分もあるような気がする。まだ序盤で、設定を構成している段階なんで、見えてない部分が多いんですが、できれば話そのものはこのシリーズの中で完結していて欲しいですね。
よく判らないけど、大団円になったらしい。攻撃ネタは派手ではあるけれど、結局凶華にしても口ほどには能力があるということになっていないので、バリエーションを取るのが難しい。一応チームワーク的な要素で勝利という流れということにしたかったんだと思うけれど、言うほどそういう感じに見えなかったというのが致命的かもしれない。

ドタバタ度としてはそこそこではあるんですけど、どうも纏まりがないように感じられてしまうのを何とかしたいところです。徐々に話は展開しているようにも見えるし、そうでないようにも見えるというどっちつかずの感じに歯がゆさを覚えます。

キャラを多くし過ぎて収拾が付きづらくなっているというのも結構厳しくなっている要因のように思えます。これからどうなっていくのか判りませんが、テコ入れが必要な気がしますねぇ。