FC2ブログ
Kazu'Sが感じたことを遠慮無しに書き込む為のBlog。気分が悪くなっても知りません(笑) 自己責任で。 基本アニメレビュー。「シムーン」「RED GARDEN」。最近はひたぎ蕩れでミナ蕩れです。

英数字が5割以上のコメント、TBは投稿制限しています。またスパムと判断されるものは問答無用で削除します。
ついにここにも能登出没。もうどこにでも登場してくるなって感じがします。今回は幽霊ちゃん役。話自体は幽霊を怖がる西蓮寺他女性キャラ達が可愛かったという他は特に見るべきところも無くて、宇宙人ネタだろうというのはお約束だし、能登も言うほどインパクトが無かったので、ララの反応がちょっと寒い位でした。

キャラ達のポジションと設定的にどうしてもテンションが上がりにくい内容になってしまいがちで、そこを突き抜ける話が必要になるんですが、あの手この手を使ってはみたものの、成功していないという感覚があります。何処かでみたようなネタやシチュエーションが多いというのも、ちょっと引きます。上手く消化できていないからなおさら。

キャラの数が多いので、個別にみるとどうしてもそれぞれが沈みがちというのも大きい。春菜にしても、闇にしてもどうしてもキャラとして立つというところまで行き着いていない。風紀委員にしても天条院にしても同様。前回無理矢理話を作ったルンもイマイチ。となると、結局どこをみれば良いやらという事になってしまいます。

ちょっと拡散させすぎたのが失敗という気がします。
スポンサーサイト



記念日ネタ。あまり意味はないけどノリは良かった。テンポに関しては毎回結構早いんですけど、今回は展開も良かったのでテンポの良さが引き立ちました。実はアバンでも結構笑わせてもらって、最近微妙に破滅度が低いなと思っていただけに、今回は全体で良い感じになっていたと思います。

正直凶華については、徐々に普通に成り下がってしまっているという感じが否めなくて、そうなると彼女の存在意義って一体何なんだろうというのが疑問になってしまいます。神を名乗っている割には思ったほどの力は無いし、悪知恵は働くものの、それ以外は傍若無人なだけで、特別なものが感じられません。

果たして凶華の存在というのをどのように意味付けしていくのか、それがこれからの重要過大なんじゃないかなと言う気がしています。
「ダビング10」騒動で、日本のコンテンツ市場を憂う

素晴らしい。ほぼ完璧に纏まっていると思います。著作権を主張する自称権利者とやらが求めているものは、一見すると正当なもののように思えるけれど、その実は自分達の我が儘を無理矢理押し通して、イイトコドリしようとしているだけだというのが良く判ります。

結局欲の皮を突っ張って、複雑な仕組みを作ることになれば自分の首を絞めるだけだと言うことを彼等はまるで理解していない。リアルタイム視聴以外は有料だなどということがまかり通るようになれば、結局は見ないという選択になるだけでしかない。それを恐れるから無視できる程度の僅かな金額を補償金と称して広く浅く徴収しようとしている。それは指摘されているように正しく配布することが出来ない仕組みと判っていてもそれを主張するという時点で、著作者を守るのではなくて、それを食い物にしている集団を守る為に彼等はなんだかんだといちゃもんを付けているに過ぎないと判る。

流通業者がそれを言うのはまだ可愛らしいが、著作者の癖にその笛に踊らされているということにすら気付かない愚かな連中が一番哀れだ。言えば言う程、自らと自らの著作を貶めることになるだけだろう。実際、この手の議論に名前が挙がった人間の著作物に金を払う気はさらさら無くなりましたしね。

基本的に保守に走ったた未来は無いというのは、人間でも団体でも業界でも概ね真理だと言えるでしょう。
FC2テーマ:TV | カテゴリー:所感
トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
禁煙条例:知事、パチンコ店や旅館など視察 /神奈川

神奈川に住むのは勿論、観光などでも一切訪れるのは止めることにしよう。別に神奈川なんて存在しないと見なしても何もこまることは無いしね。つか、神奈川の条例って暴走気味の無謀なものが多すぎるので、近寄りたくもありませんが。

通過にだけ使って、ゴミと排気ガスだけを垂れ流すのが一番の使い道でしょう。
[絶対に行きたくない県 = 神奈川県]の続きを読む
新人教師がブログに「死ね死ね死ね…」記事を印刷する

これが29歳の、しかも教師の行動だというのだから驚く。やっていることは幼稚園児以下だ。この容疑者の主張が本当であったとしても、結果としてこの行動だとしたら、当然のことながら実はお前に問題があったんじゃねーのと思われることは避けられないだろうし、かなり高い確率で実際そうなのだろう。

教師の採用基準とは一体どういうものなのだろうか。数年間に渡ってこんな低能な人間が教師という立場で子供達を指導してきた訳だ。そのことについて、教育に携わる者、教師の選定に関わる者は真摯に受け止め改善を図るべきだろう。少なくとも、こんな程度の人間としてですら最低限を満たせていないような無能者が間違っても教師の資格を獲得できたり、そのまま何年にも渡って教職についたりすることは絶対に無いような根本的な対策を講じるべきでしょう。

そうでもしない限り、教師という存在自体を信頼できませんよ。モンスターペアレントも糞もあったもんじゃないと思いますね。
サクラちゃん効いてる。基本的には光と同系統ではあるものの、あそこまで天然ではないというポジション。ただし、非常に強引。この作品にはまともな女性キャラの出現は望むべくも無いのかもしれない。

純の秘密とか言って散々引っ張った割にはちょっとオチとして弱い気がしました。実際サクラは動じなかったし、それどころか明までOKな感じでした。まぁ何でもそうですけど、好みの相手に対しては痘痕も靨って話もありますしね。

これで、背景キャラと化していた純のポジションが変わるかと思ったらそういう訳でも無さそう。やっぱり基本的には光と滝島の路線ありきで、残りに関しては余録に過ぎないってことなんでしょうね。だったら、これだけキャラを揃えなければ良いのにと思ってしまうんですが、まぁ光の話だけで構成するにはちょっと話数が辛いってことなのかもしれません。その辺まだイタKissの方が潔いなって感じはします。

これからどうなる事やら全く不明ですが、このまま滝島と上手くいってしまいましたでは流石に芸がないので、一捻り位はしてくれるということを期待しましょう。
しっかし話が進まないですねぇ。リナが暴れ回れればスレイヤーズ的にはアリなのかもしれないし、話が無いのがスレイヤーズのデフォルトだと言われればその通りかもしれないんですけど、わざわざ今の時期に復活させたのであれば、昔と同じような事をやっていても意味がないと思うんですけどね。

ネタ自体は進められるようなものもある程度はあるように思えるんですが、それを展開出来ないというのは、先が薄っぺらいという証なんでしょう。まぁ昔のキャラを見て懐かしむ程度に収めておけば、それなりって事なのかもしれません。

過度な期待をするのは最初から無理ってものか…
古今東西あらゆる宗教に正義無し。それは絶対的な真理だ。実際、二つの勢力のやっていることは大差はない。むしろザーギンの手法の方に共感を覚える位だ。この場合キャラ個々にフォーカスするのはナンセンスだ。戦争を個人のレベルで見るのと同じで、全体として把握しないと、肝心な点を見逃してしまう。

恐らくは両方の組織を壊滅するというエンドだろうというのは見えてきた。ただし、宗教が悪の権化であったとしても、それを撲滅した先に希望があるとは限らない。本来はそここそが重要な点で、この不気味な宗教団体がどこまで生き残るのかによって、作品全体の深さが見えてくる。

宗教なんかで世界は絶対に救えない。それは既に判った。問題はそこから先にあります。そこにまで表現を突っ込めるかが勝負所なんじゃないでしょうか。